fc2ブログ
2011-12-08(Thu)

小説・さやか見参!(120)

イバラキはさやかに近付いた。

戦いを遠巻きに見ていた下忍達も、恐る恐るついて来る。

さやかは完全に気を失っているらしく、うつぶせに倒れたまま動かない。

動いているのは、荒い呼吸に合わせて上下している背中ぐらいだ。

イバラキは、さやかの腰に下がった赤い袋を見た。

そして、

『ふん、やはりか』

と呟いた。

この袋にはイバラキが狙う巻き物が入っている。

もちろん厳重に閉じられてしっかりと封がしてあるのだが、イバラキが目を止めたのはそこではない。

その袋を編んでいる素材だ。

一見すると通常の生地と見分けがつかないが、それは山吹流が使う特殊な繊維で編まれているのだ。

かつて、

イバラキがまだ十二組に属していた頃に教えてもらった事がある。

何から作られるのか分からないが、その繊維はまるで金属のように強い。

斬る事も焼く事も適わない。

つまり、この袋から巻き物を取り出す為には封を解くしかないのだ。

そしてその封に使ってあるこよりもまた同じ繊維で編まれている。

こよりの結び方も特殊で、山吹流だけでも120種類ほどあると言い、正しい解き方は山吹の上忍しか知らぬとの事だ。

もし無理矢理開こうとしたらどうなるか。

繊維に共に織り込まれた発熱素材が炎を上げ、奥義の巻き物を焼いてしまうのだ。

さやか本人か、山吹の上忍に封を解かせるしかない。

『とりあえず、こやつを連れて帰るしかあるまい』


独り言のようなイバラキの言葉に下忍が一斉に動き出し、さやかを捕らえた。

さやかはまだぐったりとしている。

その様子を見てイバラキは、満足したようにうなずいた。

そして、

『さて…』

と振り返り、一点を見つめた。

『今度はおぬし達か』

言葉の先には人の姿はない。

葉の落ちた枝々が時折揺れるだけの静かな風景である。

『戦いが終わるのを殊勝に待っておったのか。ご苦労な事だな』

すると、

『お気遣い感謝するわ』

無人の空間から、それに応じる声がした。

『まぁ見てて退屈はしなかったぜ』

さやかを捕らえたままの下忍達がたじろぐ。

目の前の景色が一瞬ゆらぎ、そこから男女が現われたからだ。

それは一角衆の刺客、断と封だった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード