fc2ブログ
2011-12-26(Mon)

小説・さやか見参!(124)

イバラキが断と封に向かって進むのと同時に、青装束の下忍達が姿を消した。

もちろん気を失っているさやかも一緒に、である。

この場は頭領に任せ、山吹の巻き物を奪い取る算段なのだろう。

下忍が消えたのを見て、断が舌打ちする。

『断、いいじゃないの。山吹はオマケでしょ。私達の目的は荊木の奥義よ』

『はいはい。分かってるよ』

『あんたはあっちもこっちも狙い過ぎなのよ』

『うっせぇな』

まるで痴話喧嘩のようなやり取りにイバラキも笑みを浮かべた。

『集中力が欠けては忍びは務まらんぞ』

そう言われて断は不満気な表情を封に向ける。

『ほら見ろ。おふうが余計な事を言うせいで敵にまで笑われちまった』

その言葉は終わった瞬間、断の姿が消えていた。

いや、いつの間にかイバラキの背後に回り込んでいた。

よく見ると断の手には大きな針のような物が握られており、それはイバラキの左の肩甲骨の下辺りに深々と突き刺さっている。

どさり。

積もった枯れ葉の中に何かが落ちた。

それは、

刎ね飛ばされたイバラキの首であった。

前方では封が刀を払った姿勢で止まっていた。

瞬間の連携技である。

長年組んできた二人だからこその阿吽の呼吸と言えよう。

しかし本人達には連携の意識はないようである。

『はっ、俺の一撃で終わっちまった』

そう言いながら断が針を抜く。

首を失った身体が断の足元に崩れ落ちた。

『たわいもないぜ』

『ちょっと』

封が刀に付いた血を拭った。

『あんたが刺す前に首は飛んでたでしょ』

封は刀を背に回し、革製の鞘に納めた。

『殺ったのは私よ』

『馬鹿言え。俺の針で動きが止まってから斬っただろ。手柄を横取りすんじゃねぇよ』

相変わらず痴話喧嘩のような二人のやり取りに、明るい声が割り込んだ。

『面白いなぁ』

断と封が振り向くと、白い小山に邪衆院が腰掛けていた。

笑顔である。

『お、おまえ』

断の声がうわずった。

邪衆院の台座となっているのは一角衆配下の屍の山だったからだ。

『面白い』

再び邪衆院が声を上げた。

『面白いなぁ、一角衆は』

屍の山からひらりと降りる。

あれほどの数の白装束が、わずかな間に命を奪われ積み上げられている。

イバラキを仕留めている最中だったとはいえ、自分達はその気配も感じなかったのだ。

そして死体の山を築き上げた張本人は、疲れも見せず、返り血も浴びず、ただにこにこと笑っている。

断と封が二、三歩下がった。

『手柄争いなんかしてるけど』

邪衆院が歩いてくる。

二人が下がる。

『仲間の首が手柄になるんだねぇ、一角衆って』

『えっ?』

邪衆院の言葉に二人は足を止めてぎょっとした。

視界の隅にあるイバラキの亡骸が、

先ほどまで確かに黒い装束をまとっていたハズの首のない死体が、

いつの間にか、“血に染まった白い装束”をまとっていたからだ。

あれは紛れも無く一角衆の装束である。

という事は…

断はイバラキの首を探そうとして硬直した。

身体が動かない。

視界の端で封も固まっている。

まさか

背後から声がする。

『背面の経絡三点を刺してある。動く事は出来ぬぞ』

それは笑いを噛み殺した幻龍イバラキの声であった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード