fc2ブログ
2011-08-06(Sat)

アクションへの道(244)

皆さんは『辻 武司』というプロレスラーを知ってますか。

あ、本物のプロレスラーではありません。

『ごっつええ感じ』のコントで東野幸治さんが演じてたキャラなんですけど。


ある日、HIROが言いました。

『最近ごっつのDVD観返してるんですよ!やっぱめっちゃ面白いですね!』


僕はリアルタイムで『ごっつええ感じ』を観た事がなく(当時アパートのアンテナの調子が悪くてテレビが映らなかった)、後に何度かビデオで観たぐらいだったので、HIROの話にも

『あぁ…確かそんなコントもあったねぇ…』

ぐらいしか返す事が出来ません。

これじゃいかん!…と、僕もDVDを借りて観返す事に。

そうしてしばらく、小さな『ごっつブーム』が起きたのです。


そんな時期の出来事でした。

HIROと僕は同じ班で、アクションショーの現場に向かいました。

連休中、通しメンバーでのショーなのでテンションも上がっています。

予定よりも早く現地に到着した我々はしばし車内待機だったのですが、なにしろテンションが上がってるので、

『ちょっと外行きましょうよ』

なんて事をHIROが言い出しました。

普段の超インドアな僕なら絶ッ対外になんか行かないのですが、この時期は違います。

『おぅっ!行こうぜ行こうぜ!』

HIROに続けとばかりに外に飛び出しました。

早朝の海を眺めながら若手数人とはしゃいでいると、いつの間にか追いかけっこが始まりました。

それはやがて『辻ごっこ』へ。

『辻ごっこ』とは何か?

プロレスラー・辻 武司が作り出した『鬼ごっこ』に似た遊びで、『辻 武司』に捕まった者は『辻 武司』になってしまう、というもの。

鬼ごっこと違うのは、『辻 武司』は人を捕まえても『辻 武司』のままだという所。

つまり、人を捕まえる度に『辻 武司』が増えていき、最後にはみんな『辻 武司』になってしまうという遊びなのです。

ごっつ熱に浮かされている我々が、追いかけっこから『辻ごっこ』にシフトチェンジしたのは必然の流れと言えるでしょう。

HIROが若手にタッチして言いました。

『こいつが辻武司や!逃げろ!』

僕とHIROは走って逃げます。

若手はワケも分からず追いかけてきます。

この時の僕は34才と思えないぐらいのはしゃぎっぷりだったと思います。

僕は走りながら振り返りました。

若手がすぐ近くに迫っています。

『ヤバい!捕まったら俺も辻武司や!』

捕まって辻武司になるワケにはいきません。

僕はダッシュしようと進行方向に向き直りました。

その時!!

『!!』

目の前には車輌進入禁止の為に張られたチェーンが!

マズい!

このスピードで引っ掛かったら物凄い勢いでコケてしまう!

僕は咄嗟にジャンプしました!

しかし!

時すでに遅し…

ジャンプしてかわすには距離が縮まり過ぎていたのです…

僕の足は空中でチェーンに捕らえられ…

その位置から地面に叩きつけられたのでした。

グシャッ!

一瞬記憶が飛びました…

『内野さ~ん!大丈夫ですか~!』

みんなが駆け寄ってきます。

『へへっ、ちょいとばかしはしゃぎ過ぎちまったぜ…』

『うわっ、血が出てますよっ』

『大丈夫大丈夫!さぁ、今からショーだぜ!』

…そう、

これはショー前の出来事なのです。

ショー直前に鬼ごっこ(正確には辻ごっこ)で怪我するなんて、とんだベテランもいたもんですよ!

それでも当然ショーは始まるワケで…

怪人のマスクを着けるとスポンジが傷にすれて痛みます。

汗が傷に染みます。

『これはけっこうな傷かなぁ…』

と思いながらもサイン会や撮影会の手伝いでは素顔を晒さなくてはなりません。

『こちらに並んで下さ~い♪』

と現われるスカーフェイスのジャージ男。

お母さん達はギョッとした表情で僕に声をかけてきます。

『お疲れ様です…大変なお仕事ですね…』

ショー中の激しいアクションで負傷したと思っているのでしょう。

ホントは辻ごっこでコケただけなのに…

現場が終わって家に帰る途中で、顔の左半分、怪我をした部分がみるみる重くなっていくのが分かりました。

『あぁ…
きっとすっげぇ腫れるんだろうな…』


その予感が的中した時の画像です。

2011-08-05(Fri)

アクションへの道(243)

常に話が脱線している、ここ最近の『アクションへの道』。

何故そんな事になってるかというと、

スムーズに進めてたら、このシリーズ『あッ』と言う間に終わってまうど!

…という危機感があるからなのです。

だってもう2006年まで書いちゃってるんですもん!

おまけにここから先は、特に面白エピソードがないんですもん!!

なので、

『…ったく…余計な事ばかり書きやがって!』

なんて目くじら立てず、

『延命処置、頑張ってるんだなぁ』

…と、暖かく見守って下さいね♪


立ち回りでの『マジ当て』について書いてきましたが、これは僕にとって、

『観客を引き込む為の演出』

であり、

『アクター同士のコミュニケーション』

なんです。

正直な所キャラクターのアクションって、相手が誰でもいいんです。

自分のテンポ、自分の形を崩さないように絡んでくれる相手なら何も問題ないんです。

もちろん『(技術的に)信頼出来る相手か否か』はありますけど。

そして立ち回りが上手くいったかどうかは、後でビデオを観た時に初めて分かったりするんです。

そんな中で、

自分は『今』『コイツと』やりあってる!

という実感を得る為の手段の1つが『マジ当て』なのです(僕にとってはね)。


東京行きを決意した後輩・HIROに絡む僕の心境はそうでした、ってだけの話ですけどね。

HIROがどう思ってたのかは知りませんよ。
2011-08-04(Thu)

アクションへの道(242)

前回はとにかく話が逸れました。

マジ当てについて熱く語るつもりも、他のショーの批判めいた事を書くつもりも全くなかったのですが…

でもせっかくなので(?)もう少しズレた話を。

マジ当てが嫌いなMCさんがいらっしゃいまして。

僕はよく、

『マジ当てし過ぎてお客さんが引いてたよ!』

なんて叱られてました。

でも僕は一向に気にする事もなく、

『マジ当てに引いてたのかどうかは分からんや~ん』

なんて思ってました。

『ヒーローのピンチに息を飲んでただけかもしれんや~ん』

とも思ってたし、

『当てて引かれるって事は、普段の立ち回りでは当たってないってバレてるって事や~ん』

なんて事も思ってました。

『当てない』より『当てる』方が盛り上がるなら当てないし、

『当てる』より『当てない』方が盛り上がるならそうします。

要は目的と使い方次第なんです。

これも見せ方のテクニックの1つですからね。


立ち回りの技は基本的には当てません。

当てないものを当たってるように見せる為に、我々は

『かぶる』

という技術を身に付けています。

『かぶる』とは、

『技を当てるポイント』と『技が当たるポイント』の隙間が観客に見えない位置に立つ事です。
   
例えばAがBに対し『横向き』にパンチを出すとしましょう。

その時、Aのパンチの打点方向にBが立っていたら、観客からAの拳とBの身体の隙間が見えてしまいます(下図参照)。

  A⇒ B
    ↑
    |
    |
   観客

これではかぶっていません。

キチンとかぶる為には、『Aの拳』と『観客の視線』の間にBが入らなければなりません(下図参照)。

  A⇒

    B
    ↑
    |
    |
   観客

Bがこの位置に立てば、拳と身体に隙間があっても正面の観客にはバレません。

これが『かぶる』という技術です。


しかし、この技術にも弱点があります。

正面の観客に対してかぶった場合、側面は隙だらけなのです(下図参照)。

 A⇒
    ←--観客
   B
   ↑
   |
   |
  観客

このように、特定の方向にのみ有効なのが『かぶり』の技術なのです。

あるショーの後、マジ当て嫌いのMCさんが言いました。

『ラストの旋風脚さぁ、正面から見たらかぶってるんだろうけど、横から見たらかぶってないんだよねぇ』

旋風脚は大きく弧を描いて放つ蹴りなので、ギリギリでかぶる事は難しく、必然的に隙間が大きくなります。

正面と同時に側面に対してかぶるのは不可能な技なんです。

僕は言いました。

『そりゃ正面から見る技ですからね。横から見ればかぶってないでしょうね』

真っ当な反論です。

しかしMCさんは譲りません。

『でもさぁ!正面だけじゃなく横から観るお客さんもいるんだからさぁ!』

いやいや、
立ち回りってそんなもんなんですよ。

前から見ても横から見ても『当たってる』ように見せるには『当てる』しかなくなるのです。
2011-08-03(Wed)

アクションへの道(241)

攻撃をマジ当てする時、
具体的にどういう立ち回りをしていたのか。

これには僕の好きなパターンがあります。

向かい合うヒーローと怪人。

余裕を見せる怪人に対し、ヒーローの右ミドルキック!

バシッ!

怪人は左腕にヒットしたキックを物ともせずヒーローに迫っていきます。

一瞬怯んだヒーロー、今度は左のミドルキック!

バシッ!!

右腕にヒット!

それでも悠然とヒーローに迫る怪人。

後退るヒーロー、渾身の力を込めて右ハイキック。

バシッ!!

怪人の左側頭部に命中!

しかし怪人はそのキックを叩き落として反撃を開始する…

これが僕の好きな手(段取り)です。

ここまでやれば、誰の目にも

『ヒーロー劣勢』

と映るでしょう。

僕はマジ当てする事で子供達に

『ヒーローがピンチだ!』

と思ってほしいんです。

『オマエはドMだから殴られたいだけだろ!』

なんて思ってるアナタ!

それは完全な勘違いですよ!!

大体、女の子に殴られるならともかく男に殴られたって…

…いえ…なんでもないです…

とにかく!

子供達に『ヒーローのピンチ』を感じて欲しいんです!

危機感を抱いて欲しいんです!

ヒーローはピンチになるべきなんです!!

ピンチになって逆転するから物語が盛り上がるってもんでしょう。

ピンチにもならずに一方的に悪を叩きのめすヒーローを応援してくれとは言えないでしょう。


…まぁ世の中には…

さっきまで圧倒的に有利だったヒーローが、不意に2、3発殴られてぶっ倒れて、

『な、なんて力だ…!』

なんて弱音を吐き出して、

司会のお姉さんが

『みんな~、このままじゃヒーローが負けちゃうよ~!
大きな声で応援して~!』

なんて言い出すキャラクターショーがわんさかありますが…


さっきまで戦闘員達を数えきらんぐらい殴ったり蹴ったりしといて…

戦闘員達はその度に立ち上がって戦ったというのに…

ヒーローのオマエは2、3発殴られただけで立てんくなるんかい!

そんなんピンチでもなんでもないわ!

その程度のダメージで子供の応援に頼りやがって…

そもそもオマエは子供達を助けに来たんやろが!

すぐに子供に頼るな!情けない!!

…なんて言いたくなるショーがわんさかありますが…

僕はこんなショーが大嫌いです(あ、ケンカ売っちゃった)。


さっきまで有利だったヒーローが2、3発殴られてぶっ倒れて子供に助けを求めるなんて、

『いや~、
貯金が10万あったからさぁ~、
パチンコに行ったら8万スっちゃってさぁ~、
残り2万じゃ生活費が心配だから金貸してくれない?』

って言ってるみたいで腹立たしいんですよね。

『知るかっ!』

と言いたくなります。

『寝る間を惜しんで休みもなく働いて、それでも病気の子供の手術代が足りないんです!
少しでもいい、
絶対に返すから誰か貸して下さい!!』

このぐらい切羽詰まってこそ、子供に応援をお願いする権利があるってもんじゃないでしょうか。

頼まれて仕方なく戦ってるワケじゃないだろ?

自発的に戦ってるんだろ??



話がめっちゃズレました…
2011-08-02(Tue)

アクションへの道(240)

立ち回りの技術の1つに、

『当たっていない攻撃を当たっているように見せる』

というのがあります。

当てれば怪我をする危険性もあるし、衣裳の破損につながる可能性もあるからです。

かと言って、ただ当てなければ、子供達から

『当たってねぇ~』

と野次を飛ばされる事になります。

当たっていない攻撃を当たっているように見せる為には、

タイミングやスピード、
身体の向き、
足の位置、
リアクションの技術、

等々、色んな要点を満たさねばならず、僕らは咄嗟に自然にそれらが出来るように日々練習しているワケです。

当てるのが必ずしもNGって事ではありません。

演出上あえて当てる事もあります。

当てなければリアリティが出ない時や、当てる事で観客に何かを伝えたい時などです。

当てる時はただ闇雲に当てればいいってワケじゃありません。

痛そうに見えて痛くない攻撃を出したり、

当たっても痛くない場所を狙ったり、

攻め手と受け手の呼吸を合わせたり、

こちらも色んなテクニックが必要になるのです。


さて、ここで僕個人のハナシ…

僕は悪役の時、

『当てて!』

と言う事が多々あります。

それも先ほど書いたようなテクニックを要するものではなくて、

『闇雲に力いっぱい当てて!』

というものです。

ここまで説明してきた技術論は何だったと言うのか!?


僕はヒーローに、例えば

『側頭部に思いっきりハイキック入れて!』

とか

『背中に思いっきり跳び蹴り入れて!』

なんて注文を出して、ヒーロー役から

『えぇ~っ!?』

と言われていました。

『そんな事して大丈夫なんですか!?』

という意味の

『えぇ~っ!?』

です。

これは『大丈夫』という自信があって言ってるのですが、やはりヒーロー役は戸惑うみたいですね。

僕が『当てて!』という時は、ほとんど悪役が優勢なシーンです。

パンチやキックを叩き込んでも効かない悪役の強さを子供達にリアルに見せつけてやりたいのです。

悪役の強さをアピールしておかないと、逆転のカタルシスは生まれませんからね。

しかしながら僕の中には、当ててもらう理由がもう1つあります。

それは

ヒーロー役との真剣勝負

をする為です。


立ち回りというのは、シンとカラミが共同で作り上げるもの。

ヒーローと悪役は戦いながらも、互いの呼吸を読みながら、相手の動きに合わせながら、協力して立ち回りを演じているのです。

そんな中に『マジ当て』を入れる事で、

『あぁん?オマエの攻撃ってこんなもんかぁ!?』

『もっと本気でやってみろよ!!』

とケンカを売り、(気持ちの上の)真剣勝負に持ち込みたい気持ちがあるのです。

それは相手が誰でもいいってワケじゃありません。

真剣勝負は、自分が認めた相手、本気で絡みたい相手の時だけですね。

東京に行く前のHIROは勝負に相応しいと思える好敵手でした。
2011-08-01(Mon)

アクションへの道(239)

忍者ショーの準備を進めている間、僕はキャラクターショーから遠ざかっていました。

正直この時期、所属チームのショーに魅力を感じなくなっていたのです。

なんだか自己満足の集団に見えてしまって、

アマチュアの集団に見えてしまって、

一緒にショーをしたくなかったのです。


2006年までは。


そんな僕の気持ちが変わったきっかけは、ある1人の後輩でした。

彼の事は新人の頃から知っています。

僕のしゃべりショーが彼のデビューだったからです。

頑張ったり浮かれたり天狗になったりを5年見てきました。

そんな彼が東京に行く事を決めました。

上京して更に上のレベルを目指すと言うのです。

驚きもあったし、
『やっぱりか』って気持ちもあったし、
寂しくもあったし、
嬉しくもあったし。


それまで東京に行った後輩は何人かいましたが、何故かみんな、上京を決めた時から急成長するんですよね。

技術が、ではなく精神面が、です。

それまではすぐに後輩にキレたりしてた奴が、キチンと指導出来るようになる、

自分の意見をゴリ押ししてた奴が周りの意見に耳を傾けるようになる、

何人かのそんな姿を見てきました。

そして、この年に東京行きを決めた後輩も急に大人になったように見えました。

それまでは若さゆえの言動にイラッとする事もあったのですが、変化が見えた後は彼の事が大好きになりました。

キャスティングの担当に

『あいつと一緒の現場なら入るよ』

なんてワガママを言ったりして。

なので2006年のショーの想い出には必ず彼がいるのです。

その後輩を仮にHIROと呼んでおきましょう。
2011-08-01(Mon)

7月28日、殺陣教室報告

7月28日は殺陣教室でした!

まずはマルヤマさんと代表で練習開始。

マルヤマさんは2回目の参加です。

軽くストレッチをしてから剣殺陣メニュー。

まずは木刀を持って、何回も『型』を繰り返しました。

型は覚えたら終わりではありません。

とっさに動けるようになってからがスタートなのです。

その領域を目指して、何回も何回も身体を動かす。

それが基本ってもんなんですね。

次は対人練習。

天合わせ、天地合わせ、
八双受け、柳受け。

狙う位置や受ける位置、体捌きを意識しながら木刀を振ります。

かなりの回数木刀を振らせたので心配しましたが、マルヤマさんは平気な様子。

鍛え方が違いますね!

ここでシライシさんが到着しました。

この日の参加者は以上3名です。

揃った所でジャンプ3パターン。

それから簡単なダンス。

『殺陣教室にダンスは必要ないんじゃ!?』

と思われた方、

確かにダンスは直接必要ないんですが、『リズム感』ってのは必要なんです。

なので今後もちょいちょいダンスを入れていこうと思ってます。

ダンスの後は手技と足技の基本です。

今回は細かい事は気にせず、テンポ良く動く事を重視してみました。

足技は前蹴りと回し蹴り。

手技は突き(中段・上段)、手刀、裏拳(中段・上段)、
受け(上段・外・内・下段)、殴り(カラミ・シン)というメニューでした。

ここで21時になり前半戦終了。

しばし休憩です。

この間に僕とシライシさんは『第2回・ヒーローアクションワークショップ』の打ち合わせをしました。

詳細か決まったら告知しますね。

さて、後半戦は実践的な立ち回りです。

1対2の手を付けて、シンとカラミを交代しながら何回もやりました。

基本練習で技の精度を高める事も必要ですが、そのままだとただの『技』で終わってしまいます。

実践を想定した練習をする事でスピードやタイミング、感情表現といったものが身に付き、
そこでようやく『技』から『立ち回り』になるのだと思います。

しかし、まだ慣れないながらも、シライシさんマルヤマさん共に迫力の立ち回りでしたよ!

これからもっともっと磨いていきましょう!

以上で28日の殺陣教室は終了です。

今回も楽しく練習出来ました♪

シライシさん、マルヤマさん、お疲れ様でした!
プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード