fc2ブログ
2010-01-03(Sun)

僕の愛する仲間達

最近、友人知人の分類で悩んでいます。

例えば、キャラクターショー時代の後輩。

僕の方が先にチームに入って、わずかでも教える立場にいたのですから先輩後輩の関係ではあるのでしょう。

しかし、お互いにチームを離れて数年が経ち、かつての後輩達がそれぞれの場所で活躍している今、彼(彼女)らを総じて『後輩』と呼ぶのは抵抗があります。

やはり、
『かつては後輩だったけど、今は仲間(だったりライバルだったり目標だったり)
というのがしっくりきます。


昨日『安田桃太郎』君と飲んできました。

彼は僕にとって、
『かつて後輩だったけど、今は尊敬すべき俳優』
の1人です。

現在は東京を拠点に活動しているのですが、年末年始は福岡に帰ってくると聞いて、会えるのを楽しみにしていました。

何日に会うというような約束はしていなかったのですが、昨日の午後に
『今晩は空いてませんか?』
というメールをもらいました。

いきなりか!!
とは答えたものの、実はちょっと想定の範囲内でした。
彼からのお誘いはいきなりが多いのです。

久留米~福岡の距離や時間を考えると、あまり長くは話せません。
終電の時間があるからです。

よし!
お酒を飲むのはあきらめよう!(どうせ元々あまり飲まないし)
車で行けば終電を気にしなくていいぞ!!

・・・って事で、弟に車を借りて(僕は持っていないので)福岡に出発!!
武装でも度々お世話になっているコージーにも声をかけてみました。


久留米から福岡に向かう道中はかなり渋滞していて目的のお店に着いたのは20時前ぐらい。
店内に入ると、久し振りの桃太郎と、そんなに久し振りでもないコージーがいました。
僕は烏龍茶で乾杯!!
やはり一緒にショーをしてきた仲間との時間は格別です。

チームを離れた後、僕は武装を立ち上げて、桃太郎は俳優になり、コージーは海の上で働いています。
今回僕が一番聞きたかったのは、桃太郎がプロの現場で見てきたもの、感じた事。
もちろん僕もプロ意識を持ってショーに関わっているのですが、本当のプロの仕事にはまだ及びません。
それを経験し、その中で努力している桃太郎の話を聞く事は僕には大きな勉強なのです。

今はショーから離れているコージーも、ショーに対する熱は失くしていないし、いずれ復帰する可能性だってありますから、自然と話は過熱していきます。


しばらくして、同じくショーの後輩であるケンイチ氏が合流。
いつも飄々とした雰囲気を漂わせた男で、僕は彼のかもし出す空気感が大好きです。
途中コージーが一旦離脱したりしましたが、結局閉店時間の午前2時まで盛り上りました。

それぞれの現状はいい事ばかりではないけれど、こうして刺激し合い向上していけばきっと、もっと楽しく頑張れる状況を作り出せるハズ!!
そんな風に思えたし、頑張っている仲間達を見て
『僕も負けてられないぞ!!』
と奮い立たされたのでした。

桃太郎はこれからますます活躍していくと思いますし、僕が本当に尊敬している男なので、皆さんにも応援していただけたら嬉しいです。
ブログも読んでみて下さい。
役者の世界が垣間見えて面白いですよ♪
桃太郎のブログhttp://ameblo.jp/sumomomomomomomomotaro/

それにしても、本当に楽しかった♪
(楽しすぎてブログ用の画像撮るの忘れてた・・・仕方ないので1年前の忘年会での僕と桃太郎)
2008桃太郎

2010-01-02(Sat)

2010年最初の…

挨拶に続いて新年最初のブログなので、何を書こうか悩みますね。

せっかくおめでたいお正月なので、何か楽しい事を書こうと思うのですが…



ショーをやってて楽しい事は何か?

もしそう聞かれたら…

ショー経験者には分かってもらえるでしょうし、未経験者には知ってもらいたい。

ショーをやる事自体が楽しいんです♪


何年もこの世界にどっぷり浸かっている人ってのは、ハッキリ言って
『ショー中毒』
です。
ステージから離れられない呪いをかけられたようなものです。
そのぐらい楽しいんです。

ただ、これからショーの世界に入りたいと思ってる方に1つ言っておきたいのは、
楽しい=楽(らく)
ではないという事。

殺陣が中心のアクションショーだけではなく、ダンスやお芝居がメインのメルヘンショーも楽ではありません。
楽よりはむしろ『苦』だと思います。

えっ?ショーって苦しいの!?さっきまでと話が違うじゃない!!

と思ったあなた。
楽しい=楽
ではないように、
苦しい=楽しくない
ではないんですよ。

苦しんだからこそ楽しい事もあるのです。


まず苦しいのは練習。

僕はよく、
『えっ、ぬいぐるみって練習なんかやるの?(笑)』
と言われます。

僕らからすれば当たり前ですが、一般の方のイメージとは違うみたいですね。

これも僕がよく言われる事ですが、

『いいねぇ、楽な仕事で』
『子供と遊んで金までもらえるなんて世の中には羨ましい仕事もあるもんやね』
『そんな仕事俺でも簡単にやれるよ』



こう思ってる人達は殊の外多いみたいです。
だとしたら、子供と遊ぶのに練習なんか必要ないだろうと思われても仕方ありません。

一生懸命ショーをやってる人間からしたら噴飯ものの発言ですが、

『オマエ、そんなに言うんなら一回やってみろ!』

なんて怒ってはいけません。


世の中のキャラクターショーを2つに分けると、
『観客に「おぉっ!」と思わせるレベルのショー』

『観客に「おぉっ!」と思われないレベルのショー』
になります。

このどちらもが、一般の方に『遊んでいる』というイメージを植え付ける原因になっているのです。


まずは「おぉっ!」『思われない』ショーですが、これはアクターが未熟な為、遊んでいるように見られてしまいます。

そして「おぉっ!」『思わせる』ショーですが…


キャラクターショーって本当に過酷です。

何枚もの衣裳を重ね着して、暑い(熱い)・動きにくい・周りは見えない・息は出来ない。
それで日常生活ではありえないぐらい激しく動かなくちゃいけないのです。

このブログを読んでる方で、もしショーを経験した事がない人がいたら想像してみて下さい。

…8月、夏休みの昼下がり。
まだまだ日は高く、セミはうるさいぐらいに鳴いている。

テレビからは

『日中は出来るだけ屋外に出ないようにしましょう。こまめな水分補給を忘れずに』
というアナウンサーの声。

そんな中…

これからあなたが着るのはスキーウェアです。

上下をキッチリ着て、もちろん靴も手袋も装備です。

頭にはオートバイ用のフルフェイス・ヘルメット。
前面のゴーグルを開ける事は許されません。


さぁ
今から
30分間のランニングの始まりです。

時間内に装備をはずす事は出来ません。
スピードを落とす事もフォームを崩す事も出来ません。
時々ダッシュも挟んで下さい。

さぁどうぞ。
チャレンジして下さい。

よーい、スタート!


これがキャラクターショーです。

こういう書き方をしてはいけないと思いますが、ここ数年は穏やかな日常の最中に熱中症で亡くなる方がいるのです。
そんな時もキャラクターはそんな仕事をしているのです。

『遊んでいる』なんて言われたら
『おめぇ一度やってみろ!』
と言いたくなる気持ちも分かってあげて下さいね。


ではここからは「おぉっ!」『言わせる』ショーをやってる皆さんへ。

何故
『おめぇもやってみろ!』
と言ってはいけないのか?

それは、観客に『遊んでいる』と思わせたのは、あなたのプロの技術だからです。



ちょっと分かりにくいですね…


さっき説明したように、ショーは苦しいものです。

でもプロのアクターは、キャラクターのダメージを演じる事はあっても、素の自分の疲れを表に出す事はありません。

暑さ、
疲れ、
息苦しさ、
視界の悪さ、
動きにくさ、

それらをアクターが表に出してしまえば、観客は

『あぁ…中の人、大変そうだな…』

と思ってしまいます。
それでは観客は興ざめです。



そうです。
ハイレベルなアクターのショーからは、
『中の人の苦労』
が感じられないのです。

アクターが苦労してないように見えるから、ちょっと斜に構えた人達は

『あんなに楽しそうに仕事して子供達にキャーキャー言われて羨ましいな…』

と思っちゃうのです。
つまり、『遊んでる』って言われる事は、あなたの技術の確かさの証明でもあるのです。

だからどんなにイラッとしても、
『じゃあオマエ一度…』
って言葉は飲み込みましょうね。


さてここで、
『演ってる側の苦労話ばっかりしやがって!自分達が好きでやってる仕事だから苦労すんのも我慢すんのも当然だろ!』
って思った一般の方がいらっしゃるかもしれませんね。

そうなんですよ!
アクターはショーが大好きなんです!
大好きだから苦しくても楽しいんです!


苦しさを乗り越えて乗り越えて、その向こうにある子供達の喜びに出会う楽しさを知ってしまったんです!

苦しさを乗り越えて、成果を出せた自分に出会える事が楽しいんです!


ショーを楽しんで子供達の笑顔に会う為に努力を忘れない、2010年も、そんなヒーロー・ヒロイン目指して頑張っていきましょう!



最後にちょっとだけ毒を吐きますが…


キャラクターショーの世界に、苦労せずに人前に出たがるアクターがいる事を僕は残念に思います。

世の中には衣裳を着る事を生業にしてる人達がいます。
アクターというのは基本的に職人です。
どれだけスキルがあるのかだけで判断されてしまう、それは信用商売なのです。

1つの食品加工会社が不正をしたが為に、業界全体が信用を失う事があるように、スキルを身に付けないままのアクターがプロのアクターの信用を落とす事もあるのです。
引いてはそれがキャラクター業界の衰退を招く原因になるかもしれません。

キャラクターが好きで衣裳を着ている皆さん。
この業界全体を盛り上げる為にも、今年は更に頑張っていきましょう!

もちろん武装も皆さんの足を引っ張らないように頑張ります!



やっぱり楽しい内容にはならなかった…
今年も僕はこんな感じかもしれません…
2010-01-01(Fri)

2010

2010

あけましておめでとうございます!
昨年中は皆様に応援していただき、ご協力していただき、
アドバイスやご指導までしていただいて、
我らアトラクションチーム武装、有意義で実りある一年に
する事が出来ました。

今年は少しでも皆様に恩返し出来るように、そして更に活躍していけるように
努力していきたいと思います。
今まで以上にご迷惑おかけするかもしれませんが、変わらず温かい目で見守って下さればそれ以上の喜びはありません。

2010年、武装は活動を始めて3年目に突入します。
「忍者ライブショー さやか見参!」の企画が動き始めてからだと5年目です。
そろそろ一皮剥けた武装をお見せ出来るかもしれない・・・などと大きな事を考えてしまいます。

なんにせよ、また1年間、着実に前進出来るよう努力ですね!

武装は今年も元気に頑張ります!
応援よろしくお願いします!!

元気なさやか
プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード