fc2ブログ
2011-02-05(Sat)

小説・さやか見参!2(75)

さやかは地面を蹴って鬼に向かった。

瞬息の間に距離を詰める。

恐るべき速さだ。

(さやか殿が鬼を捕らえた)

心太郎がそう思うと同時に鬼の姿が消えた。

怪火と共に闇に溶ける。

またも取り逃がしてしまうのか?

いや、

さやかは速度を落とさず走り抜けている。

鬼が消える事など想定内だ。

二度も同じ手は喰わぬ。

強い意志が昨夜以上の速さを生んでいる。

突然さやかが止まった。

鬼の前方に回り込んだのだ。

『心太郎!』

さやかは叫びながら振り返ると、心太郎に向かって無数の手裏剣を打った。

『はいっシュ!』

答えた心太郎もさやかに向かって手裏剣を投げる。

二人の間に敵がいるのなら挟み撃ちだ。

しかし、回避不可能と思われるこの攻撃を鬼はかわした。

二人が放った無数の手裏剣は空を切りぶつかり合って地面に刺さった。

鬼の能力もさる事ながら、驚愕すべきは師弟の阿吽の呼吸ではなかろうか。

無数の手裏剣が全てぶつかり合ったと言う事は、瞬時に打った数と位置がぴたり同じだったという事になる。

一心同体、そう言っても過言ではない。

手裏剣を打ったさやかと心太郎はすかさず抜刀して跳び上がっていた。

鬼が先ほどの攻撃を躱すとしたら跳ぶしかない。

息つく間もなく空中に追い討ちをかける。

暗闇で、きん、という音が響く。

金属がぶつかる音だ。

目に見えぬ格闘が行われている。

小さな火花が弾ける。

さやかと心太郎は落下しながら互いの足裏を蹴り合い、数間離れて地面に降りた。

着地した二人の間には手裏剣が散らばっている。

地に刺さったそれは無数のマキビシとなっているのだ。

そこに鬼が落ちた。

ただでは済むまい。

音もなく落ちた左腕は地面に垂直に突き刺さっている。

やったか!?

心太郎は近付こうとした。

だが―

鬼の首は落ちてはいなかった。

四本の角を持つそれは自らの腕の隣りで逆さに浮いていた。

『ひっ』

心太郎がひるんだ。

生首が天地を逆にしたまま心太郎を見ていたからだ。

心太郎は刀を構えて半歩退く。

鬼の首はゆっくりと振り向いてさやかを見た。

さやかは動じない。

鬼がにやりと笑った。

そして、ようやく声を発した。

『速くなったな』

『…鬼が…しゃべったっシュ…』

心太郎が驚く。

しかしさやかは平然としたまま

『当たり前でしょ。成長してんのよ。若いんだから。老いてくばかりのあんたと違って』

まるで昔馴染と話すような口振りで話している。

『ふん。拙者が老体なら山吹の頭領など死に損ないではないか。拙者の腕はますます冴え渡っておるぞ』

鬼の首は楽しそうにそう言うと宙に飛んだ。

その瞬間、闇に包まれていた視界に光が焚かれた。

さやかは鬼を追って走る際、火薬を仕込んだクナイを十数本、沼の両側の岩壁に打ち込んでいたのである。
発火した火薬がその場を照らす。

一瞬目が眩んだ心太郎に何かが迫った。

たった今まで地面に刺さっていた無数の手裏剣がさやかと心太郎を襲ったのだ。

『ぅわっ!』

心太郎は必死に身を翻してそれをかわした。

さやかは最小限の動きで全てを避けた。

そのさやかの視線の先には鬼が―

鬼が全身を現し立っていた。

鈍色の顔、鈍色の左腕。

四本の角、赤く光る四つの眼。

黒い肩当ての付いた黒い羽織り。

そして、

鍔に山吹紋が刻まれた忍者刀。


さやかは不敵に立つ鬼、

鬼と呼ばれていた者から目をそらさずに大きな声を出した。

『ね、心太郎、言ったでしょ?鬼なんかいないって』

心太郎はその威圧感にかすかに震えている。

確かに鬼ではない。

これは、人だ。

しかし、ならば―

『こいつは…こいつは一体何者っシュ!?』

心太郎が叫んだ。

『心太郎、よぉく覚えておきなさい。こいつが』

さやかはまるで世間話でもするかのように

『かつてくちなわと呼ばれた忍び、幻龍組頭領、幻龍イバラキよ』

と言った。

十年ぶりの、
血塗られた邂逅であった。
2011-02-03(Thu)

小説・さやか見参!2(74)

祠に辿り着いたさやかの目に、沼を前にして立つ心太郎の後ろ姿が映った。

鬼が現われる場所を見ているだけなのか、さやかに愛想を尽かして背を向けているのか、それは分からない。

さやかは複雑な想いでここまで来た。

今まで隠してきた心情を吐露してしまった事に動揺していたのだ。

正直な所、溜め込んだ気持ちを吐き出してほっとした部分もある。

しかし一方で、この気持ちは自分の中にとどめておくべきであった、という思いもある。

弱みをさらけ出すなど忍者にあるまじき行為だ。

ましてや相手は幼い弟子なのである。

言って良かった、という気持ちと、言わなきゃ良かった、という気持ちがさやかの中で入り交じっていた。

『心太郎…』

呼んでみる。

その後の言葉は思い浮かばない。

それでも申し訳ない気持ちやバツの悪さで呼びかけずにいられなかったのである。

しかし心太郎はすぐには振り向かなかった。

(あぁ…やっぱり怒ってるんだ…当たり前か。呆れられて当然だよね…)

さやかは少しだけ悲しげな顔をした。

しかし実は、心太郎も複雑な心境だったのである。

心太郎にとってさやかは師匠だ。

技だけでなく、その志まで尊敬に値する師なのだ。

そのさやかが内面にあんな闇を抱えていたなんて。

己の宿命や使命を誤るほど、精神も肉体も蝕まれていたなんて。

弟子にとってそれは落胆するに相応しい真実であった。

実際そんなさやかに激しい憤りを覚えた。

しかし一方で、

さやかが自分だけに弱味を見せてくれた

という感動があった事も否めないのである。

山吹の忍びで先ほどの話を聞いた者はいないだろう。

さやかの性格では、兄代わりの雷牙にも話してはいまい。

さやかは並々ならぬ強い自尊心を持っている。

心の深部は絶対に見せないはずだ。

それが、

自分には見せてくれた。

師匠としてではなく一人の人間として。

そうか…

心太郎は気付く。

たけるが死んでからの十年、さやかは強がる事でどうにか生き長らえてきたのだ。

山吹の次期後継者という重責を負い、復讐という炎を秘めて、兄との約束を杖にして必死に歩いていたのだ。

心太郎は改めて誓っていた。

自分がさやかを守る、と。

今のさやかは道を外しかけている。

ならば現在の過ちに気付き正しい道を歩き出すまで、命にかけてもさやかを守ろう。

自分に何が出来るか分からない。

しかし、さやかの心だけは自分が守り抜こう。

心太郎はそう思った。

さて、

そうと決まったならどう振り向くべきか、

何を話すべきかが難しい。

怒って飛び出した自分もバツが悪い。

弱音を吐いたさやかも気まずいだろう。

ここはもう、何もなかったように振る舞おう。

心太郎はくるりと振り返って、情けない表情で言った。

『…さやか殿~、暗くて怖いしお腹減ったし、早く帰りたいっシュ~』

予想外の反応にさやかは一瞬ぽかんとした。

しかし、その言葉に含まれた想いを、さやかはすぐに理解した。

さやかが少しだけ微笑んだように見えた。

『もう~!あんたってば本当に役立たずの駄目駄目三流忍者ね!』

怒った口調でそう言いながら心太郎に近付き、げんこつで軽く額を叩いた。

『痛いっシュ!』

本当は痛くない額を押さえて心太郎もかすかに笑った。

一瞬お互いの瞳を見合ってから、二人は同時に暗闇に視線を転じる。

さやかの表情に迷いはない。

心太郎の表情に恐れはない。

それはまさしく、任務に向かう忍びの顔であった。

『心太郎、さっさと鬼の正体を暴いて帰るわよ!』

『はいっシュ』


しばしの静寂。

やがて

二人の視線の先、沼の上にちろちろと炎が点った。

さやかと心太郎が身構える。

炎に照らされ、鈍色の異形がじわじわと姿を現す。

真っ赤に光る四つの眼、四本の角、宙に浮かぶ蛇の絡み付いた左腕。

だが、さやかと心太郎は動じなかった。

二人は互いに、昨夜にはなかった心強さを感じていた。

『心太郎!いくわよ!』

『はいっシュ!』

山吹の師弟は跳んだ。

今の我らにとって、鬼ごとき恐るるに足らず。
2011-01-31(Mon)

小説・さやか見参!2(73)

さやかと心太郎はお互いの目を見て黙っていた。

何か言いたいが言葉にならない心太郎。

それを見つめるさやかは穏やかな表情だ。

『心太郎、そろそろ準備するわよ』

そう言われて心太郎は我に返った。

『…あ、ハイっシュ…』

洞窟の外は夜の深さで満ちている。

二人が話し始めてからけっこうな時間が経っているらしい。

さやかはいつものように髪を左右で結び始めた。

『私だって本当は死にたくないわよ。生きていたいわよ。…でも、生きていこうと思ったら、死ぬ事を選ぶしかなくなっちゃうのよ。…って言ったって分かんないよね』

口調は軽い。
普段通りのさやかである。

『死ぬほど辛い事があったらさ、生きていけないじゃん?だから生きていく為にその辛い事をなくそうとするでしょ?…そしたらね、その死ぬほど辛い事っていうのが、自分が生きてる事だったりするのよ』

心太郎は頭巾を巻きながら黙って聞いている。

さやかも頭巾を巻く。

『そしたらさ、生きる為には死ぬしかない、みたいな変な事になっちゃう。…おかしいよね』

『なんだか…難しいっシュね…』

『でも安心して。私はまだまだ死なない。お兄ちゃんのかたきを討つまでは死にたくないから』

そう言って鉢金を付ける。

『それにね、お兄ちゃんと約束したんだ。最後まで戦って死ぬんだって。話した事あるよね?』

確かに心太郎は何度もその話をさやかから聞いている。

何かを変えようとする者が、最後の最後まで精一杯に戦い続けたなら、命を落とすまで戦ったなら、たとえわずかでも必ず何かが変わるはず、という話だ。

これは山吹たけるの信念であり、さやかはそれを受け継ぐ約束をしたのだという。

『だからね、私は戦って死にたいの。お兄ちゃんのかたきを倒したら、戦って死ぬって決めてるの』

明るい口調でそういいながら刀を背負うさやかに心太郎は言った。

『それは…さやか殿、間違ってるっシュ』

『え?』

『たける殿は、世界を変える為に戦って死ねって言ったはずっシュ。でもさやか殿は死ぬ為に戦おうとしてるっシュ。それじゃ目的と手段が入れ替わってしまってるじゃないっシュか』

心太郎は珍しく憮然とした表情で言った。

憤っているらしい。

『さやか殿にはたける殿の気持ちなんて伝わってないっシュね。そんなんで戦ったって世の中は何も変わらないし誰も喜ばないっシュ』

『心太郎…』

『たける殿を失って、死ぬほど辛い気持ちは分かるっシュ。それで死にたくなっても仕方ないっシュ。でも、そのせいでたける殿の気持ちを見失うなんて本末転倒っシュ』

心太郎は顔を背けたまま刀を背負った。そして

『なんだかたける殿が可哀想っシュ』

と吐き捨てると洞窟を出て行った。

『心太郎!待って!』

さやかは追いかけようとしたが足が動かなかった。

心太郎の言う事はもっともだ。

さやかだって理解している。

だがやはり、死にたい気持ちと死にたくない気持ちの狭間で自分を見失っているのだ。

十年。

たけるが死んで十年、その境界で耐え続けてきた。

さやかはすでに『生きていく』という事が分からなくなっている。

今、そしてこれからをどうしていいか分からないまま十年、自分を騙しながら必死に生きてきたのだ。

さやかは暗い洞窟でぺたんと崩れ落ち、

『…助けて…心太郎、助けて…』

と涙を流した。

底の見えない暗闇でもがいている十五才の少女、

これが本当のさやかの姿だった。
2011-01-30(Sun)

小説・さやか見参!2(72)

さやかの告白に心太郎は動揺した。

実の所、心太郎も薄々そんな気はしていたのである。

しかし実際にその言葉を聞くと心が揺れた。

『死にたいって…
死にたがる忍者なんて聞いた事ないっシュよ』

わざと明るく言ってみる。

冗談で済むならそれに越した事はない。

しかし、さやかは落ち着いた声でまっすぐに答えた。

『死にたいわよ。ずっと。お兄ちゃんが死んでから十年、死にたいと思わなかった日はないわ』

『さやか殿…』

『目を閉じるとね、お兄ちゃんの顔が浮かぶの。
真剣に修行してる時の顔、泣いてる私をなぐさめてくれてる顔、楽しそうに笑ってる顔…
色んな顔が浮かんでね、目をつむってるのが辛いの』

心太郎は何と言うべきか分からず、ただ悲愴な表情で黙っている。

『そしてね、お兄ちゃんの声が耳元で聞こえるの。…さやか、って。
さやかは偉いな、さやか頑張ってるな、って、優しい声が聞こえるのよ』

さやかは知らないが、かつて兄、たけるはこれと全く同じ事を親友の雷牙に語っていた。

もしもさやかが命を落としたならば、その顔や声、想い出に取り憑かれてまともに生きてはいけないだろう、と。


『ねぇ心太郎、私の頭の中はお兄ちゃんでいっぱいなのに、そのお兄ちゃんはもういないの。私は…どうしたらいいと思う?』

心太郎はさやかの脆い心中を目の当たりにして言葉に詰まった。

『あ…おいらは…何て言っていいか分からないけど…でも…
でも、死んじゃいけないと思うっシュ…』

『どうして?』

『どうしてって…』

『生きているのが辛くても死んじゃいけないの?どうして?』

『だって…
さやか殿が死んだら、頭領だって、十二組のみんなだって、…おいらだって悲しむっシュ』

『私は…みんなを悲しませない為に生きていくの…?

…私にとって、お兄ちゃんの存在が世界の全てだった。
でも…

お兄ちゃんが死んで、私の心は死んでしまった。生きる世界もなくなってしまった。
…心も世界も失って、それでもみんなの為に生きていかなくちゃならないの!?』

『みんなの為って言うか…
人が命を授かって生まれてきたのはそれだけで奇跡、って聞いた事があるっシュ。だから、生まれてきたなら頑張って生きるべきって』

何とかさやかを納得させようと心太郎は必死で言葉を探している。

だがその言葉も今のさやかには簡単にかき消されてしまう。

さやかは上半身を起こして、涙をいっぱいに溜めた瞳で心太郎を睨んだ。

『せっかく生まれたんだから苦しくても生きろって事?!生きる事は義務じゃない!私の権利よ!生きる権利があるんなら死ぬ権利だってあるはずだわ!』

心太郎も身体を起こし、さやかを睨み返す。

『分かんないっシュ!おいら何て言うべきか分かんないけど、ただ悲しいっシュ!悲しくて悔しいっシュ!』

二人はしばし厳しい視線を交わしていたが、不意にさやかの表情が穏やかになった。

『…ねぇ心太郎、あんたは今、何の為に生きてるの?』

意外な質問に心太郎の怒気が萎えた。

『えっ?…おいら…』

少しだけ考えてから

『おいら、さやか殿を守る為に生きてるっシュ』

と、きっぱり言った。

『そう。ありがと。…ねぇ、もし私を守りきれなかったらどうする?』

『え?…どういう事っシュか…?』

『あんたが熱出して寝てる間に私が敵に教われて殺されてたら、心太郎はどうした?』

心太郎はさやかの瞳を見た。

穏やかに見えるが、それは深い虚無に支配されている。

『私だって無敵じゃないからさ。私より強い敵が何人も現われたら絶対敵わない。あんたが寝てる間に私が教われて、傷つけられて嬲り尽くされて、それで殺されちゃったら、あんた平気?』

『…そんなの…平気なわけないっシュよ!例え話でもそんなの聞きたくないっシュ!』

心太郎の言葉を遮ってさやかが淡々と語る。

『私はその間、苦しくて悔しくて、ずっとあんたを呼んでるの。心太郎!心太郎助けて!って。…でもあんたはここで熱にうなされてんの。その間に私は、心太郎…、心太郎…って助けを求めながら死んじゃうの』

『…もうやめてっシュ…』

『目が覚めて私を探しに出たあんたは無残に殺されてる私を見つけるの。頭領はきっと、

心太郎、おまえの責任ではない。あれの修行が足りなかったのだ

って言うと思う。誰もあんたを責めない。
ねぇ、そしたらあんたは平気な顔して生きていける?…自分の力じゃ助けられなかったかもしれない、でも、助けられたかもしれない。私がどうやって、どんな気持ちで死んだのか、もう知る事が出来ない。それでも平気で?』

『平気じゃないっシュってば!!』

心太郎が怒鳴った。

―残響―

二人を包む闇がかすかに震えた。
2011-01-28(Fri)

小説・さやか見参!2(71)

心太郎が目を覚ますと、隣にはさやかが眠っていた。

沼の向こうを調べて、心太郎が寝ている間に戻ってきたのだろう。

黙って出かけたのは心太郎が足手まといだからか、それともさやかの優しさか。

心太郎は洞窟の外を見た。

向かい合う岩壁しか見えないが、どうやら日が暮れたばかりのようだ。

祠に向かうまでまだ時間がある。

そう思いながら視線をさやかに移す。

さやかは相変わらず心太郎に忍び装束の背中を向けて寝息を立てていた。

暗闇では分かりにくいが、桜の隙間から青空が覗いているような、そんな色合いの忍び装束だ。

鍔に山吹紋が入った刀を手元に置いている。

『さやか殿…』

心太郎はさやかの長い髪を見ながら小さく声をかけた。

忍びとして動く際に着けている頭巾と鉢金をはずすとさやかの印象は変わる。

普段左右で結んでいる髪をほどくと更に印象が変わる。

凄腕のくのいちであるはずのさやかが、急に弱さや脆さを持つ女の子に見えるのだ。

『さやか殿…』

心太郎はもう一度声をかけた。

さやかは背中を向けたままで小さく答える。

『なに?何かあったの?』

『何もないっシュけど…』

『もう…何もないなら起こさないでくれる?』

『ごめんっシュ…でも…』

『でも、何よ』

『さやか殿はどうせ寝てないっシュから…』

少しだけ沈黙が流れた。

『…あぁ、さっきね、眠れなかったから少し祠の周りを調べてきたのよ』

『さっきだけの話じゃないっシュ…おいら…気付いてたっシュ…』

『…なによ?』

『おいらがさやか殿の弟子に付いて六年…おいら…さやか殿がまともに寝てる所なんて見た事ないっシュ…』

『…そんなの…あんたが寝てばっかりいるからでしょ?』

『そうかもしれないっシュけど…でも、六年も生活を共にしていて眠ってる姿を見た事ないなんて…眠った気配も感じないなんて、そんなのおかしいっシュよ…』

さやかの声が少しだけ大きくなる。

『あんたみたいな三流に私の気配が読めるわけないでしょ?』

『おいら…三流でも山吹の忍者っシュからね…。さやか殿はおいらを見くびってるから気配の消し方が甘くなってるっシュよ』

心太郎はいつもと変わらぬ口調だったが、正当な非難を受けた気がしてさやかは少し罪悪感を覚えた。

『…えぇ…そうよ。…あんたの言う通りよ。…私はあんたと出会ってからの六年…いいえ、この十年間、まともに眠った事なんてないわ』

先ほどの罪悪感ゆえか、珍しくさやかが本心を話した。

『うとうとしたりは時々あるけどね。それでも嫌な夢を見てすぐに目が覚めたりしちゃうし…』

『どれだけ眠らない修行を積んでても…それでも二週間ぐらいが限界だって言われてるのに…十年は無茶っシュよ…』

『仕方ないじゃない。…眠れないのよ…』

『ずっと?』

『ずっとよ。…もしかしたら、心が眠る事を拒否してるのかもしれないけど…』

『そんな…いくらさやか殿でもそれじゃ弱ってしまうっシュよ…』

『そうね。本当はもう弱り切ってるのかもしれない』

『無理してでも寝ないと死んじゃうっシュよ…』

『うん…』

短い返事の後、さやかはしばらく黙った。

そして、

『私は死にたいの。本当はね』

とつぶやいた。
プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード