fc2ブログ
2014-05-26(Mon)

小説・さやか見参!(235)

忍びの世界は綺麗事ではない。

心太郎は廟の前に座し、そんな事を考えていた。

山吹の里で最も高い場所に作られた、山吹流忍術の始祖が祀られている廟である。

辺りは静まり返っている。

丑三つも近い深夜である。

時折雲の隙間から月光が差し込み心太郎を照らす。

幼い心太郎は目を閉じている。

脳裏には、毒を飲んで自ら命を絶った音駒の姿が浮かんでいた。

生きていた頃の優しい笑顔の笑顔も浮かんでいた。

音駒を殺したのは自分だ、

心太郎はそう思っている。

守る事が出来なかったからではない。

いや、結果的にはそうなのだが…

確かに一角衆の企みを、血讐の謀を看破するのは難しい。

心太郎が及ぶ所ではない。

だが、山吹が動けば救えたはずである。

流派として動けば一角衆に数で押される事はなかったはずだし、頭領の武双、その弟である練武と不問であれば血讐の姦計を阻止する事が出来たはずなのだ。

だが、武双はそれを命じなかった。

こと幻龍組に関して、そして音駒の事に関してはさやかに一任し、その護衛は心太郎ただ一人と決められていたのである。

その理由は心太郎自身がよく分かっている。

さやかは知らぬ事なのだが、武双・練武・不問、そして心太郎の四人だけは分かっているのだ。

だから、

心太郎は、音駒を殺したのは自分だと思うのだ。

自分のこの宿命がなければもしかしたら…

いや、

人生に『もし』などありえない。

運命とは必然の積み重ねでしかないのだから。

音駒を失って、さやかは再び心を閉ざしてしまった。

せっかく光を取り戻したさやかの心は以前より更に深い暗黒に堕ちてしまった。

おそらく、いずれさやかは一角衆に戦いを挑むのだろう。

音駒の仇を取り、そして自分も死ぬ為。

イバラキに対してそうだったように、また復讐だけを拠り所にして生きようとするのだろう。

その全てが一角衆の狙いであるのに。

心太郎は音駒が本当に好きだった。

だから泣きたいぐらい悲しんでいる。

叫びたいぐらい怒っている。

だが、

心は不思議と落ち着いていた。

風のない草原のように。
波のない海のように。

『感情に動かされるべからず、感情を制せよ』

そんな極意が心太郎の心には、いや、彼の身体には刻み込まれているのだ。

心・技・体

それを極めし者は最高峰の忍びであるという。

心太郎は目を開いた。

同時に姿を見せた月がその目に光を与えた。

そして心太郎は立ち上がる。

心技体を極めた忍びが、自分の身体の中に居る事を確信して。
2014-05-18(Sun)

小説・さやか見参!(234)

音駒が自死する少し前である。


『にいちゃんしっかりしてよ』

そう言いながら、幼い灯火丸(ともしびまる)は、木の幹に縛りつけられた紅蓮丸の縄を切った。

さやかによって縛り上げられた紅蓮丸だったが、先を急ぐさやかに忘れられ、半日ほど放置されていたのだ。

『寝てる場合じゃないよ。僕が通らなかったらどうするつもりだったの』

灯火丸は、紅蓮丸を長兄とする炎三兄弟の末弟である。

この二人、年齢は十五も離れているが、どうやら灯火丸の方がしっかりした性格のようである。

寝ぼけていた紅蓮丸は覚醒するにつれて、自分が弟の前で醜態を晒している事を自覚していった。

『と、灯火丸!?なぜここに!?』

声がうわずっている。

『炎丸にいちゃんが捕まったって噂を聞いたんで、これからどうするか作戦会議しようと思ったんだけど、紅蓮丸にいちゃんと連絡が取れなかったから。だから探しに来たんだよ』

縄から開放された腕を回して紅蓮丸が立ち上がる。

『よくここが分かりましたね』

『にいちゃん、伝説の剣を見つけたんでしょ、何かでっかいやつ』

そう言えば、ちょっと前までその剣をふるって山吹さやかと戦っていたのだ。

『もちろん見つけましたとも』

縛られていた醜態を取り繕うように自慢げに答える。

『で、その剣はどこにあるの?』

『あぐっ』

紅蓮丸は言葉につまった。

戦いに敗れ、さやかに奪われてしまった、とは弟には言えない。

灯火丸は兄の顔色を見てさらりと流した。

『それはまぁいいや。でっかくて重い剣を持って移動してたんなら何か痕跡があるんじゃないかと思って調べたんだ。そしたら』

紅蓮丸は驚いた。

『ワタクシの移動の痕跡を見つけたというのですか?そんな馬鹿な。我ら炎一族、荷重に左右されるような訓練はしていないはず』

失態続きで説得力がないが、紅蓮丸の身体能力と術は一流なのである。

『もちろんいつものにいちゃんなら居場所を探し当てる事は出来なかったよ。でもその伝説の剣は持ってる人を操る魔剣だって聞いたからさ。魔剣に操られてるにいちゃんなら、もしかしたら本領発揮出来てないかもと思って』

『確かにあの剣を持つと、人を斬る事以外考えられなくなってましたね…』

操られていた時の事をうっすら思い出す。

『でもまぁ結果的に良かったじゃない。ここで会う事が出来て。明るくなったら人が通るかもしれないしね』

灯火丸が明るく言った。

おそらく兄は誰かに戦いで破れ、せっかく手に入れた魔剣を奪われたのだろう。

弟の自分がそれに気付けば、自尊心が異常に強い兄は傷ついて落ち込んでしまうだろう。

落ち込んだ紅蓮丸はかなり面倒くさいのだ。

ここは魔剣の事を気にしていないふりをしなければ。

灯火丸は出来た弟であった。

『とにかく!炎丸にいちゃんをどうやって助けるか作戦会議しようよ!紅蓮丸にいちゃん、行こう!!』

灯火丸の小さな身体が駆けていった。

紅蓮丸はその後ろ姿を見て、

『どうやらワタクシが魔剣を失った事に気付いていないようですね。ふふふ、やはりまだ子供、か』

と呟いた。

書いている作者すら痛々しく感じるほどの駄目な兄であった。
2014-05-17(Sat)

小説・さやか見参!(233)

断は無言で酒宴の席から外れた。

不機嫌そうに出て行く断を、血讐もダチュラも辻占の老人も誰も気に留めなかった。

それはそうだ。今回の作戦に断は何も貢献していない。

それどころかここ数年は大した役にも立っていない。

唯一命じられている『幻龍組の奥義を奪う』という任務もいまだ果たされていない。

相棒の封は姿を消した。

イバラキを狙った末の消息不明であるから命を落としたのかもしれぬと思うが、血讐は

『あのイバラキに女が殺せるはずがない』

と判断した。

結果、封は抜け忍として追われる事となった。

どうやら粛清隊が差し向けられたようである。

『つまらねぇ』

断はつぶやいた。

以前は戦いが楽しかった。

他人を騙し、出し抜く事に生き甲斐を見出す事が出来た。

だが、今はそれがない。

決して善人になったわけではないのだが。

(俺も年取ったって事か?)

いや、そうではない。

あの日、

イバラキの術により余命わずかを宣言された日からこの虚しさは膨れ上がっていったのだ。

断は一角衆の砦を出て山を歩いてみた。

そこで断は、

初めて空を眩しいと思った。

初めて風を心地良いと感じた。

初めて木々を美しいと思った。

そして、そう思えた事を、

なんだか悲しい、と思った。

こんな気持ちで生きていくのなら、

『戦って死んだ方がマシだ』

断は呟く。

どうせ俺の寿命はあと少しで終わる。

だったら、

『イバラキと刺し違えてみるか』

再び呟く。

自分に与えられたたった一つの任務に命をかけるのも悪くないかもしれぬ。

もし上手くいってあのジジイを喜ばせる事になったら腹立たしいが、それでもまぁいい。

最後に汚名を雪げたなら、それはそれでありだ。

断は自嘲気味な笑みを浮かべて、里に向かって歩き出した。
2014-05-09(Fri)

小説・さやか見参!(232)

作戦が成就した後の血讐の酒宴は長い。

断の前で血讐とダチュラが酒を酌み交わし始めてからすでにけっこうな時間が経っている。

その間、血讐は今回の企みのからくりを語り続けていた。


一角衆が大きな目的を果たそうとする時、その裏では必ずでは必ず血讐が糸を引いている。

これは初代頭領・赤岩の時からそうなのだそうだ。

圧倒的な力で押そうとする赤岩を、謀略に長けた血讐が参謀として補佐していたのだろう。

もちろん断も血讐の指示で動いている。

若き頃の幻龍イバラキ、くちなわを罠に嵌めた時も、ただ血讐の指示に従っていた。

だが、ほとんどの場合、血讐の下で働く者は「結果がどうなるか」を知らされてはいない。

血讐は作戦の子細・詳細を事前に明かしたりはしない。

誰がどう動くのかを命じ、その時期を指示するだけである。

手下は、何の為に動いているかも知らず、何が行なわれようとしているのかも分からないまま任務に臨む。

そして、その作戦が上手く運び成果を挙げた場合のみ、終了後に全貌を聞く事が出来るのである。

今まさに、血讐は数年がかりの企てについてダチュラと、そして座敷の隅でふてくされている断に話して聞かせているのだ。

『さやかはな、死んだ兄の為にも生きていかねばと、そう思ったはずじゃ』

隻眼の老人は愉快さを噛み締めるように呟いた。

『音駒のまっすぐな生き様を見て、自分にも新しい生き方が出来るかもと、そんな希望を持ったはず』

杯を空ける。

すかさず女達が新しい酒を注ぐ。

『あの娘、山吹さやかはな、何かに依存せねば生きてゆけぬのよ。幼き頃より兄を慕い、兄に依存しておったゆえな』

ダチュラが杯で唇を湿らせる。

『それで今度は音駒を依存の対象にしたってわけか』

『いかにも』

血讐が満足げに頷く。

『自分にも音駒のような生き方が出来るかもしれぬ、そうやって生きてみたい、さやかはそんな希望を抱いたに違いない』

『で、希望が膨らんだ所で音駒を殺すと』

そう言われて血讐は片方の眉を上げた。

『殺したのではない。自ら死んだのだ。自ら死ぬよう仕組んだのだ。他者に殺されたのではさやかの心を砕く事は出来ぬ。死んだ許婚の為に生きると誓い、実際に必死で生きていた音駒が、その己の生き方を否定して死ぬ。なればこそ山吹さやかの心に生まれた希望も潰えるのじゃ。兄の為に生きるなど誤りであったのか、やはり兄の為には自分も死ぬしかないのか、とな』

そう言うと血讐は杯を置き、二度手を打った。

その音を合図に襖が開き、柔和な顔の老人が姿を見せた。

『血讐様、お久しゅうございます』

『入るが良い。ともに飲もうぞ』

老人は、血讐とダチュラと円座を組むような形で腰をおろした。

ダチュラは横目でちらりと老人を見ると、

『あぁ、これはこれは、巷で話題の』

と言ってにやりと笑った。

血讐は老人の杯に酒を注ぎながら

『そうよ、この者の働きこそが最後の一手だったのだ』

『いやいや、わしは何もしておりませぬ。全ては巷の噂のおかげ。その噂も全て血讐様が流布させて下さったものなれば』

老人は頭を下げた。

この老人は様々な声色を使い分けるという術を体得した一角衆の忍びである。

そして世間では、謎の辻占として知られている老人であった。
2014-04-30(Wed)

小説・さやか見参!(231)

音駒の命を救い、生きる標を与えた男、

もう既にお分かりであろう。

音駒の師・だつらこそ、一角衆粛清隊・剣のダチュラだったのである。

ダチュラは恩師として音駒に

『大切な人が望まぬ死を遂げたならば、残された者は死んだ者の分まで生きねばならぬ』

と言い続けてきた。

それが音駒の信念となるように。

その信念こそを生きる理由とするように。

その信念の為に生きるようになったなら、後は信念を剥ぎ取ってしまえばいい。

生きる理由がなくなれば今度こそ自らの命を絶つだろう。

それこそが一角衆の目的であった。

いや、

正確にはそうではない。

一角衆の目的は、音駒と山吹さやかを親しくさせた末に音駒を自死させる事であった。

山吹さやかは兄の死によって心に大きな傷を作っている。

生きる理由を見失い、ただ幻龍イバラキを倒して死ぬ事をこそ願っている。

そのさやかを更に追い込むにはどうすれば良いか。

一度希望を与えるのだ。

さやかが失った喜びや幸せ、生きる希望を与えて、改めてそれを奪えばいい。

二度目の傷は深い。

少女の心をえぐるにはうってつけの作戦と言えた。

そこで音駒とさやかを接触させた。

血讐はまず、幻龍組の忍び達が潜む人里離れた林を見つけ出し、そこに天狗が出るという噂を流した。

いずれ山吹は噂を聞きつけて探りに来る。

イバラキの動向に敏感になっている時期だけに、十中八九さやかが出向いて来る。

後はいつ山吹が来ても良いように、その林の先に病人役の手下を住まわせ、その道を毎日音駒に通わせれば良い。

二人が出会ったならばそこを幻龍に襲わせる。

幻龍が襲わねば血飛沫鬼達に襲わせても構わない。

とにかくさやかに手傷を負わせ痛めつけるのだ。

医者である音駒は必ずさやかを助けるだろう。

そして、生きる糧を与えるだろう。

ダチュラによって刷り込まれた

『大切な人が望まぬ死を遂げたならば、残された者は死んだ者の分まで生きねばならぬ』

という言葉を。
プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード