fc2ブログ
2022-12-05(Mon)

観劇の感想


明日の久留米教室は諸事情によりお休みとさせていただきます!

参加を考えてくださってた方、申し訳ありません!


観劇の感想って難しいなぁと思います。

本当なら「面白かった!」とか「笑えた!」とか「泣けた」とか「考えさせられた」とか「満足した!」とか「ひとつも面白くなかった」とか、それでいいはずなんですけど、

でもやっぱり関係者に聞かれたらそれなりの感想を言わなきゃな、とか考えちゃって、「あのシーンのあのセリフが」とか「あの役者さんのあのお芝居が」とか「あそこでのあの音楽が」とか言おうとしちゃったりして、

でもそれは本当に良い感想なのか?とか考えちゃうんです。

「あぁこの役者さんのこのお芝居!」

とか

「この音楽!」

とか観客が考えちゃった時点で実は失敗しちゃってるんじゃないの?って考えちゃう自分がいるんですよね。

全然物語に入り込めてないじゃん、って。

終わってから「良かった〜、面白かった〜」を経て、それは何故だろうを改めて考えた時に芝居や演出まで思い至るのは良いと思うんですけどね。

最初から技術的な感想が出るようだったら作品としてどうなんだろう?ってのが個人的な考えなんですよ。

舞台に関わってる人が勉強も兼ねて観ている場合はその限りじゃないでしょうけど。

以前観た舞台のアンケート用紙に「照明はどうでしたか?」みたいのがあったんですが、観劇中に照明の良し悪しが気になってる観客がいたらダメだろって思いました。

一般の観客には照明の良し悪しなんて分からんし。

そのアンケート用紙を見た時、あぁ、この舞台は関係者に評価されたい作品なんだなと思って冷めちゃったんですよね。


僕は芝居とか舞台とか何も分からないけど、芝居とか演出とかテクニカルな事とかは物語よりも前に出ない方がいいよな、って思ってます。

素人考えです。

観る側も観る側で、観客の目線と勉強の目線をきっちり分けられないと失敗するんじゃないかなぁ?って思ってて。

以前ヒーローショーを観に行った時に、前の席で観てたショー関係者数人が

「すごい!足刀が高い!」

って声を上げてたんです。
(※足刀=キックの一種)

子供達の中でそんな声を上げた事自体が関係者として失格だと思いますけど、見ているポイント、評価のポイントがそこだと、自分がやる時にもそれを重視してしまう気がするんですよ。

関係者が「おおっ!?」って言ってくれるような技を見せようとしてしまうんじゃないか、と。

素晴らしい技術を身につけているに越した事はないんですが、それは決して本質ではない、目的ではない。


そこを間違えないように、僕はキャラクターショーなら子供の目線、演劇なら素人の目線を忘れないように気をつけています。



スポンサーサイト



2022-12-02(Fri)

今さらジロー


ホント今さらなんですけど、

「練習に集中しろ!」
「集中して練習しろ!」

なんて言われた時、大人ならどうするべきか分かるだろうけど小さい子には伝わらない場合もあるだろうな、と思い至りました。

小学生ぐらいだとまだ「練習に集中する」という具体的なイメージが湧かないだろうから、まずはその説明をするべきだった、と。


これまで僕は何回も「集中しろよ!」と子供達を叱ってきました。

なんで何回言っても分かってくれないんだ、とイライラしたりもしました。

でもきっと、子供達は子供達なりに集中してたんじゃないかと。

彼らの考える「集中して練習」と大人が考える「集中して練習」にイメージの齟齬があったんじゃないかと。

殺陣教室を始めて10数年、これまでたくさんの小学生に指導してきたのに、そういう大切な事に気付けなかった情けなさ。

なので今さらですが、小学生のひとりとそんな話をしてみました。

「例えばさ、素振りやるじゃん。
真っ向50回、袈裟50回、逆袈裟50回、抜き胴50回とかさ。
で、きっとお前らは、集中して真っ向やって、終わったらダラけて、集中して袈裟やって終わったらダラけて、集中して逆袈裟やってダラけて、だったと思うんだ。
ひとつひとつの練習には集中してるけどその合間にダラけたり遊んだり余計な事をしちゃう。
大人はさ、今から休憩って言われるまではダラけんし遊ばんのよ。
休憩時間以外は練習する。休憩時間以外は余計な事をしない。
それが大人の考える『練習に集中する』って事。
今まで説明しなくてごめんな。
小学生のお前には難しいかもしれないけど、そんな風に練習出来たらいいなと思うよ」

すごく真剣に聞いてくれました。

もう今日で福岡教室も最後やなって言ってたから余計に真剣に聞いてくれたのかもしれません。

この話をもっと前にしておけば、

こういう事にもっと早く気付いていれば、

福岡教室最後なんて言わなくて良かったかもしれません。

ホント自分の未熟さったら。

でも、今さらだったとしても、まだこうやって気付かせてもらえる事があるってありがたい。
20221124


※今さらジロー…1984年に発売された小柳ルミ子の曲。
2022-11-28(Mon)

ガオー


明日11月29日(火)はアトラクションチーム武装の殺陣教室!
20221117

福岡県久留米市野中町にて18時〜21時。

未経験者大歓迎・参加者募集中ですが、要予約ですので参加ご希望の方はご連絡ください。

館内でのマスク着用と来館前の検温をお願いしています。

37.5℃以上の熱がある方、体調が良くない方、マスクをしていない方は入館出来ません。


舞台が終わりました!

城島こどもフェスティバル
「ゆう太のぼうけん〜魔界経典の秘密〜」
20221127城島ゆう太A

武装は殺陣キャストとしての参加、という事で、10月の舞台・オクトーバープロジェクトに引き続き、浅田さん、イモトさん、あかりちゃん、きっちゃんに参加してもらいました。
20221127城島ゆう太B

皆さん忙しい中で手伝ってくれて本当にありがとうございます!

僕は魔界の門番の一人・獅子丸という役をやらせてもらいました。

前回の娘役だった役者さんにデレデレし過ぎて浅田さんから「引くわ!」と怒られたガオーな獅子丸。
20221127城島ゆう太C

色々苦労もあったけど楽しい事もたくさんでした!

そして若者達、子供達の成長を見る事が出来てとても嬉しかったです!

観に来てくださった皆様、
舞台に関わった皆様、
我々を関わらせてくれた皆様、
そして仲間達、

みんなみんなありがとうございました!

2022-11-23(Wed)

怪人


明日11月24日(木)はアトラクションチーム武装の殺陣教室です。
20221117

福岡市南区にて19時から22時。

未経験者大歓迎、参加者募集中です。

来館前の検温と施設内でのマスク着用をお願いしています。

37.5℃以上の熱がある方、体調が良くない方、マスクをしていない方は入館出来ません。

要予約ですので参加希望の方は事前にお問い合わせください。


先日の久留米教室では、ヒーローアクションを意識した立ち回りをやったんですよ。

ヒーローアクションって何が違うかというと、人間とは違うキャラクターとしての動きの違いだったり、リアルより外連味のある手だったり色々あるんですけど、

違いのひとつは

人間 vs 人間

ではなくて

ヒーロー vs 怪人(戦闘員)

って事もあると思うんですよね。

怪人って当たり前だけど人間じゃないもので、例えば他の生物がベースになってたり植物がベースになってたり、無機物やなんだか分からないものがベースになってたりするんです。

そうすると人間の立ち回りの時は「戦うぞ!」「敵を倒すぞ!」「命を守るぞ!」という芝居だけで良かったものが、ベースとなる何かを表現するという芝居がプラスされてしまうんですね。

猫怪人なら猫っぽさ、
鮭怪人なら鮭っぽさ、
ヒマワリ怪人ならヒマワリっぽさ、
テレビ怪人ならテレビっぽさ、
きらきら怪人ならきらきらっぽさ、

それを表現しながら戦いの芝居をする。

それがヒーローアクションの難しさであり醍醐味のひとつだと思うんです。

「自分がやってるのは人間のアクションであってそーゆーのじゃないから必要ない」

なんて思わず、表現のひとつとして練習しておくと役に立つのではないでしょうか。

2022-11-21(Mon)

最初から、コツを求めずコツコツと。


明日11月22日(火)はアトラクションチーム武装の殺陣教室!
20221115

福岡県久留米市野中町にて18時〜21時。

未経験者大歓迎・参加者募集中ですが、要予約ですので参加ご希望の方はご連絡ください。

館内でのマスク着用と来館前の検温をお願いしています。

37.5℃以上の熱がある方、体調が良くない方、マスクをしていない方は入館出来ません。


「この技が出来ないんですよー」

って相談されて、

動きを見せてもらったら筋力不足だったり柔軟性の不足が原因だったりして、

その場合は

「あぁ、それはこの筋肉を鍛えないと出来ないよ、こういう筋トレをしたらいいよ」

とか、

「この部分のストレッチをして柔らかくしておくといいよ」

とか、そういうアドバイスをする事になるんですけど、そうすると

「はぁ」

みたいな気のない返事をされる事があって、


これまで何回も書いてきましたが、そういう人って「出来るようになる為に必要な努力」を教えてほしいんじゃなくて

「一瞬で出来るようになる魔法の言葉」

を知りたがってるんです。

簡単に言うと「コツ」ですかね。

自分が出来ないのはスキル不足や練習不足が原因ではなく「コツを知らないからだ!」と勘違いしてるんですね。

なのでコツさえ分かればすぐに出来るようになると、

「この技が出来ません!」
「右足の踏み込みをこの位置に変えてごらん」
「右足をこの位置に…わぁ!出来た!」

みたいな事が起きると信じてしまっているんです。


そんな甘い夢を見ちゃいけません。

そんな夢を見てる人にとって、筋トレやストレッチを勧めてくる人は駄目な指導者でしかありません。

一番重要な「コツ」を教えてくれない、

すなわち「一番重要な『コツ』を知らない指導者」だからです。

というワケで、夢見がちな人はコツを知ってる優れた指導者を求めて西へ東へ。

気付けば大した練習もしないまま、指導者探しに年月を費やしてたりします。

その年月に筋トレとストレッチを頑張ってたらとっくに出来るようになってたのにね、みたいな。


夢を見るのは大事ですし指導者探しも大切。

コツだってもちろんあります。

でも出来ない原因のほとんどは筋力不足と柔軟性不足。

それを乗り越えてからでないと、コツは意味をなさないと思います。

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード