FC2ブログ
2012-02-06(Mon)

小説・さやか見参!(136)

さやかと音駒は黙って歩いた。

何を話したらいいのか分からないまま、少しずつ巨大な林に近付く。

まるで樹々が群れをなして迫ってきているようだ、とさやかは思った。

実際に近付いているのは自分達なのに。

―と、

『あれ?』

さやかは林の入り口辺りに何か異質なものを見つけた。

『どうしました?』

『音駒さん、あれ…』

指を差すが、まだ音駒には見えない距離だ。

『なんです?』

『あの樹の下』

説明しても音駒には見えないし、自分が走って行く事も出来ない。

もどかしい思いで足を引きずり歩く。

『あ、あれは…』

今度声をあげたのは音駒だった。

林に入ってすぐの地面に、反りのない抜き身が突き立てられていたのだ。

鍔に山吹紋が入ったそれはまさしく、山吹流の、山吹さやかの刀だった。

おまけに、林の向こうに隠してきたはずの変装道具一式まで置かれている。

行李を下ろした音駒が尋ねる。

『これ、さやかさんの…?』

さやかは頷いた。

『誰がこれを…』

さやかが訝しがる。

『きっと親切な人が通りかかって…』

言いかけた音駒だが、ちらと見られて

『…そんなわけ、ないですよねぇ…』

と自己否定した。

『ま、誰のしわざか分からないけど受け取っておくわ』

さやかは地面から刀を抜き取ると丁寧に泥を拭いてから納刀した。

『私が考え付く可能性は二つ。
味方が助けてくれたか敵に塩を送られたか。

でも味方ならどうして正体を明かさないのか分からないし、敵ならどうして助けてくれるのか分からない。

おまけに、こっちは何にも分からないけど、向こうは私の行動を全て把握してるって事よね。

だったら今更焦っても仕方ないわ』

さやかは拗ねた顔をした。

そしてどこともない空に向かって、

『どこの誰だか知らないけどありがたくいただくわよ!お礼は言わないけどね!!』

と怒鳴った。

少しは元気になったようだ。

『ねぇ、音駒さん』

さやかが明るく声をかけた。

『なんですか?』

『音駒さんはどうしてお医者さんになろうと思ったんですか?きっと何かきっかけがあったんですよね?』
音駒が意表を突かれた顔をした。

先ほど『生きる事の大切さ』を説いた時の音駒の瞳に、さやかは何かを感じ取っていたのだ。

きっと、命というものを痛感する出来事があったに違いない。

だが音駒が答えようとする前にさやかがそれを制した。

『今は答えないで。その答えは、次に会った時に聞かせて下さい』

『次?』

『音駒さんはこれからもしばらくは林の向こうまで通うんでしょ?』

『そうですね。その予定です。治療にはまだ時間がかかりますから』

『私、用事を済ませたら帰りにここを通ります。そして必ず音駒さんに会います。助けてもらったお礼もしたいし』

音駒は驚いた顔のまま固まっていた。

医者と忍者。

本来なら触れ合うはずのなかった2人である。

『ねぇいいでしょ?駄目ですか?』

さやかはまっすぐに音駒を見た。

音駒はしばらくぽかんとしていたが、柔らかい笑みを見せて

『分かりました。再会を楽しみにしてます』

と応えた。

『良かったぁ!それじゃ、一旦お別れですね』

『はい。道中お気をつけて。…あ、でも、その格好は目立ちますよね。女性の一人旅も危ないし…』

さやかは桜色の忍び装束なのだ。

『大丈夫です。これでばっちり変装して行きますから』

得意気に風呂敷包みを見せる。

『変装といっても異性に化ける事は出来ないでしょう。すぐにバレてしまう』

『そう思います?』

さやかはいたずらっぽく笑った。

『音駒さん、少しだけ後ろ向いててもらえますか?』

『えっ?どうして』

『いいから』

音駒は言われるまま後ろを向いた。

『一体なんですか?』

『もういいですよ』

何が何だか分からないまま振り返る。

そして、

音駒は驚いて腰を抜かした。

情けなく『わぁっ!』と悲鳴をあげて。

目を離したのは一瞬だというのに、振り返った先にはいつの間にか、野良仕事で汚れきった百姓の青年が立っていたのだ。

へたりこんで口をぱくぱくさせる音駒に青年は

『へぇ、一昨日は全く気付かれなかったもんで、この先も大丈夫かと』

と意地悪な笑顔を見せた。

『えっ?えっ!?さ、さやかさん!?』

信じられないのも無理はない。

見た目もさる事ながら、その声も声変わりした男性のものだったからだ。

『おら達は見た目も声も、いくらでも変えられるだで。驚くほどのもんでもねぇ』

『えっ、えっ?でもっ』

頭で分かっても受け入れるのは時間がかかるのだろう。

『また見ちまった。おめぇさんの腰抜かした姿』

百姓は左手を差し出した。

音駒はその手を掴み、照れ笑いを浮かべて立ち上がる。

『いや、ほんとに驚きました。忍者ってすごいんですね』

感嘆の言葉に百姓は笑顔で返した。

そして、山吹さやかの声で

『本当にありがとうございました。音駒さんも道中お気をつけて』

と言って頭を下げた。

一瞬だけ、2人を包む時が止まったような気がした。

それはさやかの願望だったのかもしれない。

『それじゃ、また』

行李を背負った音駒はさやかに背を向けて歩きだす。

音駒は音駒の道を歩いていく。

さやかも進むべき道がある。

しかし、その二つの道はいずれまた交わるのだと、

さやかはそう信じ、音駒の後ろ姿が見えなくなるまで立ち尽くした。
2012-02-06(Mon)

アクションへの道(322)

あらすじ

武装代表が参加していた子供向け情報バラエティー番組は、特別編として変身ヒーロードラマを放送する事になった。

武装代表はその中でアクション関係を担当させていただく事になったのだ!

ボインガー・集合


― 撮影初日 ―

この日はヒーロー達の変身シーンの撮影があり、僕は変身後の決めポーズの指導で参加しました。

変身するのはレッド・グリーン・ピンク・イエローの4人。

事前にカントクさんと打ち合わせした所、

●レッド→オーソドックスな戦闘スタイル(空手ベース?)

●グリーン→カンフーっぽい

●ピンク→ふにゃっとした女の子

●イエロー→パワータイプ

というイメージだと聞いていたので、それをベースにポーズを考えました。

▼グリーンとピンク
ボインガー2

レッドは変身前のタレントさんがミュージシャンという事も踏まえ、空手の突き+ギターを弾く動作を組み合わせたポーズにしました。

グリーンは番組内で80年代風アイドルみたいなキャラだったので、南派北派のカンフー+明星っぽいポーズ。

ピンクは特にモチーフ無しの、優雅で柔らかく可愛らしいポーズに。

イエローはタレントさんのトレードマークとも言える(?)ふくらはぎの筋肉を強調したパワフルポーズを振り付けました。


ちなみにブルーのポーズですが、こちらもトレードマークの髪型を強調しつつ、クールキャラを演出。

相棒の『武器』とセット

(分かりにくいかもしれませんが、6人目の戦士が『武器』なのです)

▼レッド、ブルー、左端が『武器』
ボインガー1

なので、スターウォーズの『C3-PO』と『R2D2』をイメージしたポーズにしました。
2012-02-05(Sun)

あなたの願い、叶えます!!

ススキダさんと初めてお会いしたのは今年最初の殺陣練習日でした。

シライシさんのご紹介で参加して下さったのですが、以前から

『くのいちに憧れてる知り合いがいる』

と聞かされてはいたんですね。

くのいちに憧れてるだけあって、ススキダさんはアクティブでパワフル!

慣れない練習でも物怖じせず楽しんで熱心に取り組む姿に感心したものです。

練習の後、ススキダさんは

『叶えたい夢がある』

と話してくれました。

技術的にも難しそうな夢でした。

そしてなにより、チャレンジする環境を作る事すら難しそうな夢でした。

個人の力では。

その時、僕の脳裏にひらめくものがありました。

個人の力で無理ならば、メディアに力を貸してもらえばいい。

福岡には

『あなたの願い、叶えます!』

がキャッチフレーズの番組があるじゃないか。

僕はさっそく、以前からお世話になっているディレクターさんに連絡を取りました。

『ウチの生徒さんの願いを叶えてあげてくれませんか!?』


ディレクターさんのご尽力で、ススキダさんは夢にチャレンジする事が出来ました。



彼女の夢は何なのか?

彼女の願いは叶うのか?

結末はオンエアでチェックしてみて下さい!

3月1日(木)

FBS福岡放送

『ナンデモ特命係 発見らくちゃく!』

深夜0時38分からです♪

お楽しみに!!
2012-02-04(Sat)

小説・さやか見参!(135)

夜が明けた。

傷の手当てを済ませてから、さやかと音駒は小屋を出た。

一晩で傷が癒えるわけもなく、歩く度に肩や足が痛む。

そんなさやかを一人にするのは望む所ではなかったが、音駒には音駒のやるべき事があった。

そしてさやかには行かねばならぬ道があった。

本来なら2人の道は一瞬でも交わるものではなかったのだ。

『大丈夫ですか?』

尋ねられたさやかは血に染まりボロボロになった桜色の装束を身に付けている。

鉢金、頭巾、手甲、脚半を外してはいるが、奇異な姿である事に違いはない。

百姓に変装する為の一式は林の向こう側に置いてきてしまったのだ。

(もう見られてもいいや)

さやかは開き直っていた。

昨日のような死闘の後では、自分の正体がバレるぐらい些事に思えた。

なにより、音駒にはすでに正体を見られているのだ。

無言で歩くさやかに、音駒はもう一度

『さやかさん、本当に大丈夫ですか?』

と尋ねた。

さやかはしばし無言を貫いた。

そして突然、

『音駒さん、私ね、忍者なんです』

と告白した。

告白してからさやかは自分に呆れた。

『わたし忍者です』

どこにこんな間の抜けた自己紹介があるだろうか。

忍ぶが華の忍びの世界で

『わたし忍者なんです』

などと挨拶した戯けは他にあるまい。

なんだか自分にがっかりしてしまった。

しかし音駒は普段通りに

『そんなの、いくら私が鈍くたって分かりますよ』

と微笑んだ。

『私は昨日の戦いを見てるんですから。もしさやかさんが商人や百姓を名乗ったらそちらの方が驚きますよ』

確かに、さやかの告白は今更である。

『忍者の事は噂や伝聞でしか知りませんから確信があったわけじゃないですけどね』

さやかは気恥ずかしくなってうつむいた。

すると音駒は

『お兄さんも忍者だったんですか?』

と訊いてきた。

突然の質問だったのでさやかは言葉に詰まった。

『余計な事を訊いてすみません。さやかさんを見ても、忍者って過酷な世界を生きてるんだって分かるから、もしかしたらお兄さんもその中で、と思って…』

そう。兄は死んだ。

いや、殺された。

幻龍イバラキの手によって。

さやかの表情が暗く険しくなる。

それを見た音駒は慌てて、

『すみません、本当に余計な事を訊いてしまいました。ごめんなさい、忘れて下さい』

と頭を下げた。

気まずい空気が漂う。

何か別の話題を振った方がいいのか、それとも何も言わぬのが賢明か、音駒が迷っていると、先にさやかが口を開いた。

『おにいちゃんは…、兄は本当に素晴らしかったんです。人としても、忍者としても。みんなから尊敬されて愛されてました。私も兄を目指してたし、ずっと一緒にいるんだと思ってました。…それなのに…』

音駒は黙って聞いた。

『兄は殺されたんです。仲間に裏切られて。兄を妬んで。おにいちゃんの気持ちも知らないで』

口調が激しくなる。

『だから私、絶対にかたきを討つんです』

足を引きずるボロボロのさやかの瞳に憎悪の炎が燃えた。

その横顔を眺めた音駒は

『そっかぁ』

と、出来るだけ軽く相槌を打ち、

『ねぇさやかさん、お兄さんのかたきを討ったら、それからさやかさんはどうするのかなぁ』

と訊いた。

音駒の言葉はいつもさやかの虚を突いて来る。

『えっ?』

『お兄さんの命を奪ったそのかたきを倒したとして、それからさやかさんはどうするのかなぁと思って』

『どう、って』

『自分も死ぬ気ですか?』

さやかははっとして音駒を見る。

立ち止まった音駒は、怒ったような哀しいような、そんな表情だった。

『音駒さん…』

『死ぬ為のかたき討ちなら、そんなものは意味がない』

『ちょ…ちょっと待ってよ!意味があるかないかは私にしか分からない事だわ!それに私、別に死ぬ気だなんて言ってないわよ!』

『お兄さんの所に行きたい、連れて行ってほしいって、何度もうわごとで言ってましたから』

『そんなの…ただのうわごとでしょ…』

『そうですね。さやかさんにその気がないならいいんです。安心しました。…あ、林が見えてきましたよ』

さやかは音駒の顔を見ている。

『世の中には、死にたくなくても、みんなに生きる事を望まれていても、それでも命を落としてしまう人達がたくさんいます。だから、生きる事を許された者は精一杯生きなくちゃいけないと、ツラくても生きていくべきだと、僕はそう思います』

音駒は遠くを見ている。

どれほど遠くを見ているのかは分からないが、それは物理的な距離ではないようにさやかは思った。
2012-02-03(Fri)

2月2日の練習

いやぁ~、今週はどうなるかと思いましたね!

『雪で行けません!』

って人が多いんじゃないかな~、なんて心配もしてましたが…

杞憂に終わりました♪

参加者が多くて気を良くした代表が、

「よし、今日はボディアクションの練習をやるぞ!」

なんて話してるところ▼
20120202おはなし

木曜日は剣殺陣とヒーローアクションの練習日ですからね。

たまにはボディアクションもやっておかないと。

…という事で、

さっそくみんなで…▼
20120202みんなで殴りA

パンチ!▼
20120202なぐり

パンチ!!▼
20120202全員で殴り

シオタリさんとホリタさんも…▼
20120202シオタリさんホリタさんA

パンチッ!!!▼
20120202シオタリさんホリタさんB

シオタリさん(右)は2度目の参加、

ホリタさん(左)は初めての参加です。

体育会系のホリタさんは我々の(僕の)ユルさ加減に驚いてたみたいです(笑)

パンチの後はリアクション。

ヤマサキさんがお腹を殴られるリアクションの練習をしています▼
20120202ヤマサキさんリアクション

移動、パンチ、リアクションを組み合わせて簡単なアクションをやってみました。

簡単とは言っても、慣れない内は要点があり過ぎて大変なんですけどね。

前半はここで終了。

休憩を挟んで剣殺陣メニューにチェンジしました。

まずは摺り足ですが、今回は簡単に。

時間の都合で全てのメニューをみっちりやれないのが難しい所です。

みんなで木刀振ってるところ▼
20120202全員で木刀

それからベテラン組とビギナー組に分かれてみました。

ベテラン組は1対2の立ち回り。

ビギナー組は天合わせの練習です。

ヤマサキさんの進歩が著しいので、近々簡単な立ち回りをやらせてみたいなぁと思ったり。

最後は立ち回り組の発表です▼
20120202まなみちゃん殺陣

シライシさん、織田先生、まなみちゃん、最後に代表と、シンを交代しながらやってみました。

ビギナー組は発表を見てどう思ったかなぁ。

『自分もあんな風に動いてみたい!』と思ってくれてたら嬉しいんですが。

以上で練習終了。

今回も皆さんのおかげで楽しい時間を過ごす事が出来ました。

ありがとうございました!▼
20120202集合

また来て下さいね♪
2012-02-02(Thu)

小説・さやか見参!(134)

ようやく辿り着いた小屋は思ったよりもしっかりした作りだった。

『意外に隙間風も少ないでしょう』

燭台に蝋燭を立て火を灯した音駒がちょっと得意気に言う。

元々何の為に作られたのか、明かり取りの窓もなく、床は土が剥き出し。

だが木材の組み方は丁寧で、音駒の言う通り風はほとんど吹き込まない。

『半年ぐらい見てますけど誰も使ってないみたいなんで、雨を凌ぐのに時々』

そう言いながら背中の行李も下ろさず、立て掛けてある筵を敷く。

『ちょっと待ってて下さいね』

音駒はさやかを残し外に出ると、すぐにたくさんの藁を抱えて戻ってきた。

『藁だけは大量にあるんですよ。納屋を確認しておいて良かった』

筵の上にどさりと落とす。

『少しは寒さをしのげるといいですけど』

そう言って運んで来たもうひと抱えを地面に置き、丁寧に広げる。

『休む前に痛み止めを飲んでおきましょう。身体を温める薬草も煎じてますんでそれも』

身体を支えられながらさやかは藁の上に腰を下ろした。

厚めに敷かれた藁は思ったより柔らかく、土の冷たさを緩和している。

薬を飲み、音駒の手を借りて背中の鞘を外し、さやかは仰向けに身体を伸ばした。

音駒は横になったさやかの身体にもう1枚の筵をかけて、更に運んできた藁を乗せていく。

最後のひと抱えを運んできた音駒にさやかは

『刀が…』

と呟いた。

さやかの視線の先には先ほど外した鞘が置いてあり、その鯉口は中の空洞を覗かせている。

イバラキとの戦いで刀を落としたまま現在に至るのだ。

『今はどこに?』

『あの林の中…』

奪われていなければ、の話だ。

『うーん、しばらくは近付かない方がいいと思うんですけど…まだ連中がいるかもしれないし、さやかさんの怪我も酷いし…』

『でも大切なものだから。明日、探しに行きます。大丈夫だから音駒さんは気にせず治療に行って下さい』

『それは駄目ですよ!』

音駒が語気を荒げたのでさやかは少し驚いた。

『怪我人を一人危険な場所に行かせるなんて出来ません!だったら私も一緒に行きます!』

『でも音駒さんは…』

『もし何かあっても、怪我人のさやかさんより私の方が動けますよ。今日だって無事に逃げきったでしょう?』

追手が来なかったのには何か理由があるはずだが、分からないのでさやかはただ、

『音駒さんが怖い目に遭うのが心配です』

と言った。

すると音駒は、いつになく自信たっぷりな表情で、

『私はね、こう見えて、意外に肝が据わってるんですよ』

と笑顔を見せた。

さやかは心の中で笑った。

昨夜、林の中で百姓姿のさやかと鉢合わせして腰を抜かしたのは何だというのか。

安心させる為の見え見えの強がり、そんな子供染みた気遣いに、さやかは何だか安らぎのようなものを感じた。

『分かりました。とりあえず、今日はおとなしく寝ます。刀の事は目が覚めてから考えます』

『それがいいですね。そうしましょう。それじゃ私もそろそろ』

音駒は立ち上がった。

『納屋で寝るんですか?』

『ええ。ここよりは狭いですけど寝るには差し支えないし、藁もたくさんあって暖かいですからね』

『それならいいんですけど…』

不安気なさやかを余所に音駒は笑顔を絶やさない。

『もし夜中に痛みがあったりしたら遠慮なく呼んで下さい。壁が薄くてよく聞こえますから』

『音駒さん』

『はい?』

『本当に、ありがとうございます』

音駒は微笑んで応えた。

そして、合掌してゆっくりと目を閉じた。

さやかは無言でそれを見る。

静かな時間が流れる。

しばらくして目を開いた音駒はやはり笑顔で、

『明日には今日より元気になりますように。さやかさん、おやすみなさい』

そう言って、行李を担ぎ、蝋燭の火を消して小屋を出て行った。
2012-02-01(Wed)

みんなの力を合わせよう!クリック募金 12

2月になりました!

まだまだ寒くなりそうですね…


ニュース等を見ていると、

震災後の復興って一進一退で、

簡単には進まないんだなぁ、と思います。

それでも人は確実に立ち上がっているし、着実に前進している。

人間って強いんだなぁ。

そんな中では僕のやれる事なんて些細な力にしかならないと分かっているけど、

『みんなの力を合わせよう!クリック募金』


クリック募金
クリックで救える命がある。



忍者ライブショーさやか見参!



ヒーロー連合ジャスター



グランパワーヒノクニ



遠州忍者 魁斗&鼈甲



未来環境防衛隊ドラゴンマン

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード