fc2ブログ
2023-02-08(Wed)


無くて七癖。


とはいえ、練習で「そこの形が違ってますよ!」とか「その動きは違いますよ!」とか指導した時に、

「どうしてもそう動いちゃうんです。癖なんですよ〜」

って言ってしまったらもうそこで終わり。

癖で動くのではなく、自分のやりやすいように動くのではなく、学んだ通りに動けるようになる事を目指すのが練習の目的なので。

もちろん僕にも癖はあって、それは直そうと思ってもなかなか直らなくて困ってるワケですが、

「癖だから仕方ない!」

とは思いたくないんですよね。


つい「癖なんです!」って言っちゃう人は、それを言わないように気をつけるだけでも何か変わるかもですよ。


明日2月9日(木)は福岡で殺陣練習です。
20230202

福岡市南区で19時から22時です。

スポンサーサイト



2023-02-07(Tue)

フィクション


本日2月7日(火)はアトラクションチーム武装の殺陣教室です。
20230131

福岡県久留米市にて18時〜21時。
未経験者歓迎・参加者募集中。

要予約なので参加希望の方はお問い合わせください♪
メール→ busow@softbank.ne.jp
電話→ 090-9479-0922 ※出られない事があります

来館前の検温と館内でのマスク着用をお願いしています。
37.5℃以上の熱がある方、体調が良くない方、マスクをしていない方は入館出来ません。


殺陣やアクションは武術・武道・格闘技とは別物なんだけどそれらがベースになってる以上通ずる所もあって、その境界は「ここからここまで!」と厳密に言えるようなものではないと思う。

当然その中には限りなくフィクション寄りの殺陣アクションもあったりして、実際の武術・武道・格闘技の方から「そんなんじゃ実際には戦えないよ!」なんて批判されたりする事もあって、

まぁこれに対しては「殺陣アクションはお芝居なんだから実際に戦えなくていいんだよ」っていうのが答えではあるんだけど、でもあまりにも実戦とかけ離れてるのも良くないのではないかと。

本当に戦うワケじゃないけど、物語の中では本当に戦ってるワケですからね。

最低限のリアリティは必要なんだと思います。

例えば恋愛ドラマで現実離れしたイケメンを生み出そうとしてあまりにも現実離れしたキザなセリフを喋らせた結果ギャグキャラに見えてしまうなんて事はあると思うんですよ。

どこかで現実に足が着いていないと。

その足の着き方をどのぐらいにするかが重要なのではないでしょうか。


自分が殺陣・アクションに関わる時はそんな事を考えるのですが、武術も武道も格闘技もやってない自分にはなかなかの難題です。

でも、分からないなりにそういう事を考えるのが楽しみのひとつなんですよね。

2023-01-31(Tue)

努力不足


本日1月31日(火)はアトラクションチーム武装の殺陣教室です。
20230124久留米


福岡県久留米市にて18時〜21時。
未経験者歓迎・参加者募集中。

要予約なので参加希望の方はお問い合わせください♪
メール→ busow@softbank.ne.jp
電話→ 090-9479-0922 ※出られない事があります

来館前の検温と館内でのマスク着用をお願いしています。
37.5℃以上の熱がある方、体調が良くない方、マスクをしていない方は入館出来ません。


「努力という言葉を作ったのは努力不足のヤツ」というのは明石家さんまさんの言葉でしたっけ。

これ、まさにそうだなって思いました。

本当に努力してる人はそれを当たり前と思ってやってるから努力なんて言葉は思いつかない、

みたいな意味だと思います。

確かに僕みたいに頑張ってないヤツは、たまに頑張った事をアピールする為に「努力」って言葉を使いそう。

自分は努力した、努力してる、なんて思った時点で努力不足なのかもしれません。

実際自分の周りでも「努力の鬼」みたいな人って何人かいて、

暇さえあれば練習、時間を作っては練習、他の時間を割いても練習みたいな感じで当然めきめきと上手くなっていくワケですが、

そういう人に「よくそんなに努力出来るね!?」って言うと必ず

「努力?してるかなぁ。上手くなりたいから練習してるだけなんだよね」

って返ってくるんです。

残念ながら僕はまだこの境地に至ってない!

いつか至りたい!

残りの短い人生でその境地の端っこぐらい触れられるかしら。

2023-01-30(Mon)

ゾクゾク


明日1月31日(火)はアトラクションチーム武装の殺陣教室!
20230124久留米


福岡県久留米市にて18時〜21時。
未経験者歓迎・参加者募集中。

要予約なので参加希望の方はお問い合わせください♪
メール→ busow@softbank.ne.jp
電話→ 090-9479-0922 ※出られない事があります

来館前の検温と館内でのマスク着用をお願いしています。
37.5℃以上の熱がある方、体調が良くない方、マスクをしていない方は入館出来ません。


いつも「殺陣はあーだこーだ」「アクションはあーだこーだ」「芝居はあーだこーだ」としゃらくせぇ事ばかり書いてるので、

たまには「殺陣やアクション、こーゆー時が楽しいよ!」って話でも。

もちろん楽しい事はたくさんあります。

練習で新しい技を覚えた時や、その技が上手く出来るようになった時、

ショーや舞台の本番で立ち回りがバッチリ決まった時、それで客席が湧いた時、

「良かったよ」って、観客や関係者に褒めてもらえた時など色々ですが、

僕が個人的に一番楽しいのは、

本番の立ち回り中、戦ってる相手と気持ちが通じ合ってると感じた時

かなぁ。

これは段取りが噛み合うとかタイミングやお芝居が噛み合うとかそういう事じゃなくて気持ちの問題。

あれは何なんだろう、

キャラとしての感情なのか演者としての感情なのかも分からないし、ぶつかり合ってるのか同じベクトルを向いてるのかも分からないんだけど、

「あ、俺とこいつは今、多分同じ気持ちで戦ってる」

って瞬間があって、それは鳥肌が立つぐらいゾクゾクするんですよ。

まぁ実際は相手がどう思ってるかなんて分からないので勘違いかもしれないし、

ホントめったにある事じゃないんですけどね。

2023-01-29(Sun)

発信


「全ての人に伝えよう」と思って頑張っても100%伝える事は無理で、

だとしたら「50%に伝わればいいや」ぐらいの努力では50%には伝わらないし、

「30%には伝わるでしょ」って気持ちでは30%にも伝わらないって事。

だったら不可能を承知で100%を目指して頑張るしかない。


伝えるというのは発信して終わりではなく、発信したものを受信してもらって、かつ納得してもらうまでを言うのだと思う。

その為にはチューニングが合わなければいけないのだけど、ラジオと違うのは、発信する側がチューニングを合わせてあげなければいけないという所。

ラジオはリスナーが聴きたい番組にチューニングを合わせるんだけど、伝える場合は伝える人が伝えたい(または伝えなければならない)んだから、伝える人にチューニングの義務があるんですよね。

別に伝えなくていいんならほっとけばいいんだし。



どうすれば相手の受信機に届くのか、その方法を模索しなければいけません。

間違っても「こっちはちゃんと発信してるのにあいつが受信しないんだよ!」なんて言わないようにしなければですね。

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード