fc2ブログ
2010-11-28(Sun)

アクションへの道(115)

キャラクターショーの日常風景。

現場が終わって道場に戻ったチームは、まず洗濯をして衣裳を干します。

1日2ステージを終えた衣裳は汗で大変な事になっているから必ず洗濯するのです。

ゴールデンウィークのような連休の場合、毎日毎日ショーがあるので、毎日毎日洗濯して干す事になります。

そして毎朝、出発時間より少し早く来て衣裳を取り込んで車に積み込んでから現場に向かうのです。

1995年ゴールデンウィーク最終日。

この日の我々もやはりそうやって出発したのです。


そして他県の現場に到着してから衣裳チェック。
(前も書きましたが、この時期は出発前のチェックがなかったのです。
現地に着いてからじゃ遅いのにね)

何と…

僕が苦労して作った忍び装束がありません。

『えっ!?えっ!?なぜっ!?』

実は出発前に

『どこにあるんだろー?』

とは思っていたのです。

でも道場に見当たらないから、

『若手が積み込んでくれたんだろうな』

と思い込んでいたのです。

あれがなかったら、ストーリーの見せ場『替わり身の術』(前回参照)が出来ない!!

その日、同じ事務所の仲間がショーを観に来ると言っていたのを思い出し、公衆電話から連絡(まだ携帯はなかった)。

『道場に寄って忍び装束持って来て!!
黒くてさ、柔道着みたいに折り畳んで帯で巻いてあるから!!』

しかし、ショー前にやって来た仲間の手に忍び装束はありません。

道場を探してもなかったらしいのです。

どこに…

どこに消えた!?

…結局『替わり身の術』は…


レッド斬られてハケ。

悪ボス『レッドを連れて来い!』

戦闘員A・B、戦闘員Cを連れて来る。

悪ボス『レッド!戦闘員に化けて逃げようとしても無駄だ!』

とどめを刺されて息絶える戦闘員C。

レッド登場。

レッド『はっはっは!替わり身の術だ!』



…なにが『替わり身の術』なのかさっぱり分かりません…

がっかりです。

The がっかりショーです。


そんなショーを終えて道場に帰った我々は、何と、道場の片隅に忍び装束を発見します。

『こんな所にあるなら探しても見つからないハズだよ!』

って場所でした。

『なんで!?なんでこんな所に!?』

その光景を見ていた後輩が言いました。

『それ、内野さん達の衣裳だったんですか!?』

後輩は昨夜から今朝にかけての出来事を語りました。



昔はショー前日に『遅刻対策』として道場に泊まる者が多かったのですが、昨夜泊まった中に、ものすご~~~~~く生意気な新人がいたらしいんです。

そいつが寝る時に忍び装束を発見し、

『枕にちょうどいいや』

と言って枕にしたらしいのです。

周りの者は、それが衣裳だとは知らないので止めませんでした。

そして朝、起こされた新人は、枕代わりに使った忍び装束を道場の片隅に放り込んで(本人は片付けたつもり)出発したという事でした。

僕は
『次に会ったら殺してやろう』
と誓いました。

翌週の日曜日、朝。

その生意気な新人が現場に入ってる事を知っていた僕は、朝から道場で待ち構えていました。

ふざけた新人をぶん殴って辞めさせる事は合法的処置なのです(嘘)。

集合時間10分前…

集合時間5分前…



集合時間…5分後…


えっ???


集合時間15分後…

あいつ来ねぇじゃん!!


家に電話するけど誰も出ません。

いわゆる『ぶっちした』『ぶっちぎった』と言われる状態です。

仕方なく代役として別のメンバーが連れて行かれました。

ぶっちの代役は大変です。

ショーの段取りを全部、朝の短い時間で覚えなくちゃいけないからです。

イベントの現場に『ドタキャン』『ぶっち』は有り得ないのです。


僕はそいつを殴り損ねてしまいましたが、『ぶっち』して消えていくのも生意気な新人にありがちな結末ですから

『まぁいなくなって清々した…と思うか』

と自分に言い聞かせて納得しました。


ところが、
しばらくしてギャラの支払日…

そいつはゴールデンウィークのギャラを貰いにのこのことやって来たのです。

『お疲れース』

普通にやって来たのです。

よくもまぁ顔を出せたな!?

その場にいた全員が驚愕を隠せません。

『お、おまえ、この前の…』

『あぁ、こないだはマジで大変だったんスよ。
俺はショーに行こうと思ってたのに、朝から昔の先輩達がウチに押しかけてきて、手足しばられて無理矢理ドライブに連れてかれたんスよ。
マジ大変だったっスよ』

ノリノリで語る彼を見て、全員の目が殺意に燃えました。

彼がその後どうなったのか…


僕は知りません。


ホント、色んな新人がいるもんですな。
2010-11-27(Sat)

アクションへの道(114)

1995年のゴールデンウィークを振り返る。

ラスト(前編)です。

この時は前年の戦隊のショーをやったんですね。

前年の戦隊は『忍者』がモチーフだったんです。

で、テレビでは、変身前の俳優さん達がカッコいい忍び装束を着てたんですよ。

でも忍び装束だから、俳優さん達も『目』しか出てないんですね。

これは…

忍び装束を作っちゃえば、変身前が出せるって事じゃない!?

だって顔が見えないからバレないんだもん!


…えーと、
我々も出来れば変身前の俳優さんとかショーに出したいんですよ。

本物の役者さんが変身ポーズをして変身後が出てきた方がリアルだし盛り上がるじゃないですか。

でも俳優さんを呼ぶにはお金がかかるワケですよ。

だから呼びたいけど呼べないんですよ。

そんなジレンマの中…

『忍び装束なら変身前(っぽいやつ)が出せるんじゃね!?』

という発見は僕の胸を熱くしました。

…ってなワケで、さっそく一人で製作を始めたワケです。

今でこそ『さやか見参』の衣裳を造ってますが、この時が初めての『忍び装束製作』だったんですよ。

どうやって作ったらいいか分からないけど、とりあえず布と糸を買って…

ミシンなんか持ってないから手縫いで…

そしてどうにかこうにか完成!

出来は良くありませんが、遠目にはそれなりに見えるでしょう(遠目から見て大丈夫ならOKというスタイルはこの頃すでに確立されていた)。

さぁどう使う!?

そうだ!

レッドが敵の攻撃を受け、

『うわあぁ~~っ!!』

とハケる。

悪役のボス(僕)が

『やった!ついにレッドを倒したぞ!よし、とどめを刺してやる!レッドをここに連れてこい!』

と命じると戦闘員達が、変身解除されて忍び装束になったレッドを連れてくる。

『とどめだ…死ね!レッド!!』

悪ボスがレッドを斬る、斬る、刺す。

息絶えるレッド。

『レッドの最期の姿を子供達に見せてやれ』

戦闘員達がレッドの覆面を取ると…

その下には戦闘員の顔が!

『戦闘員!?どういう事だ!?』

うろたえる悪役達。

そこへ現れるレッド(変身後)。

『見たか!替わり身の術!!』


おぉっ!
これいいんじゃない!?
忍者っぽいし!

よし!
これならショーも盛り上がるぜぇ~!!



…と思ったのですが、
まさかあのような事態になろうとは…


そして、
補完への道は―


~つづく~
2010-11-26(Fri)

アクションへの道(113)

ただでさえ荷物いっぱいでギュウギュウの戦隊ショー。

そのギュウギュウの一翼を担うのが衣裳(でっかい段ボール箱とでっかい布袋)なのですが、

では、もし、

このギュウギュウの状態で衣裳の量が倍に増えたとしたら…?

この問題分かる人!

はい、ジャスティン坂本くん、答えて!

『車に入らないと思いま~す』

そう!
正解だよ!
よく予習が出来てるね!


でも!

…無理矢理入れちゃうんだよ…
会社ってやつはね…


何故そんな事になったのか!?

おそらく…

ウチの営業がミスしたか、
現場先の百貨店が間違えて広告を載せたか、

…考えたくないけど、誰かが
『何とかなるやろ!』
と思ったか…

そんな感じの理由で…

午前…A百貨店で『今年の』戦隊ショー

午後…B百貨店で『去年の』戦隊ショー

というスケジュールを組まれていたのです。


狭い車内には『今年の』戦隊ショーの衣裳一式と『去年の』戦隊ショーの衣裳一式が載せられていたのです。

いかに修羅場をくぐりぬけてきた我々とて、

『おいこら!ちょっと待てや!!』

と言いたくなる状況です。

ホント、こんな事めったにないよ!?


まずは荷物が載りません。

我々は全員、膝の上に段ボール箱を抱えて福岡から長崎まで移動しました。

次の問題、

1回目と2回目でキャラクターが違います。

キャラクターが違えば動きも違います。

ストーリーだって微妙に変わります。

戦隊ヒーローの決めポーズを1つ覚えるだけでも大変なのに、1日に2つも演らなくちゃいけないんです…

もちろんポーズだけじゃない。

立ち回り、演技も当然加わります。

ステージが変われば演出も変わるんです。

これを…

新人ばかりでどうしろと!?

ある新人くん(男)なんか、この日だけで

怪人(ロボット)
ピンク(初めての女役)
怪人(妖怪)
ブラック

の4役ですよ!?

出来るだけ負担かけないようにベテラン勢で頑張ったつもりですが、それでも酷い扱いに変わりはない。

結局このチームの新人くん達は全員、ゴールデンウィーク終了と共に姿を消しました。



さて、結局いなくなってしまった新人くん達ですが、色んな個性が集まっていて勉強になりましたね。

異常にセンスが良く、新人のくせにやたら上手い奴、

やるべき事はキチンとやるけど、決して周りに合わせないマイペースな奴、


そんな中でもブルーに入ってた新人くんには本当に勉強させられました。

彼はアドリブが全く出来ないのです。

『何となく動く』事が出来ないのです。

なのでリハでは、

『合図したらステージの真ん中まで走って

真ん中に来たら止まってお客さんの方を向いて

そしたらステージの左側に敵がいるからそっちを指差して

そこで台詞を入れるから台詞の最後の『許さん!』が聞こえたら両手をグーにして胸の前でかまえて』

みたいな指導をしなくちゃいけなかったのです。


さて本番。

ブルーが登場し、ステージの真ん中に止まりました。

この時、本来は彼の左側にいるべき悪役が(何らかの状況判断で)右側に移動していたのです。

ステージ状況を踏まえてのこういったアドリブは往々にしてあるのです。

しかし彼は、

ブルーの彼は、

誰もいない左側に向かって指を差し、ファイティングポーズを取っていたのです。

ショーの後で

『左側には誰もおらんかったやん。あーゆー時はその場の判断で動きを変えていいよ』

と言ったところ、

『だって、リハーサルで左を指差せって言ったじゃないですか』

との事。

それを聞いて僕は目が覚めるような思いでした。

『とりあえず動ける』のは僕らが慣れているから。

『アドリブで動ける』のは僕らが慣れているから。

新人さんにはそれは高いハードルなんだ。

リハーサルで決められた段取りを新人の自分が勝手に変更しちゃいけないって気持ちもあるかもしれない。

そして何よりも、人には色んな個性があるんだって事に気がつきました。

彼みたいに、決められた事はキチンと出来るけど応用が利かないって個性もあるんだ。


それまでの僕なら、

『いくらリハーサルで左と言われていても、相手が右に動けば自分もそれに合わせるのが普通だろ!』

と思っていたかもしれません。

そして

『考えれば分かるだろ!?』

『分からないって事は考えてねーんだよ!』

『考えてねーって事はやる気がねーんだよ!』

『使えねー奴だなー!』

と考えていたかもしれないのです。

それは全部、『出来て当たり前』という自分の基準を押し付けていただけなんですよね。

それを気付かせてくれた新人達。

ほんの1週間足らずの付き合いだったけどありがとな。

過酷なゴールデンウィークにしちゃってゴメンな…




さて、実はこの日、
本当に使えねー新人のせいで僕らは酷い目に遭っていたのでした。


~つづく~
2010-11-25(Thu)

アクションへの道(112)

こないだの続き!

…って事で、1995年のゴールデンウィーク…

前回書いたようにこの時は

新人だらけの戦隊ショーでした。

現在(2010年)は違うみたいですが、当時の戦隊ショーは

アクター8名+スタッフ+MC(司会のおねぇさん)

で、合計10名という編成でした。

…で、移動はもっぱら

『ハイエース』

って車なんですけど、このハイエース、
『9人乗り』ならけっこう荷物も載せられるんですが、
『10人乗り』になると、荷物を載せるスペースがあまりないのですよ。

つまり戦隊ショーの移動はかなりギュウギュウだったワケです。

~ギュウギュウの内訳~

人間…10名
人間の私物…10個
でっかい段ボール箱(衣装)
でっかい布袋(衣装)
音響一式
それなりの大きさの段ボール箱…数個(販売用グッズ)

そんなんに押し潰されるようにして県外遠方の現場に行ったりするワケです。

『狭ぇよ!』

なんて言いながら。

ところがこの時、いつも以上に恐ろしい事態が…


~つづく~
2010-11-23(Tue)

アクションへの道(111)

最近は実の弟も読んでくれる『アクションへの道』。

ふと1995年の話を思い出したので遡っていいですか?

OKですか?

ありがとうございます。


1995年のゴールデンウィークの話です。

この時は前年の戦隊のショーでしたが、ゴールデンウィークにありがちな新人さんだらけのチームでした。

レッド、ホワイト、怪人以外は新人だらけ。

言い方を変えると、ブルー、ブラック、イエロー、戦闘員2名が新人って事です。

この状況はかなりツラい…

いくらなんでもパッケージは無理だと言う事で、僕のしゃべりショーにしてもらいました。

しゃべりショーならある程度は対応出来ます。

ある程度は対応出来る…事を前提にしゃべりショーにしてもらったのに、何故か僕のサービス精神が大爆発!

色んな盛り上がりポイントを作ってしまって、意外に難易度の高いショーになってしまったのです…

青い戦闘員が、早着替えで赤いタイツを着て登場するシーンがありました。

そこで僕が時間配分を間違えてしまい…

『いでよ!戦闘員!』

と呼んだら…

背中のファスナーを閉めるヒマもなく…

手袋、ベルトを着けるヒマもなく…

ブーツのファスナーを閉めるヒマもなかった戦闘員が慌ててステージにやって来ました…


ガーン…
ごめん…みんな…

そしてクライマックス…

ヒーロー登場シーン。

ここでは戦闘員からヒーローへの早着替えがありました。

『え~い、姿をあらわせ!●●●ジャー!』



ヒーローは登場しません。

僕は控え室になっているテントを見ました。

テントの中がざわついているのが分かります。

これは…

着替えが間に合ってない!

つまり…

また僕が時間配分を間違えたのです!

な、なんとか時間稼ぎしなければ!

しかしBGMは無情に流れていきます。

(※昔このブログで説明しましたが、僕のしゃべりはストーリーにそってBGMを編集しているので、時間の調整が出来ないのです)

この時に僕が見たのは…

控えのテントが…

『サザエさん』の…

まるで、『サザエさん』のエンディングのラストのように…

サザエさん一家が飛び込んだ家のように…

バッタンバッタンと揺れる風景!!

そして中からリーダーの

『もういい!出ろー!!』

という叫びが聞こえて…

ステージにあらわれたヒーローは…

本来は背負ってるハズの刀を片手に握り締めていました…


刀を背中に装着する時間がなかったのです…

これは…




これはあかんやろ!!

僕は自己嫌悪で崩れ落ちそう…

絶対レッド役のリーダーにぶっ飛ばされる…


終わってみんなに謝る僕にリーダーは言いました。

『内野だけの責任じゃないよ。
全部内野1人に任せっきりにせんで俺もチェックすれば良かったね。
2回目は改善して頑張ろう』

珍しく優しいリーダーの言葉に余計に申し訳なくなって涙を流す僕なのでした…


そして2回目のショーは構成を変更してバッチリ成功させました。

教訓!
無理をしてリスクを背負うぐらいなら、無理せずやれる範囲の事をやろう!
プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード