fc2ブログ
2011-12-03(Sat)

アクションへの道(303)

やっちゅんは熱心な男でしたからね。

もし基本ばっかりやらせたとしても一生懸命やってくれたと思うんですよ。

でも基本を詰め込み過ぎるのも良くないと思ったし、かと言って反復練習ばかり続けると集中力が保たない。

そう考えた結果、練習メニューが薄くなって時間が余り、寒い公園で震えながら立ち話、みたいな事態になってたんですね。

当時の練習を思い出すと、やっちゅんや阿部ぷーさんに申し訳ない気持ちになります。

でも、これからしばらくは震えながらの練習の日々だったんですよね…


あれっ?

…何か忘れてる…

もしかしたら、KHN(九州ヒーローネット)と関わり始めたのって、このぐらいの時期じゃなかったっけ!?

だとしたら…

この年の冬、nassyさんと出会ったハズだ!!

nassyさんは熊本のローカルヒーローチーム『FFF』の代表さんです。

『グランパワーヒノクニ』って知ってますか?



超カッコいいでしょ♪

この『グランパワーヒノクニ』を運営している団体が

『FFF(ファイヤーフライファンタジー)』

なんです。
2011-12-03(Sat)

小説・さやか見参!(116)

空気が裂けた。

イバラキの右腕がさやかに向かって弧を描いたのだ。

速い。

見えない。

しかし、見えないながらもさやかは反射的に身を低くしてそれを躱した。

唸るような音を上げて、イバラキの背刀が頭上を斬る。

とっさに躱さなければこめかみに強烈な一撃を食らい昏倒していただろう。

しかし安堵する間はない。

イバラキは空振りした腕で手刀を返してきていた。

イバラキの攻撃は速い。

一流の忍びたるさやかが及ばない程の速さなのだ。

さやかは地面を蹴って後ろに跳んだ。

ぎりぎり避けたつもりだったのに、装束の胸元が手刀で裂かれている。

(どうしてっ!?)

さやかは心の中で問うた。

自らの速度を上回るイバラキの攻撃が信じられないのだ。

跳び退いて着地した時にはすでにイバラキの拳が顔面を襲ってきている。

さやかは左腕で受けた。

激痛と共に、じんと骨が痺れる。

痺れが引く間もなく次の拳が飛んでくる。

鋼鉄の義手による攻撃だ。

咄嗟に右腕で受けたさやかは、

『くっ!』

と呻いてよろけた。

あまりの衝撃に腕が折れたのではないかと思ったが、確認する暇はなかった。

がら空きの腹部にはすでに次の一撃が迫って来ていたからだ。

交差させた両腕でイバラキの突きを落とす。

だがその時には鋼鉄の拳がこめかみを打ち抜こうとしている。

(どうしてっ!?)

さやかはもう一度、心の中で叫んだ。

受けたと思った時には次の攻撃が迫っている。

しかも全ての攻撃が的確に急所を狙っている。

これでは反撃の機を掴む事が出来ない。

さやかは義手の拳を躱して、出来るだけ遠くに跳んだ。

距離を置く事で攻撃の機会を作りたかったのだ。

距離を取ったさやかは素早く蹴りを繰り出した。

これまで躱された事のない必殺の蹴りであった。

この蹴りが入ればイバラキといえども怯まずにはいられないだろう。

その隙に態勢を立て直すか、あるいは一旦引くか―

だがそれはどちらも叶わなかった。

さやかの右足はいとも簡単に払い落とされたのだ。

『つぅっ!』

足首に激痛が走る。

イバラキの右手は関節の繋ぎ目を正確に打っていた。

更に間髪を入れず、鋼の突きをさやかのみぞおちに叩き込む。

『がはっ!』

横隔膜を痛打されたさやかが泡を吹いて前のめりになる。

その左のこめかみにイバラキの拳がめりこんだ。

小さな身体が宙に浮くほどの勢いでさやかは吹っ飛ばされた。

力の差は歴然だった。
2011-12-02(Fri)

小説・さやか見参!(115)

腰の巻き物に手を当ててさやかは不敵に笑った。

そのさやかを見てイバラキもにやりと笑う。

この2人のやりとりはいつも不思議だ。

敵同士、

それも宿敵同士だというのに、まるで幼馴染みがふざけて戯れあっているように見える。

だがやはり、互いが互いの命を奪おうと狙っているのだ。

鉄仮面から覗くイバラキの口元が動いた。

『さよう。おぬしが持っている巻き物をこちらに渡してもらおう。
その巻き物に記されてある山吹忍術の奥義、この幻龍イバラキが役立ててやる』

それを聞いたさやかは、口元に笑みを残したまま眉間に皺を寄せ嘲りの表情を見せた。

『役立てる?あなたの天下統一に?』

言い終わった途端に表情が一変し、厳しい目付きでイバラキを睨み付ける。

『はん!冗談じゃないわ!天下も奥義もおさめる人間を選ぶのよ!』

『つまり?』

いつの間にかイバラキの顔からも笑みが消えている。

『あんたが天下を治めるなんて絶対に許さない!この巻き物は死んでも渡さない!』

さやかが鋭く構えた。

『ふっ…死んでも渡さない、か…』

イバラキが脱力する。

さやかは敵の弛緩を感じ取ったが、構えを崩す事が出来なかった。

纏った気配は重い殺気に満ち、まるで闇そのものに思えたからだ。

そう思った瞬間、

『ならば、死ね!!』

怒号と共に、イバラキが目の前に迫っていた。
2011-12-01(Thu)

みんなの力を合わせよう!クリック募金 4

いよいよ12月ですね!

今年も残すところ後1ヶ月。

何かと忙しいのはもちろん、クリスマスや忘年会など、盛り上がるイベントも目白押しです♪

僕らが楽しんで盛り上がるのはとってもいい事♪

そして、少しでも早く、日本中が楽しんで盛り上がれるようになったらもっといいな、と思います。

『みんなの力を合わせよう!クリック募金』

募金
クリックで救える命がある。
忍者ライブショーさやか見参!
ヒーロー連合ジャスター
グランパワーヒノクニ
未来環境防衛隊ドラゴンマン



ヒーロー達も、出来る事をやっていきます。

皆さんも無理のないようにご協力下さい。

被災地の、一日も早い復興を祈ります。
2011-12-01(Thu)

アクションへの道(302)

なるほどなるほど…

最初にやる基本。

これは『おさらい』的な要素が強いんだろうな。

プラス、肉体的・精神的な鍛練か。

やっぱり基本が一番キツいもんな。

一番退屈だし。

若い頃は基本が嫌で嫌で、

『そろそろ基本終わったかな?』

ぐらいの時間を狙って行ってたもんな。

けしからんね。

そーゆーけしからん奴を炙り出す意味もあったんじゃないだろうか。

とにかく、基本で土台の確認をしてた事は間違いなさそうだな。

その後の、基本の立ち回りや変わった動きや対抗戦は、幅を広げる為のメニューか。

そして最後の立ち回りで実践的な練習をする、と。

実践的な動きを体験させると同時に、

『立ち回りがやりたい!』

という欲求を叶えるワケだ。


しかし…


実践的に動くには『基本』が出来なきゃ動けない。

『基本』が出来てるからこそ『幅を広げる練習』も出来るのだ。

つまり…


基本を覚えてる最中の初心者さんには、『幅を広げる練習』も、『実践的な練習』も出来ないって事だ!

よって練習メニューは『基本』に終始する事になる。

それじゃ練習時間が埋まるハズもない。

だって基本ばかり何時間もやってたら飽きちゃうんだもん。
プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード