fc2ブログ
2024-04-02(Tue)

子供に刺さるキャッチーさ


本日4月2日(火)はアトラクションチーム武装の殺陣教室です。

久留米市、県外の方はご存知でしょうか。

以前だと松田聖子やチェッカーズの出身地で通じましたが、もしかしたら若い方には通じないかもしれない。

最近だと誰が一番分かりやすい?吉田羊?芸人のこがけん?

まぁ福岡県の中核都市のひとつです。

そんな久留米で殺陣教室です。

石橋文化センターの近くで練習してます、で伝わる人は久留米近郊にお住まいの方かもしれませんね。

時間は18時〜21時、

未経験者歓迎・参加者募集中ですが要予約となってますのでお問い合わせいただけると助かります。

画像は2013年の春。久留米の練習室から桜を眺めて。
20130325練習前
11年前の織田先生と髙橋来人氏。

二人ともなんでそんなに不満げな顔なんだ。

今日もこの桜が見れるかな?

練習内容は主に刀を使った殺陣やヒーローアクションをベースにした素手のアクションなどです。

立ち回り(戦いのお芝居)が出来るように基本から練習しています。


子供の頃、一番好きだったヒーローってなんだろうって考えたら、

やっぱり「人造人間キカイダー」が思い浮かぶんですよね。

キカイダーの放送が始まったのは僕が産まれる数日前なので当然リアルタイムでは観ていません。

どこかのタイミングで再放送を観たんでしょう。

とにかく小さい頃からキカイダーの印象ってのは強く記憶に焼きつけられているんですよ。

改めて考えてみると、

・右半分が青、左半分が赤というカラーリング
・頭に透明のフード、機械がむき出し
・崖の上でギターを弾きながら登場
・乗ってるバイクはサイドカー
・「チェンジ!スイッチオン!ワン!ツー!スリー!」というマネしやすい変身
・不完全な良い心を持っている
・それゆえギルの笛を聞いて苦しむ
・脳みそむき出しのカッコいいライバルキャラが立ちはだかる

というキャッチーな要素がたくさん!!

こりゃ子供の脳裏に焼きつけられるわ!

石森章太郎先生をはじめとした制作陣のセンスに脱帽ですね。

数年前に落書きしたキカイダー。
キカイダー
スポンサーサイト



2024-04-01(Mon)

嵐、見参


明日4月2日(火)はアトラクションチーム武装の殺陣教室です。

福岡県久留米市にて18時〜21時。

場所は石橋文化センターの近くです。

未経験者歓迎・参加者募集中ですが要予約となってますのでお問い合わせいただけると助かります。


「変身忍者嵐」って特撮ヒーロー番組があるんですよ。

1972年放送だから僕と同じ歳ですね。

変身忍者嵐は特撮ヒーロー「時代劇」なんですよ。

時代劇風のヒーロー番組じゃなくてヒーロー番組風の時代劇。


石森ヒーローにハマってた中学時代。もう30数年前。

懐かしのヒーロー番組を観たいと思っても今みたいにYouTubeもなくDVDもなく、

再放送に期待をかけるかビデオテープを買うかしか方法がなくて、

買いましたよビデオ。

VHSのビデオテープのやつ。

当時のビデオは生産数が少なくて手に入らなかった!

嵐だから買えたけど(失礼!)キカイダーとかは買えなかったですもんね。

しかも当時のビデオ、1話から最終回まで順番に出るワケじゃなくて謎のエピソードセレクトで何巻か出るだけ。

そして高い!!

ちなみにこの1巻。
変身忍者嵐VHS

第1話、第14話に全予告編で8800円。

別に予告編が観たかったわけじゃないからキツかったなぁ。

元々興味が薄かったのに(失礼!)そんな感じだったので全然観る気がしなくて。

もしかしたら1回だけしか観なかったかも。

8800円もしたのに!!


まぁ当時は時代劇にも興味がなかったですからね、

なんか地味〜って思ってそれで終わってました。

ところが最近改めて観てみたんですよ変身忍者嵐。

そしたら中学時代と違って殺陣目線で観れるようになってたし時代劇への興味も出てきているので、

わりと楽しめました!

嵐の殺陣がカッコ良くて!!

スーツアクターは中村文弥さんかな?

大野剣友会の本領発揮って感じの、良い意味で「ヒーロー番組風の時代劇」。

ストーリーを追いかけるほどではないし全話予告編も観なくていいけど、

観るタイミングが変わったら感じ方も全然違うなーと思ったのでした。


そんなワケでササッと落書きしてみた変身忍者嵐。
変身忍者嵐イラスト

今回は落書きだけど、いつかきちんと下書きしてからきちんと描いてみたいな。

2024-03-29(Fri)

ランドといえば


昨日3月28日(木)は久留米での殺陣練習…の予定でしたが、他に参加者もいなかったし雨だったしで中止にしました。

その代わり自宅でストレッチや筋トレをしましたよ。

最近は剣殺陣よりも素手のアクションの練習に力を入れてます。

と言っても難易度の高い事ではなく、本当に基本の基本。
新人の頃に習った事を改めて練習しています。

股関節周りを痛めてから足が全然動かせなくなっていてそれをどうにかしたいのと、

やはり自分の原点はヒーローショーのアクション、特に素手のアクションなので1からやり直そうと思いまして。

ちょっと足を動かしただけで激痛が走ったりするのですが少しずつでも、少しだけでも改善出来たらいいな。


ちなみに4月の練習予定ですが

2日(火)18時〜21時 久留米
4日(木)19時〜22時 福岡
9日(火)18時〜21時 久留米
11日(木)19時〜22時 福岡
16日(火)18時〜21時 久留米
18日(木)18時〜21時 久留米
23日(火)18時〜21時 久留米
25日(木)18時〜21時 久留米
30日(火)18時〜21時 久留米

となってます。
参加希望の方はお問い合わせいただけると助かります。
未経験者歓迎です。


テレビでよくディズニーランド特集みたいのやってて、

ディズニー大好きなタレントさん達が盛り上がったり感動したりしてるのを見るとすごく羨ましく感じます。

僕はディズニー作品を観た事がないのでキャラクターを見てもほとんど誰なのか分からないんです。

キャラクターを知っていて、そして好きだったらテンション上がるだろうなぁ~、

自分だったらどんなキャラクターに会ったら感動するだろう?テンション上がるだろう?なんて考えたりして。

キャラクターが分かるのは特撮ものか…
特撮ものなら仮面ライダーランド…スーパー戦隊ランド…ウルトラ…

はっ!

そうか!!

ウルトラマンランドか!!
ウルトラマンランド

荒尾のウルトラマンランドは僕にとってのディズニーランドだったんだ!

だからあんなにテンション上がったんだな!
20130901ウルトラマンランド3

もう閉園して10年以上経つけれど、あの場所でもらった感動は忘れないなぁ。
20130901ウルトラマンランド2

2024-03-07(Thu)

白黒つけろ


久しぶりにDVDを借りて「ゼブラーマン」を観た。

宮藤官九郎の脚本はあまり好みじゃない事が多く、この作品でも苦手なところはあるが、

それでもすごく良く出来た作品だと思う。

設定、ストーリー、テーマ。

役者さん達が素晴らしいからなおさらだろうけど。

「ヒーロー」とはこういう事だよなぁって思う。

観るたびに泣く。


ちなみに「ゼブラーマン2」はあまり刺さらなかったので1回しか観てません。


今日は福岡での不定期殺陣練習。

今月最初で最後の福岡練習です。

今後開催するか分からないので1回1回を悔いなく練習しなければ。
20240215福岡

2024-02-17(Sat)

ヒーローについて語ると敵を作ってしまう


ヒーローとは何か?

これは僕の中での長年の課題です。



テレビの中のヒーローではなく、あくまで自分がオリジナルのヒーローを作ろうとするなら、ってだけの話ですよ。


が、これを語っても理解してもらえる事はほとんどないし、語れば語るだけ敵を増やすだけなのであまり語れません。

それでも、需要の無さを自覚した上であえて言うなら、

ヒーローは結果論

なんだと思います。

行動の結果ヒーローと認められる。呼ばれるようになる。

最初からヒーローとして誕生する事は出来ません。

チャンピオンと同じです。

チャンピオンは試合などの戦いで勝ち抜いて優勝したからチャンピオンです。

試合をする前からチャンピオンを名乗る事は出来ません。

「今大会で勝ち抜いて優勝したチャンピオンです!」

と紹介される事はあっても

「今大会に初参加で初めての試合という事ですが自信のほどはいかがですか?チャンピオン」

と紹介される事はありません。

ヒーローも同じで

「こういう活動が認められて世間からヒーローと呼ばれてますね!」

と紹介される事はあっても

「誕生したばかりですがこれからどんな活動をしていく予定ですか?ヒーロー!」

と紹介されるのはおかしな事です。

もちろん「ヒーローに相応しい活動をしていく予定だからその時点でヒーローに相応しいだろ!」って思われる方もいるとは思いますが。

チャンピオンと違って大会につき一人ってわけじゃないですしね、ヒーローは。

何人いたってかまわないのがヒーローです。

なのでこの「チャンピオン≒ヒーロー」という例えでは不足してるなぁと常々考えていて、

昨日自分の中でしっくり来る例えを思いつきました。

それは

「ヒーロー=徳」

というものです。

何かしらの徳を積んだ結果ヒーローとして認められるようになるのではないかという考えです。

人を助ける、人を喜ばせる、社会に奉仕する。それらは徳ですからね。
これなら自分の中のヒーローの定義も落ち着きそうです。

ただし、

徳というのは無自覚なものに限る

とも思っていて、

「さぁ、今から徳を積む為に良い事をするぞ〜!」

とか

「今日は良い事をしたな!これで俺の徳も爆上がりだ!」

なんて考えてたらそれは徳ではなくなってしまいます。

無自覚に当たり前に行動した結果、周囲が一方的に

「あの人ってヒーローだよな」

と噂する。

そのぐらいがちょうど良いと思うのです。

僕の好きな「Jeepta」の『理想郷』という歌に

「築き上げたその地位に気付きもせず形にとらわれない、たくまし人へ

高め上げた名声もかなぐり捨てて正々堂々立ち向かう、美し人へ」

という歌詞がありますが、

この「たくまし人」「美し人」こそがヒーローではないかと、

そんな風に思っています。

なのでなかなかオリジナルヒーローというものを作る事が出来ないんですよね僕は。










はいまた反感買った〜。
嫌われる〜。
プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード