fc2ブログ
2012-03-24(Sat)

小説・さやか見参!(155)

鳥飼の様子は確かにおかしかった。

さやかと心太郎は自分達を、行商に出た父を探しにきた兄弟という事にして人々に話しかけてみたのだが、その誰もが二人を邪険に扱った。

唯一の例外もなく、である。

特に何かをするわけではないが、邪魔者を見るような目で二人を見た。

最小限の事しか話さず、出来るだけ早く厄介払いをしたいという態度が見て取れた。

もしかすると余所者に対し排他的な土地柄なのかとも思ったが、どうやら違うようである。

同じ町の中、同じ村の中でも、
いや、同じ家に住む家族同士であっても互いの態度は変わらなかった。

自分以外の者は全て敵であるかのような、そんな雰囲気が藩全体を支配していたのだ。

『嫌~な雰囲気っシュね』

眉間に皺を寄せる心太郎に、男装のさやかが答える。

『ほんとね。金丸侯の話だとちょっと前まではこんなじゃなかったみたいだけど…一体何があったのかしら』

話している二人の前を、人の良さそうな老人が通り掛かった。

心太郎が駆け寄る。

『あの~、おいら達おとうを探してあの山の向こうから来たんシュけど…』

話しかけると、老人は心太郎の言葉を遮るように

『知らん』

と短く言った。

『そんなぁ。もっとちゃんと聞いてくれても…』

『しばらく余所者は見とらん』

『おとうが仕事に出たのは半年ほど前っシュ』

『見とらんと言うたら見とらん。この半年の間に見た余所者はおまえ達だけじゃ。分かったらさっさと行ってくれ』

老人はまるで犬でも追い払うように手を振った。

心太郎は頭を下げると

『分かったっシュ。ありがとうっシュ』

と言って、さやかと共にその場を立ち去った。

『やっぱりっシュね』

『そうね…』

さやかはしばらく考えてから

『ねぇ、城下に行ってみようか』

城の周りなら藩士がいる。

この状況で体制側がどうなっているのかを見てみたかった。

そうして二人はお城を目指して歩いた。

鳥飼の城は領地のちょうど真ん中辺りにあるので、さやかと心太郎がその姿を見つけるまでさほど時間はかからなかった。

『あそこに金丸侯の兄上がいるっシュね』

金丸の城も大きくはなかったが、こちらは支藩に相応しく更に質素な印象だ。

あの中で一体なにが起きたんだろう。

さやかは考える。

善政をもって知られる金丸侯が慕う兄。

すぐれた才覚と人徳を併せ持つ男。

その兄が変わってしまったと金丸侯は言う。

ならばこの藩の異様な雰囲気も、藩主の変化に端を発しているのかもしれない。

段々と城の姿が大きくなり、行き交う人達の数も増えてきた。

ぐるりと見回した心太郎の目には、様々な身分、様々な立場の者達が映っている。

『けっこう人出があるっシュね!』

侍、町人、町娘。

露店もあれば荷を引いて商売している者もある。

一見、普通の光景だ。

だが…

『でも…これは“賑わってる”とは違うっシュよね…?』

心太郎は困惑しているようだ。

確かに人の姿は多い。

物の売り買いもあれば茶店に客もいる。

しかしその誰もがほとんど口を開かないのだ。

常に周囲を警戒し、目の前の相手を敵視しているような、

そう。
現在この藩を支配している殺伐とした空気は城下町とて例外ではなかったのである。

十手持ちや藩士達は明らかに町の人々を監視していた。

しかし監視している者同士とて互いを警戒している事に変わりはないようだ。

『さやか殿、これは…』

異様な雰囲気に耐え兼ねて心太郎が呟いた。

『シッ』

さやかが制する。

心太郎は言葉の続きを飲み込んだ。

『ここからは慎重に行きましょ』

さやかは何気ない顔で、口を全く動かさずに喋った。

隣の心太郎にだけ聞こえるぐらいの小さな声だ。

『姿は見えないけど、この町を更に監視してる連中がいる。しかもけっこうな数』

『えっ』

心太郎も表情を変えず周りの気配を探ってみた。

言われてみれば確かにうっすらと気配を感じる。

さやかと行動を共にしているせいで低く見られがちだが、心太郎は忍びとしてかなりの手練れである。

その心太郎に気配を感じさせなかったのだから、町を監視している連中がただ者でない事は明らかだ。

『さやか殿』

さやかにしか聞こえない声で囁く。

『もしかすると、忍び…』

さやかは注意を払いながら、敢えて心太郎から顔を背けて

『かもね』

とだけ答えた。
2012-03-20(Tue)

小説・さやか見参!(154)

『はぁぁ~っ』

さやかが深い溜め息をついた。

『どうしたっシュ?金丸藩の件も落着したっていうのに』

『何でもないわよ』

『変なさやか殿』

心太郎が呆れたような態度でさやかを追い抜いて歩いた。

二人は鳥飼藩へと向かっている。

『はぁ、まさかこんな事になるなんてね』

『藩主様直々に頼まれたら断れないっシュよね。こっちの頼みも聞いてもらったし』

『それは当然の報酬でしょ。私達は金丸を騒がせてた犯人を捕まえた上に伝説のお宝まで見つけてあげたのよ』

『まぁそれはそうっシュけど』

『はぁっ…』

さやかは再び溜め息をついた。

『もうっ。そんなに嫌なら断れば良かったっシュよ』

『だって…藩主様直々に頼まれたら断れないじゃないのよ』

『だから、さっきそれ言ったじゃないっシュか』

金丸侯は、鉱夫達の保護と焼かれた村の再建をさやか達に約束した後、人払いをしてこう話し始めた。

『偵察、という程でもないのだが…この金丸の隣、東の鳥飼の様子を見て来てはもらえないだろうか』

『鳥飼の?』

『うむ。…いや、これは命令ではないぞ。その方らは私に仕えておるわけではないからな。あくまで個人的な頼み事として聞いてくれ。もちろん断ってもかまわん』

『とりあえず、お聞きします』

『すまんな』

藩主はさやかと心太郎の近くに座り話し始めた。

金丸の東隣に位置する鳥飼は、金丸の支藩だそうである。

その藩主は金丸侯の腹違いの兄なのだそうだ。

『父は違えど、同じ母を持つ兄弟なのだ』

そう話す金丸侯はどこか嬉しそうだった。

きっと兄の事が好きなのだろう。

さやかは少し、たけるの事を思い出した。

『兄は優秀な男だったが、父の血を引く私が生まれた以上この藩を継ぐ事は出来ぬ。
哀れに思った父は領地を広げた際、兄の為に支藩を設けた。それが鳥飼なのだ』

『それを偵察って…どういう事っシュか?』

『まぁもう少し聞いてくれ』

心太郎が姿勢を正す。

この後の話によると、金丸侯の兄は人格・才覚ともに優れた人物で、金丸の安寧にも貢献していたそうである。

町で暮らす者と山に暮らす者の生活格差を考慮した年貢徴収を考案したり、従来行なわれていなかった産業を興してみたり、とかく私利私欲のない人物であった、と腹違いの弟は褒めちぎった。

『当然その兄が治める鳥飼も、この金丸に負けぬほどの素晴らしい藩であった。
…少なくとも半年前までは』

『半年前、まで?』

『何かあったのですか』

藩主は顔をしかめた。

『いや、ここからは確証のない話なのだが…』

歯切れ悪く言いよどむ。

よほど話し難い内容なのか。

『金丸と鳥飼はまさに兄弟同然の交流があったのだが、半年ほど前から、何やら兄の様子が変わった気がしてな。私が会いに行っても不在を理由に追い返される事が多くなった』

『本当に出かけてるんじゃないっシュか?』

『そうかもしれん。だが時折面会叶う事があっても態度がよそよそしいのだ。私の話に素っ気なく相槌を打つばかりで、肝心な話など何も出来ぬ』

『お身体の調子がよろしくないとか』

『兄の様子がおかしいだけならそうかもしれん。だが、家臣や藩士、果ては町民村人までが皆そうなのだ。藩の者達がこぞっておかしくなる偶然などあるだろうか』

『確かに…それは不自然かも…』

さやかがちらりと見ると心太郎もうなずいている。

『鳥飼の者達は皆、警戒しているというか、疑心暗鬼に囚われているというか、とにかく敵意に満ちた目をしている。そのおかげで今の鳥飼には殺伐とした空気が漂っておるのだ。このままにしておけば治安が乱れ良くない事が起きるやもしれん。しかし原因が分からなければ手の打ちようがない』

藩主はさやかと心太郎に膝を寄せた。

『そこでだ、鳥飼の様子をその方らに見て来てほしいのだ。手練れの忍びなら何か掴む事も出来よう。さやか、心太郎、頼む』

『いや、それは…』

さやかと心太郎は戸惑った。

いきなりそんな事を頼まれても、話を聞いただけでは自分達に何が出来るか分からない。

『それは、とりあえず実際に見てみないと…』

さやかが呟くと、金丸藩主の表情がパァッと明るくなった。

『そうか!行ってくれるか!かたじけない!』

さやかは内心(しまった)と思った。

うかつな返事をしてしまった。

『かたじけない!恩に着る!』

もう今さら断れない。

『何か必要なものがあったら何でも申し付けてくれ』

さやかは自分に呆れたが、それを表に出さず、

『かしこまりました。金丸侯、お任せ下さい。すぐにでも発ちますので、幾許かの金子を用立てていただけますか』

と言った。

『おぉ、容易い事じゃ』


こうして二人は鳥飼に向かったのだ。

つまり心太郎が言うように、さやかは溜め息なんかつける立場ではないのだ。

だがやはりさやかは

『はぁぁ~っ』

と気乗りしない様子である。

『さやか殿、そんなに溜め息つくほどの仕事でもないっシュよ』

『分かってるわよ』

さやかはとぼとぼと歩いた。

さやかの頭に引っ掛かっているのは、再会を約束した音駒の事であった。

こうしている間にも音駒は林の先に住む患者の治療を終えてしまうかもしれない。

そうすればもう、約束の場所であるあの林付近を音駒が通る事はないだろう。

そうなれば…

(約束を破った私を音駒さんは軽蔑するかもしれない)

さやかはうつむいた。

このまま会えなかったら音駒に嫌われてしまうかもしれないという不安がさやかに溜め息をつかせていたのだ。
2012-03-17(Sat)

小説・さやか見参!(153)

『ちょっとあんた、起きなさいよ』

さやかは気を失っている炎丸の脇腹を爪先で小突いた。

だが炎丸は目を覚まさない。

たかが水されど水、

空から降った莫大な量の水は、直撃した者に恐ろしい衝撃を与えたに違いなかった。

『起きないわね…』

さやかは溜め息をついた。

しかし何かひらめく所があったらしく、すぐに

『あ、そうだ!』

と嬉しそうな顔をした。

それからしばらく後…


寒さと痛さで目を覚ました炎丸は、己の置かれた境遇を認識するのにしばらく時間がかかった。

山吹さやかを苦しめ、村人を焼き殺さんとした非道の宝探し・炎丸は、

褌以外の装備を全て剥ぎ取られ、裸で縛り上げられていた。

おまけに水溜まりの中に放置されている。

こんな季節に裸で水に浸かっていたら寒いはずだ。

『いてっ!!』

炎丸は突然声をあげた。

冷えた身体に何かが勢いよくぶつかってきたのだ。

顔をあげた炎丸が見たものは…

そこらにある砂利を拾って、喜々として自分に投げつけている山吹さやかの姿だった。

よく見ると、たくさんの小石が水溜まりに沈んでいる。

気を失っている間、さやかはずっと自分に石をぶつけていたのだろう。

炎丸は、震えながらも大声を出した。

『こ、こむすめ』

だがその言葉は続かなかった。

さやかの投げた小石が顎に当たり舌を噛んでしまったからだ。

『あぐぅ』

炎丸は手足を縛られたまま水しぶきを上げてもがいた。

『小娘って言うな』

さやかは冷たい目で見下している。

『お、俺様の服を、は、は、剥いだのは、お、おまえかぁ』

『そうよ。あんたの着物や甲冑には色々仕掛けがあるみたいだから。全部没収させてもらったわ』

『こんな、き、季節に、服を剥いでみ、水に浸すなんて、え、えぐ過ぎるぜぇ』

『関係ない人達を、しかも子供達まで焼き殺そうとしたあんたの方がよっぽどえぐいわよ』

『な、生意気な、小娘だぜぇ…いたっ!』

さっきまでより少し大きめの石が炎丸の額を打った。

『今度言ったら歯へし折るわよ』

その言葉を聞いて、炎丸はますます身体を震わせた。

まだ幼さの残る目の前の少女に狂気を感じたからだ。

これが忍者というものなのか、

それともこの娘の特質か。

いずれにしても、たかだか宝探しが勝負を挑むには相手が悪かったのだと炎丸は後悔した。

『お、俺様を、ど、どうするつ、つもりだ』

震えながらようやく言葉を絞り出す。

『藩主の金丸公に突き出すわ。あんたお役人にも怪我させてるんでしょ?どんな刑罰が待ってるかしらね』

『そ、そのか、鏡は』

『もちろん藩主様に献上するわよ。この領地に眠ってたお宝ですもの』

さやかは当然のようにそう言ったが、それを聞いた炎丸は激しく動揺した。

『そ、それは、えら』

『選ばれし者に不思議な力を与えてくれる鏡、なんでしょ』

『な、なんで』

炎丸が何を言いたいのかさやかには分かる。

このタオの鏡はさやかを選び力を貸した。

これからも所持していれば不思議な力でさやかを助けてくれるはずである。

それなのに何故それを手放すのか、

そう言いたいのだ。

だがさやかには確信があった。

さやかが自分の力で必死に戦い、必死に村人を助けようとしたからこそタオの鏡は力を貸してくれたのだと。

ならばそれを所持し、鏡の力をあてにした時点で、タオの鏡はさやかを見放すだろうと。

さやかは炎丸に向かって

『あんたみたいな下衆には分からないわよ』

とだけ言った。

『けっ。なな、生意気な、こ、小娘だぜぇ』

思わず口を突いて出た言葉に気付き、炎丸の表情が凍り付く。

『あ』

慌ててすがるような視線を送ってみたが、

もう遅かった。

『あんた、また言ったわね…』

夕陽を背にしたさやかの表情は見えない。

それがまた恐怖を煽った。

『小娘小娘小娘…何度言っても小娘小娘小娘!』

『すみ、すみ、すみま』

もう言葉にならない。

『私はさやか!山吹さやかだぜぇ!』

夕闇に炎丸の悲鳴が響いた。


翌日、金丸藩主の下に、領地を騒がせ役人達に大火傷を負わせた犯人が引っ立てられた。

寒空の中、褌一枚でがたがた震える冴えない男は痣だらけで歯をへし折られ、無残な姿を晒している。

そして同時に、古より言い伝えられていた鏡も、藩主に届けられた。

『よもや本当にあるとはな』

男と鏡を手土産に突然現われた謎の二人組は手厚くもてなされ、藩主への接見を許されていた。

『二人とも、こたびはご苦労であった。私もこの鏡に力を貸してもらえるよう立派なまつりごとを為さねばな』

その言葉を聞いて、さやかと心太郎は深々と頭を下げる。

どうやら信頼に足る人柄のようだ。

『そうかしこまるな』

穏やかな声だ。

『不問からな』

突然不問の名が出たので二人は驚いて顔を上げた。

『聞いておったのだ。手練れを二人送るから何も心配は要らん、とな。その方ら、不問の評価に違わぬ腕前であるな』

そう言われ、さやかは何だか嬉しくなった。

不問は自分達をそこまで認めてくれていたのか、と思ったからだ。

だが、自分達は不問の掌の上にいたのだと思うと少し悔しい。

(まったく…)

さやかは呆れたような、自嘲のような笑みを浮かべた。

『今回の働きに免じ、その方らの願い、必ず叶えよう』

『本当ですか!?』

さやかが嬉しそうな声をあげた。

『やったっシュね!』

心太郎も嬉しそうだ。

『藩主様、ありがとうございます!』

二人は揃って額を畳みにこすりつけた。


こうして、さやかと心太郎の訴えは聞き入れられた。

炎丸に怪我をさせられた鉱夫達は藩の保護を受け、不自由な身体でも出来る仕事が与えられた。

また、炎丸に焼き尽くされた村は、公費をもって再建される事となったのである。
2012-03-16(Fri)

小説・さやか見参!(152)

さやかが駆け付けた時、炎丸は全身水びたしで、巨大な水たまりの中で気を失っていた。

空から降った水の塊は炎丸に直撃したらしい。

龍神が降らす雨は、村人やさやかには全く害を為さなかったが悪人は見逃さなかったというわけだ。

まぁそれでも炎が消えたおかげでこの悪人も一命を取り留めたのだが。

仰向けに倒れた炎丸の身体の上で、タオの鏡がゆらゆらと光っていた。

それはとても優しく、何か語りかけるような光であった。

さやかはそのゆらいだ光を見て、何となく鏡の言いたい事が分かった気がして、

『タオの鏡、力を貸してくれてありがとうね』

と感謝を伝えた。

すると鏡もそれに答えるように柔らかい光を放ってさやかを包み込む。

やがて光は徐々に弱くなり、やがて鏡は景色を映し出す本来の姿に戻った。

さやかは炎丸の身体から鏡を拾いあげて、そっと抱き締めた。

言うまでもないかもしれないが、先ほど現われた龍の正体は巨大な竜巻である。

海上で発生したそれは、大量の海水を巻き上げながら川を伝って移動して来たのだ。

下流から上流へ川の水を吸い上げながら逆上り、ますます巨大に成長した竜巻は村の上空で回転を停止させ、宙に巻き上げていた莫大な量の水を落下させたのである。

それでは、これはただの偶然であろうか?

さやかが真言など唱えずとも竜巻は自然発生し燃え盛る火の海を消してくれたのであろうか?

いや、とてもそうとは思えない。

なぜならその規模の割に、あまりにも被害が小さかったからだ。

海からこの村に至るまでにはいくつもの村や集落がある。

それらはどこも巨大な竜巻に飲まれればひとたまりもないような小さな集落なのだが、見事なまでに全てが被害を免れている。

竜巻は律儀なまでに川から外れる事なく、ひたすら水だけを吸い上げて進んで来たのだろう。

そして村の上空から水を降らせた時も、村人やさやかを避け、炎(と炎丸)だけに直撃させている。

もし村の女や子供達に直撃していればただでは済まなかったであろう。

そんな偶然があるだろうか。

やはりあの竜巻を呼んだのはさやかであり、さやかに力を貸したのがタオの鏡、なのだろう。

『選ばれし者に不思議な力を与えてくれる鏡』

つまりタオの鏡はさやかを選んだという事か。

その鏡は今、さやかの胸に抱かれている。
2012-03-15(Thu)

小説・さやか見参!(151)

『なうまくさんまんだぼだなんめいぎゃしゃにえいそわか』

すでに辺りは火の海と化していた。

炎はごうごうと音を立てている。

その中で、村人達の悲鳴と、炎丸の悲鳴と、そしてさやかの唱える真言が混じり合っていた。

『なうまくさんまんだぼだなんめいぎゃしゃにえいそわか』

真言とはただの言葉ではない。

神そのものだ。

それを知るものが唱えた時、神はその大威力を現すのだと、幼き頃よりさやかは聞かされていた。

そして、今のさやかは、まさにそれを具現化しようとしていた。

タオの鏡が激しく光を放つ。

選ばれし者に不思議な力を与えてくれる鏡が。

さやかの瞳がカッと開いた。

炎を映すそれはまさに、

龍神の瞳であった。

突風。

轟音。

川の下流から何か巨大なものが迫ってくる。

さやかからは見えていない。

火の手に包まれた炎丸や村人達からも見えていない。

だが確かに、長い身体でとぐろを巻き、ものすごい速さで迫って来るものがあったのだ。

龍。

もしその姿を見た者があればそう表現しただろう。

巨大な龍は、海上より姿を現し、川に沿って飛来して来る。

『なうまくさんまんだぼだなんめいぎゃしゃにえいそわか』

龍神の瞳で真言を唱えるさやかの背後で、龍はその身体を天に向かって高く伸ばした。

そして、炎に包まれた村の上空に鎌首をもたげると、



と姿を消した。

その瞬間である。

村を焼く炎に向かって、天から何かが落下した。

ずうぅんっ!

大地が揺れる。

さやかの、炎丸の、村人達の鼓膜がびりびりと痺れた。

そして、

気が付くと火の手は収まっていた。

空から降ってきたのは巨大な水のかたまりだったのである。

龍が、

龍神が雨を降らせた。

これは山吹武双がかつて起こしたという奇跡の再来であった。

さやかは村人達の所へ走る。

その目は正気に戻った少女のものであった。

何が起きたかは分からない。

だが火の手が弱くなったのは分かる。

村人達を助けるなら今しかない。

大勢をぐるりと囲んでいた炎もあちこちが消えている。

不思議な事に、これだけの規模を濡らしておきながら、落下した水の直撃を受けた者はいないようであった。

そういえばさやかも濡れていない。

さやかは残り火の間を縫って村人達を避難させた。

多少の火傷を負った者や煙を吸ってしまった者はいるが、全員軽傷と言えるだろう。

ようやく安全な場所まで移動させると、全員が疲労と安堵でへたりこんだ。

水と薬草を取りに行こうとさやかが立ち上がった時、遠くから走ってくる小さな影が見えた。

『さやか殿~!』

心太郎だ。

『心太郎!鉱山の人達は!?』

心太郎がさやかの前で立ち止まる。

『怪我は酷かったっシュけど、全員手当てしてきたっシュ。それよりこれ』

心太郎は背中の包みを下ろした。

その中身を見てさやかが驚く。

包みの中には大量の竹水筒と薬草が入っていたのだ。
『心太郎、これ』

『さやか殿が何を必要としてるかは分かってるっシュよ!さやか殿を守るのがおいらの役目っシュからね!』

『あんた…三流忍者のくせに、なかなかやるじゃない!』

嬉しくても素直に褒める事が出来ない、損な性格のさやかであった。

『微妙な褒め言葉っシュね…それよりさやか殿、みんなの手当てはおいらに任せて炎丸を』

『分かったわ。ありがとう』

さやかが立ち去ろうとすると、村人達は矢継ぎ早に質問を浴びせかけてきた。

『あんたは何者だ』

『何が起きたんだ』

『これからどうしたらいいんだ』

と。

さやかは返答に困って

『詳しい話は後で』

と言葉を濁して踵を返す。

そこへ

子供達が駆け寄ってきた。

『おねぇちゃんありがとう』

『助けてくれてありがとう』

あちこちに小さな火傷を負った子供達が、知っている限りの言葉でさやかに感謝を伝えようとしている。

どの顔も、屈託ない笑顔であった。

『良かった…』

さやかは幼い少女を抱き締めて、心から安堵した。

そして、自分が本当にやるべき事を理解した気がした。

少女の身体に回した腕を解いたさやかは、自分を囲む子供達に

『私、みんなが笑って暮らせるように頑張るからね。みんなが怖い目に合わなくていいように頑張るからね』

と微笑んだ。
プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード