FC2ブログ
2012-02-07(Tue)

基本

2月6日は個人練習をしてきました。

何故なら1人だったからです。

大勢での練習ももちろん大切ですが、1人だと気兼ねなく自分のペースで練習出来るからいいですね。

僕は1人で練習する際は基本に時間をかける事にしています。

しかも出来るだけ地味でキツいメニュー。

武装の練習では『ゴーオンジャー』のエンディングに合わせたステップや筋トレのメニューがありまして、これがキツいもんでみんなに嫌われてるんですが…

教室ではせいぜい2曲しか使ってませんが、実際は8曲分のパターンがあります。

上半身4曲、下半身4曲。

1人の時はそれをフルにやるんです。

で、剣殺陣メニューは、摺り足、素振り、型など。

ボディアクションは突きや手刀、裏拳などの手技に足技数種類。

最近は跳躍してみたりもします。
2012跳躍1

ついでにもう1回。
2012跳躍2

1人練習の画像って地味だから、少しはハデに見えるようにと思いまして…アハハハ…

えー、私いつも、

基本が大事、基本が大事と念仏のように唱えておりますが、

かつて大先輩から

「オマエは基本が分かってない!」

と怒られた事を思い出しました。

あれは私が20代半ばだったでしょうか。

道場で1人、『殴り』と呼ばれる技を練習していた時の事。

そこへやって来た大先輩から件の一言を言われたワケです。

「オマエは基本が分かってない!」

と。

私はこの技を練習する際、以下のように

▼①振りかぶった状態から
殴り2
▼②ストレートを打って
殴り3
▼③振り抜いて
殴り4
▼④振りかぶった状態に戻す
殴り2

という風にしていたのですが、大先輩いわく、

▼①ファイティングポーズから
殴り1
▼②振りかぶって
殴り2
▼③ストレート
殴り3
▼④振り抜いて
殴り4
▼⑤ファイティングポーズに戻す
殴り1

というのが基本なんだとおっしゃるワケです。

けっこうボロクソに言われた私は正直思いました。

「ど~でもええわ!」

いや、ホントはどうでも良くないのかもしれないですよ。

でもこの時は説明も一切なく、

「一旦構え直すのが基本なんだ!」

としか言われなかったんで、基本としての意味を見出す事が出来なかったんです。

だってそんなに変わらないじゃん。


もしも僕のこの技を見て、客席の子供達が

「あいつのパンチ、だっせ~」

と言うのならアンタの言う通りにしてやるよ!


…なんて思ってました。


若さですね♪

この時の大先輩の発言にバックボーンがあったのかなかったのかは分かりませんが、『基本技』という以上、基本としての説得力って必要だと思うんですよ。

「こうした方が技を出し易いだろ」でも、

「この方がカッコ良く見えるだろ」でも、

「この動きはこんな応用が出来るんだぜ」でも、何でもいいんです。

教えてもらった方が、

「なるほど!この技は大切だ!」

と思えないと基本は成り立たないと思うんです。

だから私はこの大先輩の指導を完全にスルーしました。

こーゆー体験が私の理屈っぽい指導を生んだのかもしれませんね。

まぁ何にせよおとなげないですね。

先輩、スルーしてごめんなさい。

ちなみに練習ではファイティングポーズ有りで教えてます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

やっぱその曲

僕のアクトレも、持久系はゴーオンジャーのエンディングを使います。テンポとリズムがノリやすいんですよね。
武装さんの教室を参考にしたものですから…

27日の久留米に見学研修な~んて、休みが取れたらな~んて、考えてるだけな~んて、思ってます。

>よっちぃ~さん

ゴーオンジャーは使い易いですね!

でも生徒さんからは『もうこの曲やめて下さ~い!』って言われてます(笑)

27日は生徒さんもいないと思うので来られるようでしたら見学と言わず一緒に練習しましょう♪
プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード