fc2ブログ
2011-06-06(Mon)

アクションへの道(198)

そういえば…

夏にプールサイドでのショーとかやったなぁ。

悪役を水の中に投げ込んで、
ヒーローも水飛沫上げながら立ち回りして、

楽しかったなぁ。

プールから出るとブーツの中に水がたまってて歩くのもキツくて。

スタッフに入ってた社員が、アロハ・短パン・ビーサンという夏のコーディネートは忘れなかったくせにサンプラー(効果音を出す機械)は忘れてきていて、

『お前は遊びに来たんか!!』

と、ショー中にプールに落としたりしたのはいい想い出です。


この辺りの期間は練習やショー以外でも楽しい想い出がたくさんあります。

真夏に1時間以上自転車を漕いで後輩達のショーを観に行った事とか。

我が家に7~8人集まってクリスマスパーティーをやった事とか。


クリスマスパーティーが終わると後輩が

『次は鍋やりましょう!』

って言ってくれて、しばらくして鍋をやると

『今度はお好み焼きがいいですね!』

って言ってくれて、我が家では何度がパーティーが行なわれました。

後輩達と仲良くしたかった僕としては、これは本当に嬉しかったんだよなぁ…



そして2002年…


この年にアクションのリーダーが交代したのですが、
(僕がいたチームはアクションチームとメルヘンチームに分かれていて、それぞれにリーダーがいた)

強いリーダーシップを発揮する新リーダーのやり方がどうも僕には合わなかったみたいなのです。

1つは練習の時。

ウチのチームの練習は18時開始20時終了でした。

しかしこれはあくまでも『自由参加』が原則であって、開始時間も厳守しなければならないものではありませんでした。

何故なら学校や仕事の都合でどうしても遅れてしまうメンバーもいるからです。

しかし新リーダーはそれを許しませんでした。

遅れてきたメンバーはかなり厳しく詰問され、理由が正当なものであった場合ようやく参加を許されたのです。

これが『練習への意識』を高める為の策だという事は分かります。

上手くなりたいという気持ちがあるのなら少しでも早く練習に来て必死に取り組むべきだと思います。

僕だって武装の練習をする中でメンバーに、

『本当はもう少し早く来れるんじゃないの!?』

と言いたくなる事があるから分かります。

しかしメンバーにも事情があるんです。

学校や仕事だけでなく、家庭や個人の事情もあるでしょう。

友達と遊ぶ事やデートする事だってメンバーの用事なのです。

『練習』は『仕事』ではありません。

なので、個人の事情に踏み込む要求は出来ないハズ、と僕は思うのです。
(リハーサルと現場は仕事です。引き受けた時点でこちらを優先してもらわなければいけません)

時間通りに来れない事を責められたら、用事があるメンバーは練習に行けなくなってしまいます。
(やる気があるならそれでも行くべきだ、
という意見も、
遅刻を容認すればメンバーの甘えを生む、
という意見も分かります。
僕もそう思います。
それでもやはり強要するべきではないのです)

もし僕が仕事が終わって急いで練習に行って

『内野さん、時間過ぎてますけどどうしてですか』

なんて厳しい口調で詰問されて、

『仕事だったんですか。じゃあいいです。急いで着替えて下さい』

みたいな言われ方をしたらめっちゃ腹立つと思ったんです。

こっちは仕事終わってダッシュで来たのに、こんな態度とられるんやったらもう来んわ!

って言いたくなると思ったんです。

それが僕が合わなかった事の1つ目です。
2011-06-04(Sat)

アクションへの道(197)

2001年に、ちょっとしたスペシャルショーがありました。

ヒーロー物のアクションショーでしたが、クライマックスに別のヒーローが助けに現われるというコラボ企画です。

しゃべりショーという事で僕がチームリーダーとなり、構成や演出を任されました。

僕はノリノリです。

メンバーもノリノリです。

クライマックスに登場する助っ人ヒーローには同期のS君が入ってくれました。

リハーサルもバッチリ済ませて当日の朝、

事務所で衣裳チェックを済ませます。

キャストは慣れてるメンバーばかりなので、各々がスピーディに自分が使う衣裳をチェックします。

僕もそれを『ふんふ~ん♪』と鼻歌まじりにチェックしながら上機嫌。

『よし、みんな大丈夫みたいやね。出発!』

僕らは隣県の現場に向かって出発しました。

現地に着くと、

『スペシャルショー!●●●(助っ人ヒーロー)もやってくる!』

なんて看板まで用意されてありテンションが上がります。

『せっかくだから助っ人の存在を伏せて、サプライズで登場させたかったよね~』

『でも助っ人が登場する事を告知した方が集客につながるんだろうな~』

なんて言いながら軽くリハーサルを済ませます。

段取りもOK、立ち回りもOK、後は本番を待つばかり。

そしてショーの30分前になりました。

会場にはテーマソングが流れ始めます。

『よし、そろそろ着替えるかぁ!』

メンバーが一斉に準備を始めました。

すると、助っ人ヒーロー役のS君がやって来て僕に言いました。

『ところで俺の衣裳はどこ?』

『えっ…?』


そうです。

僕は今回の目玉、助っ人ヒーローの衣裳を忘れてきたのです。

というより、事務所での衣裳チェックの時点から失念していたのです。

とんでもないミスです。

しかし気付いたのが30分前ではもうどうにも出来ません。

僕は事務所の社員さんに電話しました。

苦労してこの現場を取ってきてくれた営業担当さんです。

『はぁっ!?忘れたっ!?』

『スミマセン、本当にスミマセン、何とか午後のステージまでに持ってきていただけませんか』

社員さんが急いで衣裳を持ってきてくれる事になりました。

午後のステージは予定通り助っ人ヒーローを登場させられそうです。

しかし30分後のショーには間に合いません。

僕はメンバーを集めて言いました。

『みんな、本当にごめん、どれだけ糾弾されても殴られても仕方ない俺のミスや。でも非難は後でいくらでも受けるから、今はこれからのショーをどうするか考えよう』

とりあえずクライマックス部分、助っ人の登場シーンをカットし、普段通りのラス殺陣(一番最後の立ち回り)をやる事にし、BGMの調整や立ち回りの変更を行ないました。

そして僕は、ショーの途中、午前のステージには助っ人ヒーローが登場しない事をお客さんに詫びました。

悪役のまま、マイクを持って。

お客さんを、

ショーを呼んで下さったクライアントさんを、

先ほどの営業担当を、

僕をリーダーとして信頼してくれたメンバーを、

全ての人を裏切ってしまったという罪悪感。

演る側も観る側も、こんなに気まずい雰囲気のショーがあるでしょうか。


失敗の原因はいくつかあります。

まず1つ僕が見落としていた事、それは

『S君には衣裳チェックをするという習慣がなかった事』

です。

メンバーが当日の朝に各々の衣裳をチェックするようになったのはここ数年の事。

しかしS君が現役だった頃、そのシステムはなかったのです。

前日の夜に社員さんが衣裳や小道具をチェックし、メンバーはそれを信じて現場に向かう、そんな現役時代を過ごしていたのです。

S君のせいだと言ってるワケじゃありません。

知らない間に変わっていたシステムに対応する事なんて出来ないからです。

問題は、僕がそれに気付いていなかった事。

他のみんなと同じ様にS君も衣裳チェックをやってるものだと勝手に思い込んでいた事、それが一番のミスなのです。

原因その2。

当時の僕は事務所の手伝いで、衣裳管理等をやっていました。

なので、衣裳チェックの時に使うリスト表を完全に記憶していました。

当日の朝も頭の中のリストに照らし合わせて最終チェックを行なったのですが…

当然ながらこのリスト、助っ人ヒーローの出ない通常ショー専用。

何も考えずに普段通りのチェックで済ませてしまったのが2つ目のミスです。

これだって、記憶に頼らずキチンとリスト表を見ながら確認していれば(もしかしたら)どこかで気が付いたかもしれないのです。

考えが至らない上に、気が緩んでいて手抜きをしてるワケですから、それはミスに繋がるのも当然です。


『みんながやってくれてるハズだから大丈夫だろう』

『覚えてるからリスト表は要らないだろう』

こんな些細とも思える油断がお客さんに、クライアントさんに、会社に、メンバーに迷惑をかける事になったのです。

これは10年経とうが20年経とうが忘れられないし許されないミスだと思います。

僕に出来る償いは、これを教訓に同じミスを繰り返さないようにする事、

僕のミスを後輩達に伝えて教訓にしてもらう事、

そのぐらいしかないと思っています。
2011-06-03(Fri)

アクションへの道(196)

そういえば2001年は、久しぶりにヒーローを演じた年でもありました。

ちょこちょことヒーローに入る機会はあったのですが、通常のショーでメインの主役を演るのは5年ぶりぐらいだったでしょうか。

ある日の事。

僕は翌日のメルヘンショーのリハーサルに参加していました。

隣りでは明後日のアクションショーのリハーサルが行なわれていました。

すると、リハーサルも終盤に差し掛かった辺りでアクションショーのチームリーダーに電話が。

僕らは気にせずリハを続けていましたが、しばらくして先ほど電話を受けていたアクションのチームリーダーが僕の所にやって来ました。

『内野さん、明後日、僕の代わりにヒーロー役をやってもらえないでしょうか』

どうやら身内にご不幸があって、明後日の現場に行けなくなったらしいのです。

『それは全然かまわんけど、もうリハーサル終わりかけなんじゃないの?』

『はい、構成は全部終わってるので、申し訳ないですがそれを覚えてもらえませんか』

僕はメルヘンのリハーサルを急いで終わらせアクションのリハーサルへ。

覚えるだけならそんなに苦ではありません。

他人の動きに合わせて作られた殺陣なので動きにくかったりはしましたが…


翌日のメルヘンショーを無事に終わらせ、翌々日のアクションショー。

午前中のステージは無難に終わりました。

この時の怪人役は同期のS君。

普段怪人役の僕が久しぶりにヒーローを演じ、
普段ヒーローを演じるS君が久しぶりに怪人を演じる、

そんなワケで2人とも若干の緊張を拭えない感じで午後のショーに望みました。

S君とは10年の付き合いなのでお互いの癖などが分かります。

スピードやテンポ、蹴りの高さ等は勝手知ったるもので、身体が自然に対応していきます。

それが悲劇を生んだのか…

ヒーローの必殺技はキックです。

助走をつけてジャンプして放つ跳び蹴りがヒーローの必殺技なのですが、実は僕はジャンプ系が苦手です。

みんなは怪人の顔を目がけて蹴りに行くのに、僕の跳び蹴りはお腹の高さが関の山です。

S君はそれも先刻承知です。

僕が必殺技の体勢に入ると、S君はダメージを受けた演技で片膝を着きました。

体勢を低くして、僕のキックが怪人の顔を蹴れるようにしてくれたのです。

僕は助走をつけてジャンプしました。

『●●●~、キ~ック!!』


バキッ!!

とどめを刺されて去って行く怪人。

ヒーロー達は締めのポーズを切って控えテントに戻ります。

そこで僕が見たものは…

鼻血まみれのS君の姿でした。

不慣れな僕の必殺キックは彼の顔を目がけて放たれていたのです。

さっきのバキッは本物のバキッだったのです。

『せっかくあんたの蹴りに合わせて(体勢を)低くしてやったのに~!』

鼻にティッシュを詰め、シャツを血で染めたS君の呪詛を受けながら僕は、

『あぁ…俺もまだまだ未熟なり…』

と反省しまくったのでした。

苦い思い出です。


S君、ごめんね。
2011-06-03(Fri)

6月2日、殺陣教室

~いつも対談形式でお送りしている練習報告ですが、今回は内容が少ないのでフツーに進めます~


6月2日、殺陣教室の予定でしたが参加者がいなかったので通常練習に切り換えました。

後半までは自分1人だと分かっていたので、時間をかけてストレッチ&筋トレ。

最近はみっちり筋トレ出来る時間がなくなってきてるのでこーゆー機会を活かさなきゃね。

せっかくだからウエイト持って行って負荷を上げれば良かったかなぁと今さらながら反省。

21時過ぎに『みちャき』が到着。

あらかじめ、

『今回は台詞有りの立ち回りをしよう』

という話をしていたのでお芝居形式で進める事にしました。

『よし、まずは設定を考えよう』

2人で色々と考えます。

これまでの練習でも台詞有りの立ち回りをやってきましたが、みちャきはクール(冷酷?)なキャラが多かったので、正反対の熱血キャラ(おまけに男)でいこうと決まりました。

モチーフは有名な昔話です。

設定を決めながらお互いの台詞を決めながら、少しずつ展開を作っていきます。

その結果、立ち回りは非常に短くて簡単なものになってしまいました。

僕もみちャきも演劇は門外漢なのですが、出来るだけ熱く演じてみました。

次はきちんと作り込みたいと思います。

みちャき、またよろしくね♪

お疲れ様でした!
2011-06-02(Thu)

5月26日、殺陣教室(5)

武装 『前回は“かぶる”という事の説明で終わりました』

代表 『かぶる、かぶせるってのはすごく重要なんだけど、同じぐらい大事なのがリアクションだね。

どれだけ上手くかぶってもリアクションが下手だとリアリティが出ないし、
逆にリアクションが上手くてもかぶってなきゃ意味がない』

武装 『確かに』

代表 『というワケで次はお腹と顔のリアクション。
今回は“糸で引っ張られる”というコツを伝授しました』

武装 『糸で引っ張られる、とは?』

代表 『ナイショでーす』

武装 『出ました代表の秘密主義』

代表 『リアクションの後は右の2段蹴りをやってもらったよ。本当はまだ早いと思ったけど。でもほどほどの所で次に行かなきゃ進まないもんね』

武装 『ですね。シライシさんもミフネさんも立ち回りを極めようとしてるワケじゃないですしね』

代表 『まぁ何とな~く2段蹴りみたいな形になった所でいよいよ!』

武装 『いよいよ!?』

代表 『アクトマン・ショーの始まりだぁ!』

武装 『なるほど!これをやる為に大急ぎだったんですね!』

代表 『解説せねばなるまい!アクトマンとは、武装の練習用に生み出されたオリジナルキャラクターなのだ!ミニショー的なパッケージはあるが、衣裳は用意されてないのであった!』

武装 『こないだのワークショップで使ったやつですね』

代表 『そう。ヒーローと悪役の1対1がショー形式で体験出来るアクトマンパケ。
ワークショップではシライシさんが出来なかったから是非体験してほしくて』

武装 『そういう事でしたか』

代表 『それにワークショップの時は本当に初心者向けにしてたからね。シライシさんもミフネさんもせっかく殺陣教室に来てくれてるんだから、少しレベルを上げさせてもらったよ』

武装 『おぉー、具体的にどんな風に?』

代表 『まず殺陣を変えさせてもらった。普段の教室でやってる立ち回りもあるし、多少複雑にしても2人なら対応出来ると思ったし。

それから、技の形を整えた。

ワークショップで教えたのは“とりあえず形になる”レベルだったから、それを本来の形にね。

そして立ち回り以外の部分も細かく演出したよ』

武装 『だいぶんハードル上がったんじゃないですか』

代表 『そのぐらいやらなきゃショーの感覚は分からないって。
本当のショージャンキーは観客にキャーキャー言われるのが癖になるんじゃなくて、死にそうにキツい状態でカッコよく動こうとしてる自分に酔うんだから』

武装 『そ、そうなんですかっ!?』

代表 『ショーの最中は極限状態だからねぇ。脳内麻薬とかバンバン出てるんじゃない?根拠はないけど。

だから構成をキツめにして、それを何回も何回もやってもらったんだ』

武装 『脳内麻薬って…そんな深い所まで教える必要あります?』

代表 『ないかな』

武装 『まぁ代表の方針なら何も言いませんけど…。
…で、お2人はどうでした?脳内麻薬出てました?』

代表 『いやぁー、シライシさんもミフネさんも体調良くなかったからさー、単に苦しんでたよー、はっはっは!』

武装 『鬼畜かアンタは!!』
2011-06-02(Thu)

5月26日、殺陣教室(4)

~代表に放置され、泣きながら去った武装くん、

委員長に叱られてそれを追った代表、

2人はどうなる!?~


武装 『しくしくしく…』

泣いている武装くんの耳に、突然代表の声が飛び込んでくる。

代表 『一緒にブログを進めて下さい!』

驚いた表情で振り返る武装くん、
その前には汗だくで呼吸を乱した代表が立っている。

代表 『はぁっ、はぁっ、僕と一緒に、ブログを進めて下さい!』

武装 『今さら…今さら何しに来たんですかっ』

代表、一瞬気おされるがグッと耐えて

代表 『僕は…、僕は、アトラクションチーム武装の代表、内野タケシです!!』




武装 『…代表、このエ●ァンゲリオンネタ必要ですか?』

代表 『いや…要らんちゃ要らんけど…やっぱりアレだね、俺と武装くんの間にストーリーが出来ると進行が滞るよね』

武装 『僕らはあっさり淡白な付き合いがいいんでしょうね』

代表 『じゃ、あっさり進めるか。

シライシさんとマンツーマンで剣殺陣まで終了しました』

武装 『そこへミフネさんが到着。ここからでしたね?』

代表 『そう。そこで改めてジャンプをやって身体を温めました。シライシさんは体調悪そうだったからいつもより軽くしたけど、ミフネさんはフルで』

武装 『若いですからね』

代表 『でもミフネさんも何だかキツそうでね。最後まで調子悪そうだった』

武装 『ありゃりゃ。代表の毒気に当てられたんでしょ』

代表 『暴走モードに入っちゃろか』

武装 『あっさり進めますよ♪ジャンプの後は?』

代表 『手技やね。何をやったかなぁ?えぇとね…一週間前の事だから記憶が帰ってこなくてね…

正拳突き、中段と上段をやって、上段受け、外受け、内受け、下段受け、かな』

武装 『手刀や裏拳を飛ばすとは珍しい。さては何か目的がありますね?』

代表 『もちろん。続いては右殴り。受けられる事前提の絡み殴りと、相手の顔をぶん殴るシン(主役)用殴りの2種類』

武装 『シンの殴りを教えるなんて珍しいですね!さては何か目的がありますね?』

代表 『当然。ま、シライシさんにはそろそろ教えてもいいかなと思ってたけどね。

ちなみに絡み殴りは定位置での練習の後、移動もつけてやってみました』

武装 『あぁ、中腰で反復横飛びみたいに移動する動きですね』

代表 『そう。これはいかに早く、いかに決められた位置に移動出来るかがポイントなんだ。立ち位置が変わると立ち回りの見映えが全然違ってくるから』

武装 『シンに近付き過ぎると攻撃が当たっちゃうし』

代表 『遠かったり横位置過ぎたりするとかぶれなくなるしね』

武装 『かぶれなくなる、ってどういう状態ですか』

代表 『立ち回りの技は原則としてヒットさせないでしょ?怪我させたり衣裳を破損させちゃいけないから。

その実際には当たってない攻撃を当たってるように見せる事を“かぶる”“かぶせる”って言うんだけど』

武装 『つまり“かぶれなくなる”というのは、攻撃が当たってない事が観客にバレてしまう状況になる、って事なんですね』

代表 『そうそう。
攻め手の攻撃と受け手の身体が重ならなくちゃいけないから、観客からそう見えるような立ち位置にならなきゃいけないんだよ』

武装 『と言う事は、それぞれの攻撃に対して、適切な受けの位置があるという事ですか』

代表 『うん。だから攻め手も受け手も、常にかぶせる事を考えて動かなきゃいけない。

シン(主役)も気をつけるんだけどさ、やっぱりシンはカッコ良くてナンボだから形を気にしなくちゃいけないんだな。

絡みの位置が遠いからって形を崩してカッコ悪い技を出すワケにはいかないし、だから常に絡みがシンに合わせる必要があるんだよ。

構えた位置から出来るだけ早く正確に移動してね。

移動して右殴りっていうのはその第一歩になる練習なんだな』

武装 『へぇぇ~、単純に攻撃とリアクションを組み合わせればいいワケじゃないんですね』

代表 『そりゃそうだよ。かぶせたりかぶったりは立ち回りの基本だから。

実際、技もリアクションも上手いのにかぶせる事を意識してないアクターさんがいたりして、見ていて“もったいないなぁ”と思う事があるよ』
2011-06-01(Wed)

5月26日、殺陣教室(3)

武装 『しくしくしく…』

代表 『ただいま!武装くん!…あれっ?』

武装 『しくしくしく…』

代表 『ど、どうした!?武装くん!?』

武装 『代表が…お弁当買ってこいって言うから…お弁当と…お茶買って…急いで帰ってきたら…誰もいなくて…待ってたけど何日も帰って来なくて…しくしくしく…』

代表 『…あっ…』

武装 『熱々だったデミチーズハンバーグ…冷たくなっちゃって…食べられなくなったから捨てなくちゃいけなくて…しくしくしく…』

代表 『あああ…武装くん、ごめん…』

ミラクル 『サイテーだな、代表』

代表 『あっ、ミラクルブソウマン…って、もう帰るの!?…非難しに来ただけかよ…』

武装 『しくしくしく…』

代表 『あっ、ごめんごめん!…実は東京に行っててさ…』

武装 『…ブログ読んでるから知ってますよ…行くなら何で教えてくれなかったんですか…しくしくしく…』

代表 『いや…ついうっかり…言わなきゃって思ってたんだけどさ…』

武装 『もういいですよ!うわーーんっ!!』

代表 『あっ!武装くん!武装くーーんっ!!

あぁ…俺は何て酷い事を…』

ミラクル 『サイテーだな、代表』

代表 『あっ、ミラクル…って、もう帰ってるし!

…ちきしょー、サイテーか…
そんなこた自分でも分かってるんだよ…』

洞木 『代表~~!』

代表 『…んっ!?誰っ!?』

洞木 『追いかけて!』

代表 『えっ??』

洞木 『女の子泣かせたのよ!?責任取りなさいよ!!』

代表 『…あぁ、洞木ってエ●ァンゲリオンの委員長か。
今のは『瞬間心重ねて』の時のセリフだっけ??

って、なんで急に委員長が出てくるんだよ。
思い付きにも程があるだろ。
武装くん、泣いてたけど女の子じゃねーし。

まぁそれはそうと、サイテーならサイテーなりに仕事はしなきゃな。

まずはやっぱり武装くんを追いかけて謝るか…

全然練習報告してねー(笑)』
プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード