fc2ブログ
2012-02-29(Wed)

小説・さやか見参!(145)

さやかと心太郎は、走っている間に何度か爆発の振動を感じた。

山全体が揺れているように思えるが、さやかは迷う事なく山を駆け下りて行く。

『さやか殿!どこに行くっシュ!?』

『そんなの、爆発の場所に決まってるでしょ!』

『どこか分かってるっシュか!?』

『分かんないの!?麓の辺り!ゆっくり東の方に移動してる!』

『さすがっシュね』

僅かな揺れから場所を特定したのか微かな火薬の匂いで分かるのか。

これがさやかの忍びとしての顔だ。

麓に下りると数ヶ所から煙が立ち上ぼっていた。

『ここが一番最初に爆破された所ね』

二人は走りながら煙の奥を覗き込む。

固い岩盤が粉砕されて穴が穿たれている。

三尺程えぐられているだろうか。

『何の為の爆破っシュかね』

東に走ると次の穴が煙を吹き出していた。

粉砕された岩の破片が辺り一面に転がっているが、さやかと心太郎はつまずく事もなくすいすいと走り抜ける。

水面をも走る忍びならではの技だ。

三つ目の爆破跡を過ぎた所に一際大きく、奥の見えない程深い穴があった。

坑道だ。

今の爆破で作られたのではなく、元々この鉱山で使用されていたものだろう。

坑道を過ぎるとまた爆破跡が二つ。

そして、

ずううん、とも、どおおん、ともつかない爆音が響いた。

近い。

爆破の主はそこにいる。

『坑道が崩れちゃうじゃない!こんな事するのは一体誰よ!』

さやかが走る。

『例の宝探しっシュかね!?』

心太郎も走る。

『それはないでしょ!?そーゆー奴は、もっと謎をちりばめて、最後の最後にようやく姿を現すもんよ。こんな所で派手に正体を明かすような単純な奴じゃないわよ!』

『確かに…』

最後の煙が見えた。

『もし謎の宝探しがそんな単純な奴だったら、がっかり…』

さやかが立ち止まる。

煙の向こうに人影が見えたからだ。

『がっかり、しちゃうわ』

現れたのは、全身赤で覆われた男だった。

赤い鉢金、赤い頭巾、赤い着物に赤い甲冑。

『ん?なんだぁ?小娘!』

粗野な口調である。

『こいつが、炎を操る、謎の宝探し…かしら…』

さやかが呟く。

明らかにがっかりした様子だ。

『さやか殿、まだこいつが宝探しかどうか分かんないっシュ』

心太郎が慌てて耳打ちした。

『小娘!小僧!よォ~く聞け!俺様は炎一族の炎丸様だぜぇ!ここに眠るお宝は、俺様がいただいてやるぜぇ!』

炎丸と名乗る男は掌から炎を燃え上がらせた。

炎に照らされたさやかと心太郎の顔は、


呆れている。

完全に呆れている。

『がっかり…っシュね…』

心太郎も呟いた。

謎の宝探しの正体を探ろうと意気込んで乗り込んできたのに…

何日かけても必ず!…と張り切っていたのに…

こんなにすぐに現れるのか。

しかも派手に。

正体も目的も、調べるまでもなく自分から明かしている。

自己顕示欲の塊か。

『はあぁーっ』

さやかと心太郎は同時にため息をついた。
2012-02-28(Tue)

小説・さやか見参!(144)

南の山を越えたさやかと心太郎は、のんびりと半日かけて北の鉱山へ辿り着いた。

移動に時間をかけたのは金丸という土地と、そこに暮らす人々を見ておきたかったからだ。

いざ有事の際、天の利、地の利、人の利というものは殊の外運命を左右する。

そして忍びとは、常に有事を視野に入れて行動する。

何の知識もなく金丸に入ったさやかは、少しでもこの土地の事を知っておきたかった。

『ほんとね。南と北じゃ全然違う』

山中にあって田畑に恵まれている南の山と、固い岩盤ばかりの北の山では風景ばかりか空気まで違う気がする。

『でもおいら、こっちの山も嫌いじゃないっシュ』

『そうね。私も嫌いじゃないわ。っていうか、けっこう好きよ。まだ町の方は分からないけど』

さやかと心太郎は南の山から平地を縦断し北の鉱山にやってきたのだが、その間に目にした風景には常に人々の普通の営みがあった。
農民や樵、猟師、みんなが穏やかに自分達の仕事に取り組んでいた。

子供達は遊び回り、子守りや洗濯をし、時に母親に叱られて泣いている。

そんな光景にさやかはほっとしていた。

この殺風景な鉱山とて例外ではない。

ここでは岩を砕き鉄を製する職人達が集落を作っていた。

言葉は荒々しいが殺伐としたものではない。

人々が普通に暮らせる世界、

これが平和というものなのだろう。

だとしたら、兄・山吹たけるが願った世界とはこういうものなのだろう。

(自分達が一生懸命に、死ぬまで戦い続ければ、世界を変える事が出来る)

そんな兄の言葉を思い出し、さやかは少し涙ぐんだ。

普通の人々が普通に暮らす、

そんな当たり前の事さえ、命を捨てねば叶わない世界なのだ。

自身の権力に執着する者、
財力・物欲に溺れる者、

力を誇示したがる者、

そんな連中がいる限り本当の平和は訪れない。

いつか必ず、兄が求めた世界を実現させる。

さやかは改めて誓った。

だが…

いつの時代も、どんな世界でも、他者を虐げ自己を満足させようとする輩は存在する。

それを、たかだか自分の命で変える事が出来るのか?

さやかは不安になった。

そして道中で見た金丸の子供達を思い出す。

笑顔で走り回っていた。

一生懸命に親の手伝いをしていた。

叱られてわんわん泣いていた。

笑っていても泣いていても、それは幸せな生活の範疇だった。

もし、あの子供達が、本当の悲しみの中で涙を流すような世界になったなら、

あの子達が理不尽に命を落とし、両親が絶望する世界になったなら、

さやかは強い重圧を感じた。

出来るのか?自分に。

『みんなが笑顔で暮らせる世界を作る』

そんな大きな目標を、

『その為に一生懸命、死ぬまで戦い続ける』

それだけで叶える事が??

(お兄ちゃんは何て大きな理想を掲げていたのだろう)

さやかは亡き兄に思いを馳せた。

兄もこんな重圧を感じていたんだろうか。

そして

(そんな大きな目標を、私は何て簡単に引き継いでしまったんだろう)

と思った。

後悔ではない。

後悔ではないのだが…

さやかはちらりと心太郎を見た。

何故か心太郎の意見を聞いてみたくなったのだ。

さやかが口を開こうとした瞬間、心太郎が振り返った。

『さやか殿』

『えっ?』

心太郎が耳をすました。

さやかも意識を集中する。

おおおおおん

かすかにだが山が唸り、空気を震わせていた。

『なんシュかね』

心太郎がゆっくりと辺りを見回す。

『この音は、爆発よ』

そう言うが早いか、さやかは走り出した。

一直線に、

山の麓に向かって。
2012-02-25(Sat)

小説・さやか見参!(143)

金丸藩の領地はかなり広い。

とはいえ、栄えているのは小さな城の周りだけでほとんどは山である。

予定通り、1日半で金丸に入ったさやかは驚いた。

というか呆れた。

『山しかないじゃない』

『領地の半分は山らしいっシュよ』

心太郎がのんきに答える。

『こんなに山ばっかりじゃ人が住めないんじゃない?』

『山で暮らしてる人達もけっこういるらしいっシュよ。土地が肥えてるし水源もあるから、斜面を削って田んぼや畑を作ってるみたいっシュ』

『そうなんだ。意外にいい環境なのね』

『それとね』

心太郎が歩きながらくるりと振り返る。

『北の山には神話だか何だかが言い伝えられてるらしいっシュ』

2人が歩いている山は金丸の領地の南側に位置する。

間に平地や川を挟んで北側には別の山脈が連なっているのだ。

『神話?』

『そうっシュ。この山と向こうの山では…』

『ちょっと待って心太郎』

偉そうな口調で語り始めた心太郎をさやかが制した。

『どうしたっシュ?』

『あんたがこんなに詳しいわけがないわ。不問叔父様の受け売りでしょ!』

さやかが心太郎をびっと指差した。

先ほどから完全に聞き手に回っている自分がもどかしくなり逆襲を仕掛けたのだ。

まるで子供のような反抗心である。

しかし心太郎は、それをするりと躱し、何食わぬ顔で、

『当たり前じゃないっシュか。おいらここに来るのは初めてっシュよ。昨日の夜、不問様が詳しく教えてくれたっシュ』

とそっぽを向いた。

受け流されると自尊心が傷つく。

本当にただの子供、しかも駄々っ子である。

『な、なによ~!まるで自分の知識みたいに偉そうに語ってたくせに~』

さやかが食ってかかる。

『続けていいっシュか?この山と向こうの山では地質が全然違うらしくて…』

完全にさやかの一人相撲だ。

機嫌が良い時のさやかをからかうのは面白い。

さやかが偶に見せる子供のような顔が心太郎は好きだった。

ふくれっ面のさやかを見て心太郎はくすりと笑う。

『こっちの山は土地が肥えてるから作物が育つけど、北の山は駄目みたいっシュね。全然駄目』

『駄目、というと?』

『鉄っシュよ、鉄。向こうの山は鉄を含んだ岩がゴロゴロしてるらしいっシュ。高陵山みたいなもんっシュ』

『あぁ』

さやかとイバラキが十年ぶりに再会したのが高陵山である。

あの岩だらけの山でイバラキは特殊な鉄を採り、鋼鉄の義手を作ったのだ。

『いわゆる鉱山なわけね。それで?』

『この国が生まれた頃、そこには神様が住んでいて、山の土からきらきら輝く鏡を作っていたって神話が残ってるみたいっシュね』

鏡、

神様が作った鏡。

『その鏡は選ばれし者に不思議な力を与えてくれるって伝説があって、今でもこの辺りに眠ってる…と言われている…らしいっシュ』

『受け売りらしい曖昧な情報ね』

さやかは先ほどの仕返しとばかりに冷たくあしらった。

しかしこれで分かった。

炎を操る謎の宝探しは、その鏡を見つけようとしているのだ。
2012-02-24(Fri)

小説・さやか見参!(142)

不問の屋敷を出たさやかと心太郎は、帰るべき山吹の里とは反対の方向に向かって歩いていた。

これには理由がある。

『さやか殿、おいらはこれから金丸藩に向かうっシュ』

屋敷を出てすぐ、心太郎がこう言ってきたのだ。

『えっ?金丸藩って山吹の里とは反対方向じゃない。それにけっこう離れてるわよ?』

『夜になったら走るっシュから、そんなにかからないっシュよ』

それでも1日半はかかるだろう。

『さやか殿も来るっシュか?』

『一体何しに行くのよ』

『実はおいら、不問様から密命をいただいたっシュ』

心太郎は得意気だ。

『密命?』

『はいっシュ。実は金丸藩にはお宝が眠ってるって噂があって…』

『それ聞いた事あるわね。ただのお宝じゃない、とっても不思議なものが金丸藩にはあるらしいって。でも噂でしょ?それを探しに行くのが密命なの?あんた、不問様にからかわれたんじゃないの?』

『そうじゃないっシュよ。宝探しは忍びの本分ではないっシュ。実は…』

『なによ』

『そのお宝を探して、藩内を怪しい奴がウロウロしてるらしいっシュ』

『はぁ?なにそれ』

さやかは呆れた顔をした。

あるかないかも分からない宝を探す怪しい人物。

それを取り押さえようとでもいうのか。

わざわざ忍びが出張る必要があるとは思えなかった。

『そいつを捕まえに行こうってんじゃないわよね』

『捕まえるかどうか分からないけど、正体を掴むのがおいらの役目っシュ』

『ちなみに、相手は何人なの?』


『分かってるのは1人だけっシュ』

さやかは大きなため息をついた。

『そんなの、お役人に任せときなさいよ』

『だって怪しい奴っシュよ?』

『そもそも宝探しなんてみんな怪しい連中でしょ』

『お役人には無理なんシュよ』

『どうしてよ』

『その宝探し、炎を自在に操るらしいっシュ』

心太郎の答えが想像を超えていたので、さやかの思考が一瞬止まった。

『…えっ?』

『念じるだけで辺りが火の海になる、口から火を吐く、手足から炎を飛ばす、そんな奴、お役人にどうにか出来るっシュか?』

『出来…ないわね…でもそんな話信じられないわ』

『そいつを捕まえようとした金丸藩のお役人が何人も大火傷させられたらしいっシュよ』

『…』

なるほど。それで金丸から不問の所に相談があったという事か。

そのような妖しい術を使うならば並の人間では太刀打ち出来まい。

我ら忍者でなければ。

『分かった。私も行くわ』

『そう言ってくれると思ったっシュ!』

『でもあんた、これ、不問様からの密命でしょ?私にとはいえ、こんなぺらぺら喋って良かったの?』

『不問様が、さやか殿には話していいって。さやか殿ならきっと“自分も行く”って言い出すはずだからって』

お見通しか。

さやかは悔しそうに不問の屋敷を眺めて、

『不問の叔父様、本当に油断ならない男ね』

と呟いた。

こうして2人は山吹の里とは反対の方向へ歩き出したのである。

さやかは心太郎の後ろを歩きながら、ぼんやりと

(音駒との再会はまだまだ先になりそうだなぁ…)

と考えていた。
2012-02-22(Wed)

小説・さやか見参!(141)

数日後、

傷が癒えたさやかは心太郎と共に不問の屋敷を出る事にした。

『すっかり長居してしまって、不問様にはご迷惑をかけてしまいました』

深々と頭を下げるさやかに、不問は相変わらず軽く笑った。

『何度も言うが、全然迷惑などしておらんぞ。怪我をした姪っ子の手当てをするのが何の迷惑なものか』

『しかし、山吹の忍びとして…』

言いかけたさやかを不問は笑いながら一喝する。

『馬鹿者。忍びだからこそ怪我もするんだろうが。そこらで畑仕事をしてる普通の娘が度々大怪我しておったらそっちの方が不思議だ』

心太郎が間抜けな声で

『なるほど』

と相槌を打つ。

『さやか』

突然呼ばれて、うつむいていたさやかは顔を上げる。

『は、はい?』

『おまえ、珍しく緊張していないようだね』

『え?』

『たけるが死んでからこれまで、おまえは私と会う度に緊張していただろう。ところが今は緊張してる様子がない』

さやかは呆気に取られた。

そんな事、今は全く考えていなかったからだ。

確かに、これまでは不問に会う度に緊張していた。

どう接していいか分からなかったからだ。

父・武双や、もう1人の叔父・錬武の持つ張り詰めた空気。

それを持たない不問はどちらかと言うと苦手だった。

さやかは自分の心を探ってみる。

言われてみれば本当に緊張の色は見られない。

驚いて顔を上げたさやかに不問はにんまりと笑顔を作った。

『おまえはね、たけるが殺されてから、ずーーっとぴりぴりしてたんだよ。山吹を継がなきゃいけない、かたきを討たなきゃいけない、だから気を抜いちゃいけないって』

そうかもしれない。

『ぴりぴりしていたいから兄上達みたいな厳粛な人達といると落ち着くんだな。嫌でもぴりぴりするから』

そうかもしれない。

『ところが私ときたらこの調子だからね。ぴりぴりの“ぴ”の字もない。さぞや付き合いづらかった事だろう』

『そ、そんな事は』

『いいんだよ本当の事なんだから。でもね、今のさやかはぴりぴりしてない。だから私といても緊張しないし心太郎とも仲直り出来たんだよ』

さやかと心太郎が気まずかった事を何故知っているのか。

さやかは心太郎を見る。

心太郎は首を横に振った。

(おいらは言ってないっシュ)

という事だろう。

どうして、と言いかけたさやかに不問は

『ここに来る道中、何か良い事があったんだね。心を解きほぐすような何かが』

と言った。

さやかの脳裏には、音駒の屈託ない笑顔が浮かんだ。

はっと気付くと、不問はにやにやしながらさやかの顔を見ている。

脳裏の音駒を覗かれた気がしてさやかは赤面した。

『何があったかは別にいいさ』

追求されないと逆に全て見透かされてる気がしてしまう。

『さやか、おまえはこれから山吹を継ぎ、厳しい任務をこなしていかなければならない。その中ではぴりぴりする事の方が多いと思う。おまえは私と違って真面目だからね。でもね、今みたいな緩やかな気持ちも大切にしなさい。自分の中にはこんな穏やかな感情もあるんだって忘れないようにしなさい。分かったね』

不問は優しく、そして珍しく真面目な口調だった。

『はい』

さやかも素直に真っ直ぐに答える。

『道中気をつけてな。兄上や里の者達にもよろしく』

そう言って立ち去る不問に、さやかと心太郎は頭を下げた。
プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード