fc2ブログ
2023-01-25(Wed)

無拳無意是真意


明日1月26日(木)は殺陣練習日です。
20230112福岡

個人練習という形での開催ですが、参加希望の方がいらっしゃいましたらご連絡ください。

福岡市南区にて19時から22時です。


立ち回りが「形の羅列」に見えてしまうと面白味に欠けます。

もちろんきちんと形になってなきゃいけないんですけど、

形になってなきゃいけないけど形ではいけない、みたいな。

基本練習を繰り返して正しい形を身につけて、それが形に見えないように演じるってのが立ち回り、殺陣、アクションだと思うんです。

お芝居の台詞だって、発声の練習して滑舌の練習してイントネーション直して、でもそういう努力が見えたら芝居って台無しですよね。

努力してる事は大前提、練習してる事は大前提。

その努力と練習を身体に落とし込んで、落とし込んだら意識から消し去って、無意識のまま目の前のお芝居に向かい合う。

立ち回りをやる時はそうありたいなぁって思います。


段取りになっちゃうのが嫌なんですよ。

立ち回りを見た人に「あんな長い立ち回り覚えててすごい!」とか言われたら駄目なんですよ。

芝居じゃなくて段取りとして見られてるって事なので。

そういう意味では「上手いね!」とかも言われたくないんです。
キャラクターじゃなく演者として見られてたって事なので。

…まぁ「上手いね」なんて言われませんが。
「早く上手くなりなよ」だったら言われると思いますけど。
でも「上手いね」って言われたら内心めちゃめちゃ喜んじゃうと思う。


そんなワケで、今年の練習では改めて基本の形を練習していくつもりです。

それを無意識に落とし込んでいく為に。

「拳は無拳、意は無意、無拳無意是真意」

2023-01-24(Tue)

一周して元通り


えーっとですねー。

本日1月24日(火)は久留米での殺陣教室なんですが、

ご存知の通り「大雪」の予報も出てまして、

現状では中止にはしてませんが、

参加を考えてくださってる方は

・無事に来れるか
・無事に帰れるか

をしっかり見極めた上でお願いいたします。

参加連絡はギリギリになってかまいませんので!

決して無理はなさらないでくださいね!

いつもの場所で18時開始です。
20230117

誰も来れない状況なら中止にするかも!


練習は一番重要だけど勉強もまた大事、

ってのは常々言ってて。


あ、ある程度までは考えなくてもいいと思います。

教えてもらった事が身に付くまでひたすら反復練習すればいい。

でも少し先に進んだら

「これは何故こうするのか?」

とか

「これは何故こうなるのか?」

とか

「これをこうしたらどうなるのか?」

とか

「上手い人はどうしてるんだろう?」

とか

そういう事を考えて調べるのが良いと考えています。


「何か分からないけど、習った事をずっとやってます」

では行けない領域ってあるんですよね。

他には「この技術はどうしてこうなったのか」という歴史とか。

これはなかなか根本に辿り着く事が難しいのだけど、

それを考えないと、下手したらせっかく進化してきたものを考え無しに振り出しに戻しちゃう事もあると思うんですよ。

例えば古来「A」という技術があったとして、

それを先人達が改良して「B」に、そして「C」「D」と発展させてきたものを、

何も知らない人が

「みんなDばっかりやってるなぁ、俺は違うぜ!新しいものを考えついた!…Aだ!」

なんてやっちゃったり。

どうせやるなら「D'」とか「E」とかを生み出してほしいものですけどね。

2023-01-21(Sat)

武術的なアプローチ

殺陣やアクションへの武術的アプローチというのは誰しもがやってると思います。

ってか、殺陣・アクションってのがそもそも「劇化した武術や武道」なんですが。

劇化された武術・武道 = 殺陣・アクションが確立されてきた事で武術・武道のエッセンスが薄くなり、

「様式美」

としての殺陣・アクションというものが育ってきたのかもしれません。

そして様式美が定着してくるとそこに武術的なエッセンスを加える人達が現れて。

まぁそういう歴史は詳しくないのでデタラメな事を言ってるワケですが、

そういった「武術的→様式的→武術的→様式的→」というループを何度も繰り返しながら、殺陣・アクションは進化してきたのではないでしょうか。

僕はかなり様式的な殺陣・アクションをやってるんですが、武術的なアプローチは常に意識してるつもりです。


武術的なアプローチ、

例えば実戦的な技を立ち回りに組み込んだりというパターンもありますが、僕は身体の使い方やメンタルの部分を意識する事が多いです。

武術の書籍なんかを読むとそういう事がけっこう書いてあって、僕はそういうのが好きなんですよ。

なのでやってる事は様式的な殺陣・アクションですが、その中に武術的なエッセンスがちょっと混じって…

たら…

いいなぁ〜…

と思いながら練習しています。
20221002オクトーバープロジェクト武と康之
いつかまた右側の赤い奴とそーゆー話で盛り上がりたい。

2023-01-17(Tue)

立場の違い?


本日1月17日(火)はアトラクションチーム武装の殺陣教室。
20230110久留米

福岡県久留米市にて18時〜21時。
未経験者歓迎・参加者募集中。

要予約なので参加希望の方はお問い合わせください♪
メール→ busow@softbank.ne.jp
電話→ 090-9479-0922 ※出られない事があります

来館前の検温と館内でのマスク着用をお願いしています。
37.5℃以上の熱がある方、体調が良くない方、マスクをしていない方は入館出来ません。


ヒーローショーでは、ショー終了後にサイン会や撮影会があって、

ヒーローは当然サインしたり撮影したり、

悪役は急いで着替えてスタッフとしてお手伝いをしたりします。

ショーでへとへとに疲れたまま、呼吸もままならないマスクを着けてヒーローを演じ続けなければならない方がキツいのか。

ショーでへとへとに疲れたままダッシュで着替えて大きな声を出して観客を並ばせたり誘導したりグッズの準備をしなければならない方がキツいのか。

これ、どっちが楽とかどっちがキツいとかは無いんですが、僕の個人的な考えとしては

「常に自分の方が楽だと思え」

が正解だと思ってるんです。

ヒーローの時は「俺もキツいけどスタッフで頑張ってくれてる悪役の方が絶対大変だ!」と思い、

悪役の時は「ヒーローは衣裳のままで子供達の夢の為に頑張ってんだ!それに比べたら自分のキツさなんて!」と思う。

そうしてお互いに「いま子供達に喜んでもらえてるのは(ヒーロー or 悪役)のおかげだ!」と感謝する。

お芝居ってそういうリスペクトで成立する世界だと思うしそういう世界であってほしいと思います。

お互いのリスペクトで成立するのは殺陣やアクションも同じで、例えば自分が主役だからと絡んでくれる悪役を軽視しているような人は上手くなれません。
もし上手くなったとしても良い立ち回りは出来ません。
そんな人の為に本気で絡んでやりたいとは誰も思わないからです。

主役(シン)がカッコ良く見える理由のひとつはカラミが上手いから。
シンが上手くてもカラミが下手だと立ち回りのクオリティはガクンと落ちます。

シンは自分に絡んでくれる人達に感謝しなくちゃいけません。

またカラミもシンがいなくては輝く事が出来ません。
シンへのリスペクトを忘れてはいけないんです。

まぁシンとかカラミっていうのは物語上、制作上の話で、演者としては全員が主役・シンのつもりでお芝居した方がいいですよね。

「その人にはその人なりの物語がある」という観点で見れば、その人の人生ではその人が主役ですから。

「ただのカラミ」みたいなつもりで演じてたら楽しくもないですよね。

2023-01-16(Mon)

コメディ


明日1月17日(火)はアトラクションチーム武装の殺陣教室!
20230110久留米

福岡県久留米市にて18時〜21時。
未経験者歓迎・参加者募集中。

要予約なので参加希望の方はお問い合わせください♪
メール→ busow@softbank.ne.jp
電話→ 090-9479-0922 ※出られない事があります

来館前の検温と館内でのマスク着用をお願いしています。
37.5℃以上の熱がある方、体調が良くない方、マスクをしていない方は入館出来ません。


コメディとはなんぞや、と考える。

きっとテレビで三谷幸喜さんを見たからだ。

僕は観劇するならコメディが一番好きだ。

ギャグでもコントでもない、コメディ。

ただし質の良いコメディに限る。

きちんとしたストーリーがあって、きちんとした芝居があって、伏線や起承転結がある、そんなコメディ。

コメディの笑いって結局は「日常の笑い」なんじゃないかなぁと思う。

無理矢理笑わせようとしているワケではない日常の笑い、みたいな。

人って真面目に一生懸命に生活してても面白いですからね。


昨年やったキャラクターショー「オクトーバープロジェクト」はコメディのつもりで作ったけど、

もし次にまた作品を作るなら今度はシチュエーションコメディにしたいな、なんて考えてみたりして。

しばらくは何の予定もないですけどね。
(やりたい事がないとは言ってない)

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード